スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部長の男(鳩村衣杏)

 12,2012 23:58
寝る前に読み始めたこの作品。途中で、ん? と思って挿絵ページをザッと見て、「これは……リバなんじゃなかろうか……!?(ゴクリ)」とリバの予感に震えた。


ええ、予感通り、リバでした。こんな素敵なリバ作品を読めるなんて! しかも小説で!


表紙絵が壮絶に艶っぽく、タイトルと合わさると、どこか昭和チックなエロさが漂っているような感じがするのも良いと思います!


部長の男 (ガッシュ文庫)部長の男 (ガッシュ文庫)
鳩村 衣杏 佐々木 久美子

海王社 2012-04-28
売り上げランキング : 19320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

水科康太という純朴な青年を、一人前の使える男にすること…それが、出世を条件に、印刷会社広報部部長・日下部に課せられた任務だった。容姿に恵まれ処世術にも長け、仕事も恋愛も順調な男盛りのゲイである日下部にとって、真面目だが無愛想で目つきの悪い康太は、食指も動かない取るに足らない相手。しかし彼から予想以上に懐かれ好かれて、ペースを乱される。一途な想いをいじらしく感じた衝動で、日下部は康太を抱いてしまい…。



日下部は39歳ながらもヘッドハンティングされてすでに部長を務めているようなやり手の男。そんな彼が「取締役」をエサに社長の密命を受けて、地味で純朴で内気な23歳の青年・康太を教育することになる。


しゃべり方や仕事の心構え、衣服まで細々と面倒を見る日下部は、何でも知っている大人の男。素直な康太はそんな日下部に憧れ恋焦がれ、夢中になってついていく。まさに、「アナタ色に染められて~」って感じ。


おまけに自分がゲイだと打ち明けたりして、飼い主に全力で懐く仔犬そのもの。いや、康太のこの様子はファザコンっぽいかもしれない。日下部が康太の面倒を見る様子も、ちょっと“パパ”っぽいところがある。


ともかく、主導権を握っているのは明らかに日下部で、最初のセックスも、もちろん日下部がリード。この時の描写が、「初めての●●」って感じそのものでエロかったなぁ……!


日下部は康太の気持ちを知り、自分も康太に惹かれていると気付いていながら、社長の密命のため自分の気持ちを認められない。康太が社長の家に招待されたと聞いて、ようやく認める決意をするのだが、このとき日下部は、それまでの主導権を半分くらい手放した気がする。


そして日下部は社長の密命を知った康太に乱暴に抱かれ、翻弄されるのだ。これも一つの“下剋上”ですかね。ここで、これまで日下部×康太が、康太×日下部になるのだけど、その流れが無理なく、リバをストーリーに沿ってすんなり受け入れられた。


純朴で内気で自分に自信がない康太は、デキる大人の男・日下部の言動や行動に、オロオロさせられたりドキドキさせられたりするけれど、一方でそんな康太のピュアな反応に、日下部もイライラさせられたりドキドキさせられたりしているのだ。この対称性も巧い!


鳩村さんゆえ、ただエロだけで終わったりしません。印刷会社を舞台に企業買収を絡ませて、仕事シーンも十分堪能できる。というか、買収を阻止するための日下部が考えた戦略、読んでいるわたしもワクワクしたよ!


巻末に収録された「可愛い男」では、康太×日下部の事後の様子がほのぼのと描かれていて笑ってしまった。康太よ……成犬になったと思ったら、やっぱりキミはハートは仔犬のままなんだね……(微笑) 日下部のギリギリでプライドを保っている様子も微笑ましかった。


寝る前に読み始めたので、「リバかも……!?」と思ってからも、「いやいやちゃんと寝て、明日読めばいいじゃない」と一度は寝ようとしたのだが、続きがどうしてもどうしても気になって……。


結局、徹夜して最後まで読んでしまいました。


――それくらい、ワクワクしながらページをめくった作品だった。読み終わってから興奮してツイートしたのだけど、3人くらいの方と、「いやぁ、“良いリバ”でしたねー!!」と、うなずきあったものね。


ほんと、商業小説では思いがけないほど「良いリバ」作品でございましたことよ。ごちそうさまでした。


関連記事

Tags: 鳩村衣杏 佐々木久美子 リバ

Comment - 3

2012.05.18
Fri
19:55

カノヲ #GQzJNJ3U

URL

いや本当によいリバでしたよね~!(*´∀`*)
こんなに説得力のある攻守交代の流れってなかなかないなと。
きっかけはああでしたが、
その後もある頻度でポジション変更してるのは
部長の康太かわいさゆえのことなんだなと、
読んでる側も無理なく受け入れられるリバ設定でした。

部長、今は必死に最後の砦を守ってる感がありますが
(心の声がおかしいやらかわいいやら…!)
今後は防戦一方になってしまいそう(*`艸´)ウシシシ
あれだけ仕事のデキる部長がマンツーマンで指導するんですから=3
その後の二人を妄想してはニマニマしてしまいます~

編集 | 返信 | 
2012.05.20
Sun
02:04

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます!

>カノヲさん

コメントありがとうございます! ほんと、攻守交代の流れが、とても説得力がありましたよね~。

>今後は防戦一方になってしまいそう
なりそうだなぁ(笑)。康太可愛さに、どんどんひきずられていきそうな予感でいっぱいですよ。あの心の声が、ほんと楽しかった! 二人の今後を妄想せずにはいられないですよね。そういう意味でも良いリバ…いや作品だったと思います!w

編集 | 返信 | 
2012.05.31
Thu
23:00

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>05/31 17:38 のMさま

コメントありがとうございます! 昭和テイストですよね~。でも古さとか時代遅れ感がないのがステキだと思いました。気に入られたようでよかった(^^)
これからもよろしくお願いいたします!

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。