スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔なんてしない

 18,2012 03:36
あちこちのレビューで評価が高かったので、気になっていた作品。2008年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映されてたんですね。


後悔なんてしない デラックス版 [DVD]後悔なんてしない デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2009-01-23
売り上げランキング : 2297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「後悔なんてしない」(2006年 韓国)

デザインの勉強を夢見て田舎の孤児院から上京してきたスミン。だが都会で待っていたのは、昼は工場、夜は代行運転のバイトに追われる日々。ある夜、金持ち風の男ジェミンが「部屋に来ないか?」と誘ってきた。恋の予感に心躍ったのもつかの間、工場を解雇されたスミンはジェミンが経営者一族の御曹司だったことを知って激昂する。やがてゲイのホストバーで働くことになったスミンをジェミンは執拗に追ってくるが……。


孤児院育ちの貧しい青年・スミンに、ほぼ一目惚れした金持ちの青年・ジェミン。しかしスミンは、ジェミンの父親が経営する工場で働いており、工場のリストラに抗議して辞めた後、男娼になってしまう。


そんなスミンを諦めきれず、追いかけるジェミン。ジェミンの捨て身のアプローチに、スミンもやがて応えてめでたしめでたし……と思ったら、ジェミンは親の差し金で結婚せざるをえないように追い込まれてしまう。


あれほど愛し合っていたのに、ジェミンは親に従って結婚してしまうのか!? ――と、ストーリーの基盤はオーソドックスな“身分違いの許されないラブロマンス”なのだけど。


観終わった後は、なんだかラブロマンスよりも、“シビアな社会的格差に苦しめられる底辺層の悲哀的な物語”という印象が強く、あれ~? という感じなのだった。


ko2.jpg
孤児院育ちで真面目でやさしいスミン(左)と、ボンボンで優柔不断だけど粘り強いジェミン(右)
――うーむ……確かにスミンとジェミンの、山あり谷ありの恋愛劇は繰り広げられていたのになぁ……。


ジェミンが親の決めた結婚に従おうとした時、なぜかスミンのホスト仲間が、スミンや自分とジェミンとの境遇の違いに逆恨みし、ジェミンを殺して金を巻き上げようとするのだけど、その展開が強引かつ強烈だったせいかしら?


実際、スミンとジェミンのロマンスは“身分違いの許されない恋”としては非常にシンプルで、お約束の展開ながらも退屈せずに、「ああスミン、気の毒だ……!」とか「ジェミン、そんな優柔不断でいいのか!?」とか、内心ツッコミながら気持ちよく浸れるのだ。


ko3.jpg
スミンは突然のリストラに反感を感じ、最初はジェミンに冷たくあたっていた


しかし、脇キャラのエピソードが何だか妙に存在感を主張していて、ついついそっちに気を取られそうになってしまう。恋人だった女性に騙され莫大な借金を背負わされた同僚ホストとか、ようやく手に入れた車でドライブ中に事故死してしまう後輩ホストとかね。


ko5.jpg
やはり孤児院出身の後輩ホスト・ガラム。密かにスミンに片想いしていたことを告げるシーン。良い笑顔だがこの後、事故死してしまう

ただでさえ、スミンとジェミンは身分違いということで苦悩しているのに、貧しき者たちの脇エピソードがさらに格差を強調し、結果、個人的にはラブロマンスが霞んでしまったのではないかと睨んでいる。


でもラスト、スミンがジェミンを助け、もしかしたらそこからまた改めて二人の関係が始まるかも――という予感を漂わせていたのは、希望が持てて良かったな。ジェミンはスミンを選び、結婚するのを取り止めたわけだけど、その後、そのまま家業を継ぐのかどうかが気になるところだ。


ところで、スミンはベビーフェイスなのにマッチョでガタイが良く、ゲイ好きしそうな感じだなぁ……と思いながら見ていた。工場で働いていた頃は純朴な感じだったのに、ホストになって白い犬を抱いて歩いていた姿はいきなりゲイゲイしく、噴き出してしまった。


ko6.jpg
この写真だとあまりガタイの良さがわからない……残念

でも映画の中で一番ゲイゲイしかったのは、ホストバーのマダムだったけどね! かつては結婚していた子煩悩のヒゲマダムってのが、なんだかそこら辺にいそうな気がしてならない。


スミンは最初から、ハッキリと自分のことをゲイだと自覚していたけれども、ジェミンも多分自覚していたんだろうなぁ……。家のことがあるから秘密にしていたけど、スミンに出会って恋に落ち、両親にごまかせなくなったというところかな。


まあそう考えると、婚約破棄やら殺されかけたりやらすったもんだはあったにせよ、結婚前にキチッとカタをつけられたのは良かったんじゃないの、ジェミン? と思うのだった。


ko4.jpg
これはすったもんだの前の、うまくいっていた時のシーン。きっとまたこういう関係を築いているんじゃないかしらね……と予感させて映画は終わるのだった


関連記事

Tags: ゲイ クィア映画

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。