基本、作家買いではあるけれど。【熟な腐女子を探る!(仮)】#1 「BL商業誌、毎月何冊買ってる?」結果発表[2]

 26,2012 04:00
ところで、今回の「31歳以上腐女子」の中で、コメントで申告された年齢の割合をグラフ化するとこんな風になる。


コメントで申告された年齢の割合(※31歳以上腐女子)
01enq_3b.jpg


グラフで見ると40代が最も多いですね。いただいたコメントの中には


スミマセン…51歳です…平均年齢上げにきました…m(__)m

31歳の人と同じカテに入れてもらって申し訳ないっす。


と非常に恐縮されている方もいらっしゃいますが、大丈夫、アンケートのターゲットはあなたがたなのよ? 自信を持って! <何の励まし


そんな熟腐女子たちのコメントを読んでいて、いくつか項目に分類できそうなことに気がついたので、グラフ化してみた。


01enq_10.jpg
※クリックすると別画面で大きく見られます


コメントを引用しながら、各論的に“いくつかの項目”をそれぞれ見ていこうと思います。なお、コメントページのキャプチャ画像はこちら(コメントは、リンク先でも見られます)。

31歳以上腐女子
01enq_8.jpg
※クリックすると別画面で大きく見られます


30歳以下腐女子&腐男子
01enq_9.jpg
※クリックすると別画面で大きく見られます
■作家買い

最近は作者買いが多くなりました。

作家買いしている人の新刊が出れば買う


と、キッパリと作家買いを受け入れている感じのコメントがほとんどなのだが、中には

新規開拓してるんですが、なかなか難しいです。どうしても、同じ作家さんになりがちです。

追っかけてるシリーズ物やひいきの作家さんの新刊が出たときくらいしか買いません。新規開拓したい…


と、新規開拓を諦めきれない様子のコメントもある。うん、その迷い、わかりますよ……! 自分が気づいていない面白い作品がまだどこかにあるんじゃないかって、思いますもの!


好きな作家の作品を読めれば幸せなんだけど、それだけだとどこか物足りなく、自分の読書傾向がマンネリだと感じるというか――。「作家買いをしている」とコメントしている人の回答が「10冊以下」でしか見られないのは、こういう感覚と無関係ではないのではと勘ぐってしまう。


逆に言えば、「ほかにも面白い作品があるかもしれないから開拓したい!」と読者に思わせられているうちは、BLジャンルは生き延びていくのかなぁとふと思った。これも深読みしすぎ?


■雑誌は買わない

雑誌は全サの応募券目的でしか買ったことないです…。


という、「全サの時だけ買う」というコメント。わたし自身はもう全サを追っかけなくなっているのだけど、確かに全サが絡んでいる時は、TwitterのTLでも雑誌に関するツイートをいつもより見かける気がする。


出版社にとっては、こうした反応は“思う壺”といったところだろうけど、ではなぜ全サの時だけしか雑誌を買わないのかといえば、


基本的に雑誌は買わない(捨てる時に困る為)。

雑誌は場所をとるので、付録が欲しいときや全サの時だけ買います。


という、「捨てる時に困る」「場所をとる」という理由が大きいのではないかしら? というか、わたしが雑誌を買っていない理由はまさにこの二つだ。でも、


雑誌はオンブルーしか買いません。


のように、何か自分にとって特別な価値があると感じられると、買ってしまうものなのよね。「付加価値のある雑誌は売れる」ってことか――って、だからそれが全サや全プレなんだってばよ!<堂々巡り


■電子書籍オンリー

BLは電子書籍でよく読まれているジャンルではあるけれど、回答者の中にも電子書籍利用者を発見! しかも「電子書籍しか買わない」という徹底ぶり。でも――


32歳。2歳児のお母さんです。購入は全て電子書籍。紙媒体は家族に見つかるのが怖くて家に置けません(汗)

海外在住なので全部電子書籍です。英訳もいくつか試しましたが漫画読みづらいです。


――うん、今回コメントして下さったこのお二人は、どちらも「電子書籍を利用せざるをえない」状況にあるといってもよいよね……。


保存形式やら利用方法やら、電子書籍にはまだまだ課題が山積みだよね――ということを、ふと思い出さされた。電子書籍の利用状況は、当面劇的には変わりそうにないなぁ……。


■中古書店利用メイン

利用についての是非を巡ってさまざまな意見があるけれど、出たと思ったらすぐに品切れ状態になることもあるBLにおいては、中古書店にお世話になることも少なくない。


しかし「中古書店を主に利用している」とコメントしている人の毎月の購入冊数を見ると、なんだか納得してしまうのだ。


40代後半BL費は月1万で新作は5冊くらいBL初心者なので過去の名作を古本屋で漁る事が多いです(11~15冊)

ほどんど古本。定価で購入は月1~2冊です(16~20冊)

42歳です。はまったのが割りと最近なのでユーズドをまとめて買うことが多いです。(21~25冊)

四十路半ばの専業主婦。毎週末にBオフでの狩りが大部分。新刊は5冊程度。小説派。(21~25冊)


――毎月11冊以上は購入していると答えている人ばかり! 今回の回答で大多数だった「毎月の購入数は10冊以下」を思えば、どなたもちょっと多めにお買い物している様子。そのお買い物を中古書店が支えているみたい。


しかも「最近はまった」「初心者」という言葉も目立つ。ハマりたてはとにかくたくさん買っちゃうもんなぁ……。<遠い目


■購入が減速傾向


40代後半にハマり、今は54歳です。流石にあまり萌えなくなりつつあります…


最近めっきり購入冊数減ってます。



不況の影響はBL作品購入にも……って、そうとばかりは言えないのがオタクの世界。萌えも情熱も、いつまでも同じ温度や角度のままではありません。


しかし萌えや情熱が落ち着いたからといって、BLを卒業するというわけでもないんだ! だってこのコメントを下さった人の中に、「まったく買わない月もある」を選んでいる人はいないもの!


まあ、今回はたまたまそんな結果が出ただけかもしれないけれど。


ちなみに「まったく買わない月もある」を選んだ人はいないけれども、16冊以上の項目を選んだ人もいない。ということは、「11~15冊」が萌え上がっているか沈静化しているかの境界線、といったところかも。


震災以来かなり減って限定ペーパーを追わなくなり地元本屋で買うように。BL縮小中


震災の影響がこんなところにも……。


■二次創作オンリー

二次創作専門なので…


というコメントを下さった人が選んだ回答は、もちろん、「まったく買わない月もある」。「月もある」どころか、「月しかない」といったところだろうけど、至極当然の結果だよなぁと、妙に感心してしまった。


二次創作オンリーというコメントは、「30歳以下腐女子&腐男子」の「まったく買わない月もある」の中でも見られる。


でも二次創作しか読まないのに、当ブログに来てくださっているなんて、とても嬉しいなぁ!


いかがだったでしょうか?


今回の結果は、自分を含め周りの腐女子たちが結構本を買っているイメージがあったので、個人的にはちょっと意外でした。熟腐女子の方が、若い腐女子よりは多少本を買っているかもしれないというのは、予測通りだったけれども――。


でもそれも、あくまで「かもしれない」だし……微妙なところです。


今回のアンケート結果を見て、今後の質問設定のヒントになりそうなことをいくつかピックアップできたような気がしています。


アンケートにご協力下さったみなさん、本当にありがとうございました! 第2回アンケートは、準備が整い次第実施します。引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします!


関連記事

Tags: アンケート 腐女子 熟腐女子

Comment 0

Latest Posts