消防士も司書もラガーマンも。カレンダーあれこれ2012 [1]

 18,2011 23:50
11月ももう半ばを過ぎ、今年も残すところあと1ヵ月ちょっと。月日が経つのはまことに早いものですね。


というわけで<強引、超久しぶりに2012年カレンダー特集を、2回に分けてやってみたいと思います。


年が明けきってからちょこっとチェックしたこともあったけど、年が明ける前に取り上げるのは2007年以来なので、実に4年ぶりですね。ホントいろいろ(コレとかコレとか)あったよ、この4年間……。


「カレンダーって、またどうせ消防士とかラガーマンでしょ?」と思っているアナタ! もちろんそれもチェックはしているんだけど、久々に特集してみようかなと思ったのは、「ええっ、それもカレンダーにしちゃったの!?」な記事をいくつか見つけたから


プロのモデルなどではなく、何かの仕事に従事している素人の(セクシー)カレンダーは、大抵、募金など何かの支援を目的としたものがほとんど。


「ちょっとセクシーなカレンダーは話題になるしウケも悪くない」という手応えがあちこちに広がっているのかどうかはわからないけれど、男性セクシーカレンダーのバリエーションが増えているのは間違いないんじゃなかろうか


わたしが一番のけぞったのが、男性司書セクシーカレンダー


stacks_2012.jpg



知的で物静かなイメージの司書像を裏切る予感が微かに漂うサムネイルが並んでいます。でもこのシンプルな表紙が、カレンダー全体を通して最も司書らしいといえるのかもしれない。


だってね、中身は結構大胆なショットがあるんですよ!(リンク先の「gallery」で画像が見られます) 特に1月のZackさんね!


全部が全部、セクシーショットではないし、全員が全員、マッチョなわけじゃない。すごく構図に凝って撮影したものもあれば、フツーのヒネリのないポートレートもあって、そのバラつきが若干気にはなる。


でもガテン系、スポーツ系の“マッチョ当然”な世界とは真逆にいる男性たちのセクシーショット、という目のつけどころがイイ感じ。


実際、不肖わたくし、10月のDamonさんはここに入ってなければ、その見かけだけだと司書だとはとても想像できなかったと思う。マッチョなインテリで趣味はお菓子作りって、なんですかそのメチャクチャおいしいBL的設定


まあ、「知的」といえば、カレンダーに注目するきっかけになった、イケメン神父さんカレンダーですかね。来年はこんな感じみたいですよ。


shinpu_2012.jpg



ちょっと照れている感じが伝わってくる、でも優しそうな雰囲気の神父さんですね。というか、神父カレンダーはいつ見ても穏やかな雰囲気だなぁ。衣服をきちんと身に着けているからなのかしら<え!?


ただ、この神父カレンダー、どうも同じ人の同じ写真を何度も使っているみたい。それはアレですか、イケメン神父さんがあまりいないってことですか、それともカレンダーに協力してくれる神父さんがいないってことですか。


……いろいろ気になる。


神父カレンダーと一緒に紹介していたゴンドリエカレンダーは、あれこれと検索してみたのだけど見つけられず、ちょっとションボリしていたら、思わぬものを見つけちゃった!


Galerien  Galéries - Boys Schweiz 2012


スイスのイケメン農夫カレンダー。そりゃ考えてみたら、農業もガテン系ではあるよね。でも農夫でイケメンでセクシーカレンダーという組み合わせは、司書に続いて「そうきたか!」と、まさに想像の斜め上を行っている感じ。おまけにスイスだし。


セクシーカレンダーなので、みなさん上半身裸です。もちろん、農業のさまざまな仕事風景を絡めています。とはいえ、下に穿いているのが大抵ズボンなので、それほど違和感はない感じ。一部を除いて(8月のSebastienさんとかね)


農夫さんのそばに、小さな絵画の画像があしらわれているのだけど、この絵画に関連したシチュエーションを想定しました、ってことなのかな? 「むやみにこんなシチュやポーズを選んだわけじゃないんだぜ」って雰囲気が、なんだか生真面目な感じで微笑ましい。


このカレンダー、女性版、つまり美人農婦(?)、というか農家の嫁バージョンもありまして、こっちの方がシチュエーション的には超違和感のあるセクシーショット満載。3月のEmilleさんとか10月のMariettaさんとかさ。しかもほとんど全員下着姿。うーん、男性ももっと頑張るんだ!!


農夫・農婦カレンダーは数年前から出ているらしく、続いているってことは人気なんだろうなぁ……。しかもどうやら農婦バージョン、ドイツ版とオーストリア版もあるらしく、ドイツ語圏では美人でセクシーな農婦さんが人気なのがよーくわかった。ドイツ語圏のドリームなのかしらね?


――後編に続きます。


関連記事

Tags: カレンダー

Comment 0

Latest Posts