「ベルばら展」でわたしの中の「ベルばら」を再インストール

 15,2012 23:12
松屋銀座で開催されている「ベルサイユのばら展」(9/24まで)に行ってきた。


正直なところ、「デパートでの展示だし、こぢんまりとした感じなのかなぁ」と思っていたのだけど、とんでもない! 会場以外のフロアでも宝塚版ベルばらの衣装が展示されていたり、マンガの名シーンのプリントが柱にレイアウトされていたと、観客の期待感を煽ること煽ること。


0915_3.jpg
いつの時の誰の衣装か、ヅカファンならたちどころにわかるのかしら?


展示自体もかなりボリュームがあって、目当ての原画はもちろんのこと、宝塚の衣装やその衣装のデザイン画、アニメのセル画、各界のマンガ家の先生たちによるオスカル絵、連載当時の週刊マーガレット、世界各国で出されたベルばら単行本などなど、見る時間が足りなくて悔しかったほど。


オスカルとアンドレが結ばれるシーンや、アントワネットとフェルゼンの愁嘆場は、スクリーンにでかでかとプリントされて天井から吊るされ、「ベルばらのクライマックス」感が見た目にも演出されていた。展示の様子は、ここで少し伝わるかも。


『今日はベルサイユは大変な人ですこと…「ベルばら展」開幕』(コミックナタリー)


原画は、それはもう美しく、「これを全部手で描いてたのかー!!!」と頭を思いっきり殴られたような衝撃を受けてきた。いや、ほんとすごかったんだよ! 細かな描き込みとか、キャラクターの感情を表す効果線とかさ!


そして原画のカラー絵が本当にきれいで、色使いも独特だなぁと感心した。印刷されたものより透明感があって乙女チックなムードというか、それがちょっと今見るとレトロな感じというかなんというか。


あれだけのマンガを、当時は連載のために毎週描き、時に表紙絵も描き、時に付録のポスターやら何やらの絵も描き、時に単行本の表紙絵も描き――って、どれだけお忙しく大変だったことだろう! と想像して震えそうになった。身体がいくつあっても足りないよ! 


それにしても、わたしが初めてベルばらを読んだのは小学生の時。それ以来、何度か読み直したけど――この年になってみると、いろいろと感じ方も変わるなぁと思った。特にセリフね。


一緒に見に行った先輩ズと「深いわ~!」としみじみ感じ入ったのが、このシーン。


0915_2.jpg


ちょっと切れてるけど、要するに、「勇ましいだけじゃなく、心やさしくあたたかい男性こそが本当に頼れる男性だと気付くとき、女性は大抵年を取っているものだ」ということを、オスカルがアンドレに言っているクライマックスのシーンですね。


「『真の男らしさ』に気付いてないから、まだまだわたし、独身なのかしら?」

「ジャ●だサッカーだイベントだとあちこち飛び回って、気付いてるどころじゃないというか」

「いやいや、気付いているけど、そのやさしさやあたたかさは、ほかの女の人に向けられているってだけのことだよ!」


などと、これが展示されている柱の前でかしましく言い合ったわたしたちだった。うん、特定の男性からのやさしさに気付かなそうですね、どう見ても。


あと、フェルゼンがオスカルの想いに気付いた時のセリフを読んで、フェルゼンって狡い男だなぁと思ったりもした。まあ、アントワネットに惹かれているからこそのセリフだけどさ。


そのほかにも原画を見ながら、


フェルゼンのまゆげが太すぎるのが、子どもの頃はどうしても気になってさー」(確かに言われてみると、そこだけ劇画仕様で太かった)


とか、


ジェローデル少佐はチャラ男だよね」


とか、


「アランの顔って、マンガに比べたらアニメではすごく悪そうだよね」


とか、先輩ズのおかげで、わたしの中の「ベルばらの記憶」がいろいろと上書きされてきた。つか、どれも男性キャラばかりだな……。


最後には物販スペースで、閉店間際の人混みにもめげずポストカードとポチ袋を買い、思いの外、ベルばら展を堪能した。


0915_1.jpg
上2枚がポストカード。いろいろ種類があって、どれを買うかさんざん迷ったよ!


また読み直したくなってきたなぁ、ベルばら!


関連記事

Tags: 腐友 少女マンガ

Comment 3

2012.09.18
Tue
21:47

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>09/17 20:05 hさま
コメントありがとうございます。ファンクラブに入ってらっしゃったなんて…! オスカル、素敵ですよね。せっかくなら、巡回してくれたらいいのにねぇ…。

編集 | 返信 | 
2012.09.21
Fri
12:23

黎 #-

URL

待ってます@博多

ベルばら展のレポ、ありがとうございます。読ませていただいて博多で一層待ちきれなくなってます。手元にベルばらがないのでとりあえず「オル窓」で癒しました。当時のベル友はジェローデルファンで今思うとできる小学生だったのかなと見直したのですが、「アンドレとフェルはしつこくてキモチワルイ」と言っていたので多分ジェロのチャラ成分に反応してたんですね。

編集 | 返信 | 
2012.09.24
Mon
03:39

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます

>黎さん
リプが大変遅くなって、本当にごめんなさい!

ベルばら展、博多でも開催されるんですね! 物販もかなり充実しているので、油断したら散在しちゃうかも(苦笑)

>多分ジェロのチャラ成分に反応してたんですね。
笑。なるほどな~。チャラいけど、引き際がクールですよね、確かに。

私、ベルばらはもちろん好きですが、オル窓の方が、実は好きです…(コッソリ

編集 | 返信 | 

Latest Posts