スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アノ人の声

 01,2006 22:17
わたしは声フェチだと思う。

「こういう声が最高!」という理想の声があるわけではないが、好みじゃない声を聞くと、イライラしたり気持ち悪くなったりして、日常生活を平穏に過ごせない。多分、声だけじゃなく、話し方や声のボリュームも、声の好悪に含まれているのだと思うのだけど。

そんなわたしなので、BLのドラマCDを聴くことには、どうにも二の足を踏んでしまう。あちこちのブログでアップされているドラマCDのレビューを読むと、興味がわかないわけではないのだが、なにしろ日々TVで流れるアニメや海外ドラマのアテレコにとどまらず、ラジオのパーソナリティやゲストの声にも、時々イライラすることがあるので、

――失敗したら、やだなぁ――

という気持ちが勝って、いまだに聴いていない。

ふと、vivian先輩なら、ドラマCDの1枚や2枚、持っているんじゃなかろうかと思った。なにしろ先輩の守備範囲は、好みのジャンルにしても、好みのシチュエーションにしても、好みのキャラクターにしても、接する媒体の形態(小説、コミックス、ゲームなどなど)にしても、わたしよりはストライクゾーンが格段に広い。だが、vivian先輩は予想に反して、ドラマCDは現在所持していないのだという。

「一回、この世界から足を洗った時までは、聴いてたんだけど……。復活してからは聴いてないわ」
「復活して手を出していない、ということは、ドラマCDは、あまり好きではなかったんですかね?」
「うーん、ていうか、わたし、声フェチだからね。もともとアニメ好きだから、声優さんの好みがもうあるのよね。それで、好きな作品でも、声優さんが好みじゃないと、もう聴く気がしないというか……」

ここにもいたよ、声フェチが……。

「小説でもマンガでも、読んでてさぁ、もう自分の頭の中では、自分の好みの声でアテレコされてるわけ。脳内変換されて、キャクラターのセリフは、その好みの声で語られているわけよ。でも、ドラマCDで、わたしの脳内声優とは、あまりにもタイプが違う声優さんが担当していると、もう聴く気もおきないというか……」

なんだかわかる気がする。ちなみに、わたしが脳内変換した初めての小説のキャラクターは、先日読み終えた「エス」シリーズの宗近で、その声は、小山力也さん。ドラマ「ER」で、ジョージ・クルーニーのアテレコをしていた人だ。わたしの脳内では、あの低くて艶やかな声で、宗近はしゃべっていたわけ。

「聴いてみると、案外よかったってこともあるのはわかってるんだけど、どっちかっていうと、『え゛え゛え゛ーーーッ!?』ってことが多いからさ。あれでもし映像があれば、声のイメージが少々違っても平気なのかもしれないけど、映像があったらあったでヤバいわよねぇ」

たしかに、アニメだろうが実写だろうが、視覚に入る情報があれば、声へのこだわりは薄れるかもしれないけど、そうすると、今度はアニメや実写への不満が発生する可能性もある。大体、カラミの場面はどこまで映像で再現できるのか? ああ、人の好みの千差万別さの恨めしさよ。ちなみに、声フェチなわたしとvivian先輩が「原作との違和感なかったよねーッ!」と意見一致しているのが、「蟲師」のアニメだ。映画公開はまだだったよな?

「この間、miriamと話してたんだけど。もし『トッキュー!!』がアニメになったとして、タイチョーの声は誰がいいかってことになったのよ。でも全然、この人って候補があがらなくてさ」
「ああ……。シマとかヒョーゴとかの声は、けっこう想像できますけどね」
「そうなのよー! タイチョーの場合、声は低い方だと思うけど、無機質な感じで、でもちょこっと感情も感じられて、仕事がデキるって感じで……。いないのよねぇ。これって人」
「先輩の好きなアンソニーじゃ、だめなんですか?」

アンソニーとは、「キャンディ・キャンディ」でアンソニーを演じた井上和彦さんのこと。vivian先輩は彼の声の大ファンで、「わたしの夢のひとつは、井上さんに目覚ましの音声を吹き込んでもらうこと」と、オタク仲間の間で公言して憚らない。

「ああー…違うのよねぇ、井上さんは。甘すぎるのよねぇ。タイチョーはあそこまで甘くないのよ……。あ、そうそう、井上さんてさぁ、よしながふみの『西洋骨董洋菓子店』のCDで、千影をやったんだよ。千影ならいいけどー」

