スキャンダルは何だって“タブー”、よね?

 03,2012 23:35
GWって、曜日の感覚がおかしくならないか……!?


というかほぼ1年中、時間の感覚がズレているじゃないか! というツッコミはさておき、そんなGWの真ん中にバイ友宅飲み会をしてきた。


なんだか怪し気な字面だけど、別にラブ&エロスな話題で盛り上がるわけではなく、飲み会は終始一貫ピースフル<なんだそれ。 でもちょっと耳に引っ掛かったのが、なでしこジャパンの選手が『フライデー』に載っていたという話題だった。


女性同士で手をつないでいるのを撮影されていたらしい、という以上の情報を、その場の誰もが知らなかったこともあり、「別にそういう人がいてもいいじゃん」という感じでその話題はとりあえず収束したのだけど。


どんな記事だったのか知りたくなって調べたら、フライデーの記事そのものではないけれど、それを取り上げた記事を見つけた。


120502.jpg
色気より食い気に走ったわしら


なんだかいろいろ微妙なので折りたたみます。
見つけた記事はこれ。


「なでしこジャパン最大タブー!?」写真誌に掲載されたおしゃれ番長・川澄の衝撃2ショット(日刊サイゾー)


川澄さんが同じチームメイトのソヨンさんとおそろいのサンダルを履いて手をつないで歩いていた――って、ただそれだけなんだけど、意味ありげな表現がヒラヒラひっついているおかげで、タダゴトではなさそうな雰囲気がジットリと滲み出ている感じに、「うわ~!」とのけぞった。


二人が手をつないで歩いている様子を、「その親密ぶりは深すぎるような気がするのだが……」と濁してみたり。


川澄さんのブログには「ほぼ連日、ソヨンが登場」と二人の仲の良さをさりげなく補足してみたり。


ソヨンさんの風貌について「男性と間違われても納得がいく」と妙な弁解をしてみたり(ハッキリ言って大きなお世話じゃん)


なんだか、のどに何かがつっかえたような、痒いところに手が届かない時のようなもどかしさを感じるわ~! 状況証拠を並べて外堀を埋めていく作業にも見えて、余計に痒い。


最大級にモヤモヤ感を焚き付けていると思ったのが、


ただ、同誌にはソヨンのポケットに2人で手を入れる写真も掲載されていたが、以前、同誌が掲載した某歌手と某俳優も仲良くズボンの後ろポケットに手を突っ込んで新宿二丁目を歩いていた。


の一文。ここまでただの一度も「同性愛」やそれに関する言葉は使っていないのに、「新宿二丁目」という、多分ほぼ誰もがわかるだろうけど未だわからない人がいることも否定できない言葉を登場させることで、暗黙の裡に書き手と読み手が共通認識を抱き合うという落とし方に、本気で背中が痒くなった。巧みすぎる……!


「某歌手と某俳優」っていうのはアレですね? 2年前に一瞬話題になった、氷●さんと●村さんのことですね。そういえばあの記事も「友情」とか言う言葉を散りばめてモヤモヤ感を漂わせた、外堀埋め立て式痒い表現満載だったっけね。


今回の記事のタイトルには「タブー」という言葉が使われているけれど、これだけモヤモヤ感が漂っていれば、「タブー」って感じがするよなぁ……と思った次第。


こういう記事の背景には、ゲイとかビアンとか言い切るのはリスキーという保身的な考えがあるのだろうか? あるいは、撮られた有名人たちへの“慎重な配慮”があるのかしら?


“慎重な配慮”だとしたら、同性愛者じゃなかったらマズいという“配慮”なの? スポーツ界や芸能界で同性愛はおおっぴらにしたらヤバいという“配慮”? 


確かに「某歌手と某俳優」のスキャンダルは、本当にあっという間に「なかったこと」みたいになってしまったけれども……。


――「タブー」について考えるほどに、頭の中がこんがらがってしまった。


テレビではおネエタレントたちがたくさん活躍しているけれど、彼らはファッションやしゃべり方などが明らかに女性っぽい。そんな彼らに同性との恋愛スキャンダルが持ち上がったら、多分「タブー」って言葉は使われないんだろうなぁと思う。


その点、『フライデー』に撮られたサッカー選手とか歌手とか俳優とかは、見た目はまったく“普通”そのもの。でもそういう見た目のゲイやビアンやバイの方が多いと思うんだ……。


有名人で見た目は“普通”で、同性愛者だと公にしている人はあまりいないという日本の現状が、「タブー」という言葉を使わせているのかもしれない。いや、公にできないから「タブー」なのか? けど今日び、同性愛をタブーってナンセンスじゃない? ややや、大多数の人にとっては同性愛はまだタブーってことなんじゃないの?


