スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケ中間発表と海外のYAOI

 01,2011 23:28
アンケートを設置して1か月と少し。投票結果をのぞいてみたら、現在197票まで集まっていた!!! みなさま、ありがとうございます!!



圧倒的に女性が多いのは予想していたけど、「25~34歳」(概ねアラサー)と「35~44歳」(概ねアラフォー)の割合が拮抗しているのが興味深い。これ、もし選択肢が「31~40歳」「41~50歳」だったら、クッキリと差が出たのかもしれないけれど、きっと「31~40歳」が多くなるだろうと予想して現在の選択肢にしたので、ある意味狙い通り。フフフ……。



「24歳以下」の女性も結構集まってますね。「24歳以下」は、数少ない男性票の中で一番多い割合。男性票は年齢が上がるにつれて、票数が少なくなっているなぁ……。



「45~54歳」(概ねアラフィフ)の女性の割合、多いとみるべきか少ないとみるべきか、判断に迷うところ。最終的には割合が増えるのか注目したい。



投票数が300くらいになるまで、今しばらく続けようと思っています。まだ投票していないという方、ぜひぜひご協力をお願いいたします!





ところで、最近ちょくちょくのぞいている海外の掲示板スレッドを翻訳して紹介しているサイトで、思いついて「YAOI」を検索してみたら、2年前のこんな記事がヒットした。



どうして女の子はみんなヤオイが好きなの?【海外アニメフォーラム】(誤訳御免。)



海外にも日本のBL作品が輸出されて人気なのは知っていたけど、みんな同じようなことを考えるんですなぁ。「どうしてやおい(BL)が好きなの?」は、永遠のテーマだね、こりゃ。



印象深いのは、「男女のロマンスは退屈。つまらない」というコメントが何度も出てくること。それはわたしの周りでもよく聞くコメントだ。これまた国は違っても、同じことを考える人が多いんだねぇ……。



個人的には、「やおい」だけじゃなく、「百合」もそのまま「Yuri」と海外で使われていると知って驚いた。



この記事についた膨大な数のコメントも、鋭い考察がちらちらあって興味深い。「百合は鴨葱的思考だがやおいは傷つきたくない女性の逃避」とか、「少女マンガや恋愛ドラマの傍流」とか、「男女間では描かれない関係性」とかね。



BLも百合も、同性愛的ファンタジーを描いているけれども、読み手の性的指向(or志向? 嗜好?)と一致しているわけではないという点が、大勢の人の関心を引き付けるんだろうか。



記事の最後に掲載されている「これが本物のホモだ!」のカットは、腐女子の妄想っぷりを表現しているという点では笑えるけど、わざわざイケてない不細工な絵柄にして「本物のホモ」と言うのはどうよ? という、すごく微妙なカットだ。どっから引っ張ってきたんだよ……。



もう一つ興味深かったのが、これ。上の記事よりさらに古く、2006年の記事。



イタリアン・ヤオイの侵入 Yaoi Press社HP(誤訳御免。)



管理人のえいちさんは「ゴシック・ヤオイ」という言葉に反応されていたけど、わたしは「イタリアン・ヤオイ」という言葉に惹きつけられてしまった。何だそのマカロニ・ウエスタン的言葉は!



ヤオイプレス社なんて会社も初めて知ったのでのぞいてみたら――海外のBL作品がズラーッと並んでいて圧巻。絵柄が濃いのが海外らしい。



でも、受けが少女っぽい絵柄が結構あるのが意外な感じ。いえ、海外では少女っぽい絵柄の受けより、ガチッとしたいかにも男!な感じの絵柄が多いのかと、勝手に思い込んでいたの……。



日本のBL作品も多数取り扱われているので、なんだかワールドワイドな雰囲気だ。日本でも最近、海外のオリジナルスラッシュ小説が翻訳されて出版され始めたけど、それがうまく軌道に乗ったら、BL市場もこんな風になっていくのかしらねぇ……。けど韓国のBLコミックはあれから見かけないような……。



とりあえず、「YAOI」は確かに海外で一定の人気があるんだなということは実感できました。はい。



※当ブログに来てくださる方の年齢層を探るアンケート「あなたのことを教えて!」をまだまだ実施中です。ブログTOPページの左側に注目! ぜひ一票、ご協力よろしくお願いいたします!

関連記事

Tags: アンケ YAOI

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。