スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルド・ワイルド・ウエスト (高尾理一) ―テキサスBL小説

 18,2012 23:34
“Texan Romance”の考察(?)がまだ途中なんだけど、まとめているうちに、どうしてもどうしても「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(高尾理一)を再読しなければ気が済まなくなったので、実行。


ワイルド・ワイルド・ウエスト (ショコラノベルス)ワイルド・ワイルド・ウエスト (ショコラノベルス)
高尾 理一 雪舟 薫

心交社 2004-08-10
売り上げランキング : 313356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

綺麗な顔と優秀な頭脳で当然のようにエリートコースを歩いてきた斎木明紘は、会社と妻に裏切られ、全てを失った。傷心を癒すため訪れたアメリカで、明紘は道に迷い、見知らぬ牧場のフェンスに車で突っ込んでしまう。そこに颯爽と現れたのは、黒馬に跨った野性的なカウボーイ、ダグラス・レインハート。だが彼は明紘を助けるどころか、投げ縄で捕まえ縛り上げてしまった!ダグラスの逞しい肉体と不遜な態度に怯えながらも弁償を申し出る明紘だったが、「金の問題じゃない」と聞き入れてもらえず、牧場に滞在することに。


あー、これは再読して良かったよ。「ユーモラスな会話が楽しかった記憶」に間違いはなかったけど、今回、テキサスものについて考えるに当たって、結構この作品は重要だと思った。


まず、BLのテキサスものでは、攻め様のテキサス人が牧場にいる場合、大抵牧場経営者で、その牧場は広大で、当然金持ち設定だと思い込んでいた。でもこの作品の牧場、コルト牧場は真反対。


攻めのダグラスは、元ブル・ライダーのカウボーイ。牧場を取り仕切っていはいるものの、牧場主のハーヴェイに雇われている。しかもコルト牧場はオンボロで小さく(※テキサス基準)金持ちどころか破綻寸前。でもダグラスはじめ、みんなハートウォーミングな気のいいヤツらだぜ! って感じ。3人しかいないけど。


ハーヴェイは過去に、隣人の牧場経営者・メイヨーに騙されて牧場の一部を買い叩かれたのだが、ハーヴェイの牧場がメイヨーに狙われたのは、なんと石油が出るため。そう、物語の中の風景には、牧場が拡がる中に石油採掘ポンプも点在しているのだ。オー、テキサス!


――「傲慢君主の専属契約」や「意地悪なカウボーイ」とは、かなり趣の違う作品だなぁ! そして高尾作品のテキサスものの中では、最もカウボーイや牧場の様子がしっかりと伝わってくる感じ! 


ストーリーも、善良な牧場主・ハーヴェイを助けるため、ダグラスと明紘が悪者・メイヨーに立ち向かう勧善懲悪的な展開があって、西部劇っぽい要素がてんこ盛り。面白いなぁ。


ダグラスは田舎者っぽいけれど、気さくで義理人情に篤い男。ほかの高尾作品のテキサスものの攻め的な第一印象の悪さはなく、傲慢でも意地悪でもない。貧乏だからなのかしら?


しかしとにかく強引で押しが強く、受けのアキこと明紘をいつもからかって、グイグイ押して寄り切っていくのが笑える。もちろん、明紘は寄り切られてあえなく陥落し、この先もダグラスとコルト牧場で頑張っていきたいと思っちゃうのだ。


ダグラスのキャラ、あらすじから察するに、「WILD WIND」(松岡なつき)の石油掘削のプロ、アレックスと傾向が似ているのかも。ダグラスもアレックスも、いわばガテン系。あら、そういえば「ワイルド・ワイルド・ウエスト」も「WILD WIND」も、イラストは雪舟薫さんですね。


その点、「GO WEST!」の攻め・ディランは、こちらもあらすじから察するに、意地悪で尊大な感じ。ディランも大牧場の経営者の息子らしいので、うーむ、テキサスの金持ちの牧場主とは、そういうイメージなのかもしれない……。


――やっぱり、「GO WEST!」と「WILD WIND」も再読しなくちゃ! 


次こそは、ロマンス小説界のファンタスティック・テキサスについて、アップしたいと思います。


関連記事

Tags: 高尾理一 雪舟薫 テキサス

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。