スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“鍋”にまみれて“作り手”の情熱に感じ入る

 27,2012 02:53
「熟な腐女子を探る!(仮)」アンケートへのご協力、ありがとうございます。現時点で33票集まっていて、回答状況はこんな感じ。


20121127_enq.png
※クリックすると別画面で大きく表示されます


今のところ、回答者のほとんどが、アンケートのターゲットど真ん中・31歳以上腐女子の方ですね。ありがたや、ありがたや……。


あの、でも、30歳以下の方でも腐男子の方でも、回答は歓迎しておりますよ……!? お時間のある方はぜひ……!




案外、自分で思っている以上にハマっているのかもしれない――と深く自覚した先週末。


121126_nabe.jpg
ジャジャーン!


戦国鍋TVのDVD5枚が届いたからなんだけども。「統べりたい話」とか「戦国サポートセンター」とか、いくら見たかったとはいえ、いやぁ、一気に5枚も買うとはねぇ……。<他人事風


チビチビ見て楽しんでいるのだけど、ちょっと前に手に入れたこちらを読んだおかげか、さらに楽しめているような気がしている。


まずはこちら。「Otome continue vol.5」の戦国TV鍋特集。


Otome continue vol.5Otome continue vol.5
相葉 弘樹 村井 良大 真鍋 昌平 小玉 ユキ 栗山 千明 岡田 麿里 藤本 由香里 NON STYLE えすと えむ 山崎 樹範 雁 須磨子 御徒町 鳩 倉貫 匡弘 石井 智也 小西 遼生 山本 匠馬 船田 晃 酒井 健作 座間 隆司 住田 崇

太田出版 2011-03-08
売り上げランキング : 60552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2011年3月に発売されたものなので、ミュージック・トゥナイトでいえば「信長と蘭丸」頃までカバーしている感じ。というより、舞台に照準が合わされている感じもする。


「うつけバーNOBU」のママたち3人の座談会や、主要キャストのインタビュー、プロデューサーたちの座談会、舞台の演出家のインタビューと、どれも超前のめりになって読んでじゃったよ! 


プロデューサーや演出家、作家はもちろん、スタッフや俳優も一丸となって面白いモノを作ろうとする情熱が伝わってきた。制作会議が毎回歴史の勉強だ、とか。史実に則ったことしか番組では取り上げない、とか。


舞台を演出した板垣恭一氏の、「イケメンであるということは、足が速いという程度の話。巨乳アイドルと一緒だから、本気で先を考えないとダメだと俳優に言っている」の言葉がなんだか印象に残っている。芸能界の厳しさが察せられるというかなんというか、ね……。


わたしは舞台にあんまりノれないタイプなんだけど、板垣氏のインタビューを読んでいたら、鍋の舞台を見たくなってしまった。「本気のパロディをやる」というコンセプトが素敵。テニミュや銀英伝の舞台もパロったという度胸にシビれる!


一つひとつ、結構読み応えがあるのだけど、特集自体は雑誌全体の1/3程度なので、正直なところ、もうちょっと特集ページがあるともっと嬉しかった……ええ、単なるワガママですけど。


おまけにこの「Otome continue」、すでに休刊になっているのもちょっぴり残念。特集以外の記事も面白かったのになぁ……。


さてこちらのムックは、スタッフやキャストのインタビューより、番組の各コーナーの詳しい紹介の方がメイン。2011年5月発売なので、やはり「信蘭」ぐらいまでがカバーされ、舞台のレポートも収録されている。


戦国鍋TV読本(COSMIC MOOK)戦国鍋TV読本(COSMIC MOOK)

コスミック出版 2011-05-19
売り上げランキング : 19173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「戦国武将がよく来るキャバクラ」のキャバ嬢、レイナさんのインタビューを読めたのが嬉しかったな。アドリブが多いらしいのだけど、“レイナ”が乗り移ってスイッチが入るらしい。すごいことだよ、ほんと!


ことほどかように、順調に鍋にハマりこんでいるそんな今日このごろ、先日、ラジオから「大奥! 大奥!」と、まさに大奥についてコミカルに歌ったファンクな曲が流れてきた。


どうやら歴史的な名称が混ざっている歌詞といい、独特でユニークな解釈といい、「うわ、もしかしてこの曲を作った人は“鍋”のファンだったりして」と思って調べてみたら。


――作曲&歌っている「レキシ」は、鍋放映スタートよりも3年くらい前から活動されていたのだった! ちなみに、わたしが聴いた曲は「大奥~ラビリンス~」で、「レキシ」は、キーボディスト・池田貴史氏のソロプロジェクトなんだそうな。そしてもちろん、池田氏は日本史好きのご様子。


[Power Push] レキシ (ナタリー)
昨年のインタビューだけど、「ただのお笑いにならないように、音楽や歌詞に関してストレートでなければならない」のあたり、鍋制作スタッフの話に通じるものがあるな、と個人的には思った。インタビューに出てくる「きらきら武士 feat. Deyonna」のPVはこちら。





“歴史”ネタを一捻りして、良質なコントやドラマ、音楽を作るそのアイデア・センス・実力そしてプロフェッショナルな姿勢に、心底感動しちゃうなぁ……!


「熟な腐女子を探る!(仮)アンケート 第5回『世代のギャップ、感じる?』」を実施しています。アンケートはこちら空お願いします。31歳以上腐女子の投票数が100になるまで続けます。もちろん、30歳以下腐女子や腐男子の投票も大歓迎! 御用とお急ぎでない方、ご協力をよろしくお願いいたします!

関連記事

Tags: 戦国鍋TV 歴史

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。