FC2ブログ

ヤオイコンと海外スラッシュ

 26,2006 23:52
執事喫茶でネットをさまよっていた時、もう一つ、気になる記事を見つけた。

ヤオイコン。YAOI-CON。やおい婚じゃありません。念のため。

アメリカで開催される、マンガやアニメ、ゲームなどにおいて男性同士の恋愛や少年愛を取り扱ったもの=ヤオイに特化したイベント。今年で6回目らしい。10/20~22まで、サンフランシスコで行われたらしい。

どうして「執事喫茶」でこの「ヤオイコン」にぶち当たったのかというと、今年のヤオイコンでは、執事喫茶が期間限定でオープンしたから。「執事カフェ」の公式サイトも作られるほどの、力の入れよう。

それはともかくとして、ヤオイコン。この世界に足を踏み入れ、いろいろとネットをあさっていた頃、「海外スラッシュ」という言葉に行き当たり、それがやおい作品サイトからリンクされていたため、すごく不思議に思ったものだった。

海外スラッシュ?
外国のことを指しているのはわかるけど、どういうこと?
海外にもやおいがあるってこと?

いろいろ検索してみて、どうやらやはり、日本のやおいやBLみたいなジャンルらしいとわかった。スラッシュとは”/”のことで、日本では”×”で表示するところを、海外では”/”で表示するところからきたみたい。そして、受け攻めの位置関係は、スラッシュを介すると日本とは逆。つまり、日本で「A×B」が、スラッシュだと「B/A」ということなんだとか。ふーん……。

ともかく、その時のわたしは、

――やおいとかBLとか、男同士の恋愛小説やコミックスで大騒ぎしているのは日本人だけじゃないんだ……。海外でも、そういうジャンルがあるってのがすごいな。やおいは世界的現象なのかしら――

と、非常に感心した。あちこちのサイトにジャンプするうちに、ハ●ポタとか、L●TRとかスター・●ォーズとかサンダー●ードが人気らしいとわかり、ますます感心していたのだが。

ここで改めてヤオイコンって、どういうこと? それは、日本産のマンガやアニメやゲームのキャラを使っていることに特化しているということなんだろうか? こういうサイトを見ると、「米国のアニメ・マンガの間でも決して主流とは言えないジャンル」などと解説されているけど、じゃ、スラッシュは?――そりゃ、「スラッシュ」は主流じゃないかもしれないけど――。

安易に「海外スラッシュ=やおい」などと思っていたのがアマかったのかどうか、とにかくナゾは深まるばかり。近々、先輩ズにも聞いてみようと思うのだった。



借りていたマンガ「蟲師」をvivian先輩に返しにいったところ、先輩はニンマリと笑いながら言った。

「今日、『エス』の4巻を買ってきたわ」

え、それって、30日発売じゃなかったでしたっけ!?

「早売り書店では、もう売られてるのよ。あそこは品揃え豊富でいいよー。lucinda、買いに行く? それとも、わたしが読んだら貸そうか?」

先輩、それはただの嫌がらせですね……? しかし、公式発売日より前に売られているなんて。さすがというかなんというか。

あまりに悔しかったので、いやいや羨ましかったので、わたしも買いに行ったのだった。そんなわけで一足先に手に入れました。英田サキ「エス 残光」。

20061027004656.jpg

――アマゾンやセブン&ワイなど、書籍販売サイトの「予約受付中」のフラグを前に現物を手にするのって、けっこう快感。

#「蟲師」、個人的には妄想が広がりまくる作品だった。実際、同人本をvivian先輩から見せてもらったことアリ。本格的にこれからいろいろ探してみるつもり。

関連記事

Tags: やおい 海外

Comment 11

2006.10.27
Fri
01:01

うみりす #IaTY7YzE

URL

スラッシュに関しては

lucindaさん、こんばんわ。執事カフェの写真には、あれすさんでいた心が一瞬で癒されてしまいましたvv

さて。スラッシュに関してですが、翻訳本が一冊出ています。

『NASA/トレック―女が宇宙を書きかえる 』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4875023022/sr=8-7/qid=1161878196/ref=sr_1_7/250-9615646-8072206?ie=UTF8&s=books

アメリカのやおいの走りは、スター○レックだったようです。あと、小谷真理さんの『女性状無意識』という本の中にも、スラッシュに関する説明が載ってます。

編集 | 返信 | 
2006.10.27
Fri
01:08

lucinda #-

URL

どうもです。お忙しそうだなぁと思っていたのですが、アノ写真が癒されたなら、よかったです(笑)

おお。翻訳本も出てるんですね。さすがうみりすさん。
そうそう、スタート●ックも、取り上げられてました。てか、わたしは、スタート●ックのことを言いたかったのに、間違っていたかも、サンダー●ード……。

