FC2ブログ

乙女ロードに行って来た

 05,2006 20:56
その名前は今年に入って、雑誌やテレビで何度か目にしていたけれど、実際にその場所に足を踏み入れたことはなかった。その場所とは、乙女ロード。

合宿明けの4日、vivian先輩とともに乙女ロードへ。

PB040268.jpg

到着した時間が16時前だったので、なんだか薄暗く、人通りも少なめ。いやいや、信号を渡る手前までは、ものっすごい人込みだったんだけど、渡ったとたん、ビジネス街な趣き。一気に印象が変わってしまう。

しかし数年前は、たしかにこの近くで働いていたはずなのだが、まさかこんなところがそんなことになっていたなんてねぇ! 当時、やおい・BLにハマっていたなら、本屋さんの存在などを知っていたのかもしれないけれど、それにしても情報というものは、知りたいと思うものしか体よく摂取されないものだなぁ…と、感心する。

vivian先輩について、まずはK-BOOKSへ。ちなみにここと同じビルに入っているのが執事喫茶だと知り、驚く。そういえばお嬢さんたちが何人か、表で待っていらっしゃいました。いつかリベンジするわ、執事喫茶。

同人本売り場は、けっこうな混雑振り。友達同士で来ている人と、1人で来ている人と、半分くらいな印象だった。だけど、1人で来ている人の方が、目当てのジャンルや作家さんの棚の前で、黙々と本を探していることが多かった気がする。

多分、夏コミ前ぐらいまでのわたしなら、ここへ来ても圧倒されて呆然と周りを見つめるばかりだったと思う。しかし今のわたしは、目当ての二次創作作品どころか、作家買いするBL小説やコミックスもある状況。「これ」と思ったジャンルの棚は、もれなくチェックを欠かしません。

けっこう見つけちゃったなぁ……買いすぎかも、これ……などと思いながら、数十分後、vivian先輩のカゴをのぞいてみると、わたしの2倍ぐらいの数の本が。「ヤバいよねぇ」「買いすぎだよねぇ」と言いながらも、結局、わたしたちはそれをすべて買ってしまった。ああ……。

買ったあとで、羽海野チカさんの同人本がケースに入れられているのを見つけ、ちょっと悔しくなる。今度来た時にあれば、買おう(できれば…)と心に決める。

せっかく来たことだし、まんだらけも覗いとくか、と立ち寄ったのが、これまた運の尽き。ここでも新たにお買い物をしてしまい、結局わたしは数十分で、トータル6000円くらいのお買い物をしてしまったのだった。あああ、今冬はコートとブーツを買おうと思っていたのに……月初から何やってんのかしら、わたし……!

まんだらけBL売り場では、男の子もちらほらいた。なんとなく、女性下着売り場についてきた男性の状況と似ているような気がして、ちょっとおかしくなる。「ねね、あっちの方、見ていい?」というカノジョに、おとなしくついていっていたキミ、周りが女ばかりという状況でのおつきあい、おつかれさまっす。

あと印象に残っていたのは、外国人2人組の女の子が、棚の前にしゃがみこんで、必死の形相で本を漁っていたこと。好きなんですね、アニメやマンガ――。

今回の収穫はこれ。
PB040270.jpg


絶版本や「エス」の番外編も手に入り、かなり満足。ブーツやコートへの懸念はあるけれど、やっぱり心は満たされている。「その満足感は、愛があるからよ」とvivian先輩は言うけれど、そういうことにしておきますか。

ふと、「何やってるんだろう、わたし」と思う時もあるんだけど、当分、やめられそうにありません。いや、乙女ロードはヤバい。しばらくはおとなしく、ネットで小説やコミックスを買うことにしよう――。

関連記事

Tags: 乙女の買い物

Comment 0

Latest Posts