海外のゲイポルノサイトって…

 25,2011 01:22
来年の大河ドラマ「平清盛」の配役発表に一喜一憂しているlucindaです。鳥羽院とか崇徳院とか後白河院とか待賢門院とか美福門院とかは、おおっ!って感じなんだけど(つか、みんな“院”がついてるな)、ほかの一部がねぇ……特に女優がねぇ……いいけど……。


仕事の立て込みと体調不調とで、ちょっとご無沙汰していました。バタバタしながら本を読みつつ、ちょこっとハマっていたのが、海外のゲイポルノサイト。そう、以前、口パクビデオ萌えをアップした浮かれ気分は続いていて、Randy Blue(以下、RB)のブログをちょいちょいのぞいているのだ。だって、面白いんだよ!


作品のサンプルビデオを見られるのはもちろん、モデル(男優のこと)への撮影裏話インタビューとか仕事とは全然関係ないインタビューとか、雑誌などのグラビア画像とか、いろいろあって飽きない。そりゃ、いきなりチンコの画像がドーンと出てきて最初はギョッとするけど、見ていくうちに慣れちゃうし。


そしてそうやってインタビュー映像とかをいろいろ見ていると、好印象だったモデルがどんどんカワイく見えてきて、だんだん作品を見たくなっていくのだ。巧い仕掛けだよ、RB……! さすがにまだダウンロード(もちろん有料)は踏みとどまっているけどな! かろうじてな!


だがどうやらRBだけが、こんなサービスをしているわけでないらしいと知ったのが先週のこと。ゲイポルノファンのwebサイトを拝見したら、アメリカやヨーロッパのほかのゲイポルノサイトでも、同じようなサービスを展開しているっていうじゃありませんか!


さっそくいくつか見てみたんだけど――確かにその通り。モデルたちへのインタビュー映像があったり、ファンのフォーラムコーナーがあったり、アノ手コノ手で作品を買ってもらおうとサービス満点。もちろん、そういうサービスのないサイトもあると思うけど、人気だというサイトには大抵、「だんだん作品が見たくなる」仕掛けが施されているみたい。


ふと、日本のゲイポルノサイト(日本だと「ゲイポルノ」より「ゲイビデオ」の方が一般的な名称なんだろうか)ってどうなんだろう……と思った。以前、何かの拍子で踏み入れたことのあるサイトには、そんなサービスはなかったような。


気になって検索していくつか見てみたんだけど――ううーん、わたしが見たサイトは、残念ながら欧米のサイトのようなサービスは見かけなかった。日本では、そんなサービスは求められていないんですかねぇ……。出演しているモデルのインタビューとかあると、グッとモデルに親近感を感じて、作品にも興味が出てくるような気がするんだけど……。


そういえば、欧米のゲイポルノサイトのファンには女性もわりと多そうだな……という感触を持ったのだけど、それももしかしたら、インタビューやらフォーラムやらを見てファンになっていく可能性もあるんじゃないかしら? 単純に、「ガイジン、カッコイイ~!」とヨロめいているだけじゃなく。


ゲイポルノ好きの女性と腐女子は、重なる部分もあると思うんだけど、違いもいろいろあるんだろうなぁ……それってナンだろう?――と探っていくのも楽しそうで、ちょっとずつやっていこうと思っている。ま、サイトめぐりに飽きなければ、の話ですけどね。ええ。


――飽きそうにないか、当分。
関連記事

Tags: ゲイ ゲイポルノ 腐女子

Comment 0

Latest Posts