うみりすさん、スラッシュにもお詳しそうな……。そのヘンは論説にまとめられないのでしょうか。まとめられるなら、ぜひ読みたいです。

編集 | 返信 | 
2006.10.27
Fri
01:16

明治 #-

URL

2度目まして。

明治です(^^)またコメントをさせていただきます★
2~3年前私もLOTRにはまっていた時期がありました。
LOTRは実はRPS(俗に言うナマモノですね)も多く、海外サイトを覗いた時もありました。
私もその時“スラッシュ”は“/”から来たんだなあと知りましたが、受/攻は厳密には決まっていない…というのも見かけたことがあります。
実際私も翻訳機に頼りながら「受/攻だからこれは私の好きなCPだ…」と思い読んでいたら、明らかに逆のものもありました(笑)
本当のところはよくわかりませんが、中々興味深いですよね(^^;)笑
さて、それと「最後のドアを閉めろ!」のシリーズですが、かなり先の事になるかもしれない、との事ですが、新装版が発売されるようです!
リブレの公式サイトの山田ユギさんのお部屋で、ユギさん自身が仰ってますよ。新装版が出る前にまた新作を描くようです。
「誰にも~」の発売も1ヶ月延びたようなので、いつになるのかわかりませんが、新装版が出るのを待つのも手ですね(^^)
同じユギさんの作品で「俺は悪くない」が11月の末に文庫版ででるのですが、そちらもオススメです(^^)
それでは、また来ます!

編集 | 返信 | 
2006.10.27
Fri
01:46

もと #4pDgvQA2

URL

あ! いいなぁ!!(;´Д`) 私はあまぞんで予約しちゃったから(色んなのと一緒に)まだまだ先だ~。ま、そもそもそんな品揃えのいい本屋は近所にないんで、どっちにしても一緒ですけど(^^;
また感想聞かせてください~。全サも楽しみだな~。

編集 | 返信 | 
2006.10.27
Fri
14:43

lucinda #-

URL

>明治さま
ユギさん情報、ありがとうございます! それはとっても楽しみです。
「俺は悪くない」が文庫になることは知っていたのですが、もちろん、買います。ええ。

スラッシュの両側、決まってないんですねぇ。そうなのか。日本ほど受け攻めにこだわりがないってことなんですかね?
LTORは、わたしがやおいにハマる前でも、なんか盛り上がっているらしいことは、察していました。映画を見たら、ハマっちゃうかしら…。

>もとさま
わたしもvivian先輩に自慢されなければ、きっとネットで注文してたと思います。その他モロモロと一緒に。ははは。
またレビューアップします。てか、なるほどなぁ、って展開でしたよ、「残光」。

編集 | 返信 | 
2006.10.27
Fri
23:15

乱菊 #pMXl.iIs

URL

私は本日エスを購入してきましたよ♪
本当は榎田さんのものも何か・・・と思ったんですが、ゲームも買ったことですし、その他もろもろ雑誌もCDも漫画も小説もたまってるんで、泣く泣く諦めました。
小説では菅野彰さんもけっこうイイですよ。
表現はライトなのですが、言葉の使い方や表現がきれいだったりハッとさせられたり・・・。
ちょっと純文系に近いかな?

とりあえずゲームとエスと・・・どっちに着手すんべえか(悩)

編集 | 返信 | 
2006.10.28
Sat
01:32

lucinda #-

URL

あ、30日前に入手組ですね!?

菅野彰さん、「毎日晴天」シリーズを飛び飛びで読んでいるんですが(飛び飛び、がイカンのだ)、乱菊さんのブログを読んで、「17才」を買ったんです。すごく好きなのですが、感想を思うように書けなくて……。乱菊さんのレビューが、まさに「その通り!」てな感じなんですが、自分なりに書けそう、と思ったら、すかさずレビューをアップします。なんだか、木原さんの箱と檻みたいですねぇ。

しかし、乱菊さんはCDもゲームもチェックされてるんですよね。うーん、その全方位なアンテナがステキです。エスは、勢いでざざーっと読めますよー(笑)

編集 | 返信 | 
2006.10.29
Sun
22:44

乱菊 #pMXl.iIs

URL

全方位過ぎてもうホントにしにそうです。
笑い死にって感じですが。
1年が10年に感じるくらい、ほもを詰め込みすぎて、頭の中はずっとピンクです。

菅野さん、読まれましたか!
嬉しい~。
私の疲れた頭には晴天シリーズがやさしくてイイ!のです。
今、全部読み返しているところです。
次は菅野作品のコンプリートにかかろうかと目論んでいる今日このごろ。
あ、でもその前にゲームだ!

・・・しぬ。パタリ。

編集 | 返信 | 
2006.10.30
Mon
19:06

lucinda #-

URL

ああ、精力的だ……まぶしい(笑)。
しかし言われてみればわたしも、今年に入って、これまでの10年分くらいのほもを頭に取り込んだような気がします。

菅野さんの新たなレビュー、楽しみにしています!

編集 | 返信 | 
2013.10.26
Sat
22:02

こも #-

URL

スラッシュの単語を見つけて

amebaで海外ドラマブログやってます、こもです。
slashという言葉にひきつけれらて通りすがりにコメントしていきます。
海外ドラマは今slashが熱い…多分英国ドラマ【SHERLOCK】のせいかとおもいます。シャーロックホームズ/ワトソンは古今東西今昔腐女子の聖典であります。

まだ御ブログちょっとしか拝見していないので、
時間がある時にまた覗きにきます。では。

編集 | 返信 | 
2013.10.27
Sun
09:04

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます

>こもさん
コメントありがとうございました。SHERLOCKは大人気ですね。この記事をアップしたのは7年前なのですが、7年の間にオリジナルスラッシュが翻訳されて出版されるなど、変化があったなぁと懐かしく思いました。

編集 | 返信 | 

Latest Posts