やっぱりイチャついているようにしか見えない…「陰陽師 天鼓ノ巻」(夢枕獏)

 15,2012 00:00
陰陽師・安倍晴明とその親友の殿上人・源博雅が主人公の「陰陽師」シリーズは、1冊目が文庫で出た時からもう大好きで大好きで、新刊が出るたびに必ず買っているシリーズの一つ。


わたしが持っているシリーズ1冊目の文庫の表紙絵、今の村上豊さんのではなく百鬼丸さんのものだもんね!<自慢

omj_0814.jpg


文庫最新刊の帯には「25周年」の文字がデカデカと書かれていて、ちょっと驚いた。そうか、もう25年も続いているのね。


――確かに、1冊目を買った時はハタチ前後だったっけ。ああ、あの頃のわたしは、晴明と博雅のやりとりに妄想などしていなかったというのにねぇ!


そう、腐にハマってからこのシリーズを読み直してみると、もう何だか、主人公二人がイチャイチャしているようにしか見えないのだ。自粛を心がけてみても、ちょっとしたセリフでやおい脳が起ち上がってしまう。


そして文庫の最新作でもやはり、晴明と博雅は相変わらずの仲良しぶりだった。


陰陽師 天鼓ノ巻 (文春文庫)陰陽師 天鼓ノ巻 (文春文庫)
夢枕 獏

文藝春秋 2012-07-10
売り上げランキング : 2669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

盲目の琵琶法師、蝉丸は美しくも怖ろしい女に取り憑かれていた。空ざまに逆立つ髪、睨むよう見つめる眼―その異様なる気配を感じながらも、蝉丸は敢えて女を落とさず憑く侭にしているというのだが…。一体なぜ?女を哀れむ蝉丸が、ある夜、晴明と博雅を前に語り始めたその哀しい過去とは!?「逆髪の女」など全八篇を収録。


妄想ダダ漏れなので折りたたみます。
だってねぇ……。第一話からすでにこんな感じなんですよ!


「博雅よ、それはそうとしてもだ。おれには、もうひとつ、生きてゆくに必要なものがある――」
「何だ!?」
「おまえさ、博雅」
 晴明は、ちらりと博雅を見やり、赤い唇の端で微笑した。


――ちょっと! 何なのその口説き文句は! 読んでてニヤけちゃって電車の中で困ったじゃないの!!<ただの八つ当たり


まあ、これが今作で最も眩しいイチャイチャ仲良しシーンではあったのだけど、残り七話でも、晴明が博雅を賞賛したり、それをからかわれていると思って博雅がボヤいたり、晴明が博雅に笛を吹いてくれと頼んだりと、終始仲睦まじいのだ。しかもこれまで過去12作(※文庫)、ずーっとずーーーーーっと、こんな調子なのだ。


これで妄想するなという方が、殺生ってものじゃないですか!? 読んでいる間中、脳内でまさにゴロンゴロンしてるっつうの!


晴明と博雅が、晴明の屋敷で酒を飲み、やがて物の怪騒ぎを解決するために二人で出かけるというおなじみの設定は、「昔むかし、あるところに……」という昔話のお約束の導入を連想させるせいか、安心感がある。


というか、やおい脳が起ち上がっているわたしなんて、もはや晴明と博雅が酒を飲みながらゆるゆると会話をしているシーンを読むだけで、ワクワクニヤニヤしちゃうもんね。重症ですねわかってます……。


二人でいる時、晴明は博雅に対してタメ口なのに、物の怪騒ぎを解決するために出向いた貴族の家や寺院などでは、博雅の方が晴明よりも身分が高いために、晴明の物言いが丁寧語になるのも萌える。


晴明は理知的で冷静、あまり感情を表に出さないけれど、博雅の前では、博雅をからかってみたりとぼけてみたり、時に帝を「あの男」呼ばわりして博雅に窘められたりと、お茶目な感じ。


感激やで素直でちょっとのんびりやさんな博雅は、晴明の掌の上で転がされているように見えることもあるけど、実は二人の友情の舵は博雅が握っている感じ。だからわたしの脳内では、受け攻めはどっちもどっちでもアリなんだと思う。知るかよそんなこと、って感じですけども。


晴明の陰陽道の師匠の息子で、やはり陰陽師の賀茂保憲や、ライバルの陰陽師・蘆屋道満、博雅が尊敬する琵琶の名人・蝉丸と、時々登場するキャラクターも良い。というか保憲、晴明と博雅の関係をもうちょっと揺さぶってくれたら面白いのに。<図々しすぎる妄想


そうそう、このシリーズ、マンガにもなっていてそちらも素晴らしいけど、わたしは小説の方が好きだなぁ。なんとなく行間がしっとりしていて、これまた妄想を刺激される感じがするのよ!


毎回起こる物の怪騒ぎの顛末も、どこか悲哀さや滑稽さが漂っていて印象的。最新作では子どもと夫を失ってしゃべれなくなった女が登場する「器」と、秋の夜に博雅が、羅生門の制多迦童子と蝉丸とで音楽を演奏する「霹靂神(はたたがみ)」がお気に入り。


25周年ということで、秋にはシリーズの最新作が出るみたいだし、晴明と博雅の仲良しぶりをこれからも読めるようで何より。いえ、ぜひとも末永く、晴明と博雅には仲良く酒を飲み続けていただきたいものです、はい。


「熟な腐女子を探る!(仮)アンケート 第3回『私が腐女子ってこと、周囲は…?』」を実施しています。「31歳以上腐女子」(赤いアンケートフォーム)の投票数が100になるまで続けます。もちろん、「30歳以下腐女子&腐男子」(青いアンケートフォーム)への投票も大歓迎! 御用とお急ぎでない方、ご協力をよろしくお願いいたします!


関連記事

Tags: 夢枕獏 やおい脳

Comment 4

2012.08.23
Thu
10:29

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>08/20 14:21 Nさま
コメントありがとうございます! マンガも素敵なんですが、小説もぜひ…! オノマトペが多い独特の間がクセになります・笑

編集 | 返信 | 
2012.09.06
Thu
03:03

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>08/29 13:55 Aさま

コメントありがとうございます!
せっかくいただいたのに、レスがめちゃくちゃ遅くなり、本当にすみません。
Aさんも陰陽師、お好きなんですね~! そして優しいお言葉、ありがとうございます。こんな気持です⇒(*´∀`*)
これからもよろしくお願いいたします!

編集 | 返信 | 
2013.02.08
Fri
12:35

月奈 #-

URL

やばいです!!
超共感します♥♥♥

編集 | 返信 | 
2013.02.10
Sun
16:54

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます

>月奈さん
お返事が遅くなってすみません。
共感してくださって、感激です(*^_^*)
ありがとうございます~!

編集 | 返信 | 

Latest Posts