へぇぇ……アンソニーが千影……。ああ、なんだか、千影を想像しているのに、いつの間にかアンソニーになってしまう。イメージの定着恐るべし。

多分、アニメファン、マンガファン、小説ファン――とジャンルは関係なく、声のイメージは勝手に想像されて、勝手にそれぞれの頭の中に定着されていると思う。そんな莫大な妄想と期待の中で演じないといけない声優さんは、本当に大変だ。配役の人選はどんな風に決まっているのかも、ちょっと知りたい――。

いつか聴いてみようとは思っているけど、もうちょっと先になるかもしれないな、ドラマCD。

関連記事

Comment - 6

2006.11.01
Wed
23:13

もと #4pDgvQA2

URL

ドラマCD、私、この夏ごろから人のつてで怒涛のように聞いてますよ。最初はもう、走り出しそうにこっぱずかしかったですね~~(^^;>特にカラミ(笑)
あの人の情事をうっかり覗いた感がたまらなく恥ずかしかったですけど・・・慣れました(爆) ふ、トシを取るって、刺激に反応しなくなるのも早いよねと思っちゃった・・・(^^;
BLCDによく出る声優さんは、ホントよく出てて、アニメのマ王のメイン声優さんはみなさん常連さんでした(笑)
アニメでは気にならないのにCDでの喘ぎ(笑)があまりにアレで、ちょっとイメージ狂った声優さんがいたりとか、色々弊害もありますね(弊害・・・)
今はちょっとエスのCDを聞いてみたいような、みたくないような、凄い微妙な気持ちなんですよね~。今まで聞いた小説とかマンガには、特に思い入れの深いのがなかったんでOKだったんだけど、好きなのはどうかなぁ~って思ってしまって。
二の足踏んでます(^^;

編集 | 返信 | 
2006.11.02
Thu
14:43

lucinda #-

URL

ああ、もとさんのそのこっぱずかしさ感が、めちゃくちゃ想像できます。そうそう、わたし、それを聞いて平静でいられるのか!? というのもちょっと不安(笑)。慣れてヤミツキになるのもあわせて不安かもですよ。笑えません。

>今まで聞いた小説とかマンガには、特に思い入れの深いのがなかったんでOKだったんだけど
なるほどー。そうか、そうですね、思い入れがあるから、ウロウロ迷うのかもしれないですね。エスは、わたしの場合、宗近の声を受け入れられるかどうかだな……多分……。

編集 | 返信 | 
2006.11.02
Thu
20:57

乱菊 #pMXl.iIs

URL

ご存知かと思いますが、ワタクシ現在ショタボイスに狂ってます・・・。
それとは別の話として、そのキャラに合う声かどうかというのは、すごく気になるところですね。
私も普通にアニメ好きだったので、声優さんは意外と知ってたりします。
もとさんも仰ってますが、あのキャラのあの声が!わー!アンアン言ってる!ということはBLCDを聴き始めた頃はよくありました。
今は平気ですけど。
たまに笑えるし・・・。
なんだか今は冷静にエロ声評論してますから(アホ)
lucindaさんにも早く飛び込んできてほしいです、こっちの世界へ。ふふふ。

ちなみにタイチョーの声をずっと考えてました。
『声は低い方だと思うけど、無機質な感じで、でもちょこっと感情も感じられて、仕事がデキるって感じで……』
これに該当する声優さん・・・うーむ。うーむ。

杉田智和さんとかいいかなと思いますが。

編集 | 返信 | 
2006.11.02
Thu
22:28

lucinda #-

URL

エロ声評論、ちょっと憧れです(バカだ…)。
いやぁ、その前に、四の五のいわずにまず聴けよ、CD!ってところなんですけど……やっぱ慣れですかねぇ。要検討!

杉田智和さんですね? 実は明日、vivian先輩宅集合なんです。ちょっとそこで、聞いてみます!

編集 | 返信 | 
2006.11.02
Thu
22:59

乱菊 #pMXl.iIs

URL

vivian先輩ちでオタ会議ですね!
楽しそう~。
私の方は土曜日、日本橋ほもつあーです。
それはさておきタイチョーの続き。

「無機質な感じ」というのがちょっと難しいかも。
でも確かに彼は無機質・・・。
あと森川智之さんとか成田剣さんとか?
そのくらいしか思いつきませんねー。
難しいです、タイチョー。
井上和彦さんはやや甘い(優しい)印象があるかも。

すぐに慣れますよ!
そして好き声優が見つかると世界が広がります。
いやほんとに。

編集 | 返信 | 
2006.11.03
Fri
14:32

lucinda #-

URL

おおお…タイチョー候補がいっぱい……!
これも先輩に提案してみなければ…。結果はご報告します。
CD情報も仕入れてきます。ふふふ…。

日本橋ほもつあーですか。楽しそう! 上首尾をお祈りしております(笑)

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。