――二たび、「タブー」で脳内スクランブル状態になっちゃったよ!


ところで、2年前の「某歌手と某俳優」のスクープ記事を取り上げた「日刊サイゾー」の記事が、一部消えているみたい。結構詳細に書かれていた記事だったんだけどなー。


今回のこの記事も、後日消えていたりして。


これぞ、タブー!


関連記事

Tags: ゲイ レズビアン

Comment 3

2013.05.13
Mon
01:03

zebra #ngCqAwRo

URL

GW・・・あっという間でした(_ _) 報道記者の驕り

 こんばんは lucindaさん

 >GWって、曜日の感覚がおかしくならないか……!?
まあ、おっしゃるとおりですね。
え~もう、休みおわりぃ~ もっと遊びたいよう~・・・って思うもんです。

>「なでしこジャパン最大タブー!?」写真誌に掲載されたおしゃれ番長・川澄の衝撃2ショット(日刊サイゾー)
 ふ~ん そうなの・・・でも 週間雑誌は面白おかしく書き立ててばっかなんで そっち系だったなんて というのは あてにしてません。
 あとで詳しく調べたら ”ぜんぜん そうじゃなかった”って ことがいっつものパターンなのが多いからです。

雑誌記者は 「ありもまま 書いただけ」とか言うかもしれんが
誤解と判明したら "なぁ~んだ ちがったのか・・・" そういう無責任なのもいます。 だから 名誉毀損がらみの裁判沙汰になってしまう。 やれやれである。

 それに本当にそうだったとしても 「ほっとけ」って話である。

いいネタになりそうなことを なんでも記事にしようとする ”マスゴミ記者” ガセだったとしても へっちゃらな態度は 悪い意味での”プロ意識”を感じる。

 じゃあ、たとえば"元極道" "元振り込め詐欺常習犯" "元スリ常習犯" など昔に犯罪を犯したからといって "人生をやり直したい"と思ってる人たちの気持ちを 踏みにじっていいんでしょうか?

ホントに人生をやり直したいと思ってる人たち気持ちを削ぐことになるし・・・

 じゃあ ”元デマ記事常習犯”だって同じです。 名誉毀損がらみで裁判沙汰になれば その記者は 報道業界では信用されないのが現実 。 それをデマでももうけ主義をしてる記者はわかっていない・・・

 さてlucindaさんは どう思うでしょうか?

  

編集 | 返信 | 
2013.05.14
Tue
00:11

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます

>zebraさん
難しいですね。メディアの傲慢さはちょくちょく感じることがあり、私自身は、余計なお世話だから放っておけばいい、と思いがちな方です。
ちょっと、今年の初めに起きた、アルジェリアでの人質事件における被害者についての報道を思い出しました。名前公表を強行したメディアの傲慢さに呆れつつも、公表することで同様の事件が起きないように社会に訴えられるというメディア側の主張に、そういう被害者家族を思いやれない考え方なら、私の考えとは噛み合わないなぁ…と思ったことです。

編集 | 返信 | 
2013.05.14
Tue
03:46

zebra #ngCqAwRo

URL

難しいメディアの倫理

  lucinda さん 返信コメントありがとうございます。

>私自身は、余計なお世話だから放っておけばいい、と思いがちな方です。
 たいていそうですって・・・ 昔 ビートたけしの「フライデー事件」なんて最たる例です! 報道の影響は 本人が思ってるほど すさまじいんですよ その 報道の影響力を認識してない報道関係者がいたら モラルがどうなるの?ッテ話しになります。

 売れるためなら 名誉毀損になる記事書いてもいいのか?って話になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 たいていは 人としての常識考えたら 「たけしが怒るのは あたりまえだ!」という声が大きいんです。 
 そりゃあ たけしも不倫がらみで非があったのは事実だが、だからと言って 週刊誌が人の」プライバシーやりたい放題 報道していいのでしょうか?

 たぶん lucindaさんは 「たけしが怒るのは あたりまえ!」と
言うでしょう。

 メディアの影響力を メディア業界人が認識してなかった 認識不足だったのも事実です。 

 残念ながら メディア業界人には 影響力を認識できてないヤツも多いです ”報道には責任を持つ!”

 こんな当たり前なこととも認識できてない者は 報道マンをやめるべきです。
 

編集 | 返信 | 

Latest Posts