FC2ブログ

執事への憧れ

 24,2006 23:43
「今度の連休、ブクロにいかない?」
とvivian先輩に誘われ、二つ返事でOKしてしまったのだが、ふと、
――池袋なら、アソコに行くのもいいんじゃない?――
と思い立ち、早速ネットで調べてみた。

”アソコ”とは、執事喫茶。「お帰りなさいませ、お嬢様」と迎えてくれ、「行ってらっしゃいませ、お嬢様」と見送ってくれる、あの執事喫茶だ。

しかし。今月にリニューアルオープンしたばかりの執事喫茶「Swallowtail」は、連日大盛況らしく、3連休など、当然とっくに埋まっていた。ネットで予約するシステムだが、空いている日時の「仮予約」のリンクに、なんだかクラクラきた。1ヵ月前から予約できるのだが、たとえば今度の3連休は、どのくらいの速さで埋まっちゃったんだろう? お客は腐女子がほとんどなんだろうか、やはり? 場所が場所だもんなぁ……。六本木にもできているみたいだけど、池袋との客層の違いって、あるんだろうか…? 「ターゲットは30代以降の女性」ということなので、腐女子ばかりというわけではないのかしら? 気になる。

そんなこんなで、「執事喫茶」でネットをウロついていたら、こんな記事を見つけた。


<英国で誕生、半裸の「執事コンパニオン」 (ロイター)>
england.jpg

英国で半裸の男性ウェイターがパーティーなどでサービスを行う「執事コンパニオン」のビジネスがスタートし、評判を呼んでいる。
 
「執事」と呼ばれる男性ウェイターが身に付けているのはボウタイ、シャツの襟とカフス、そして短いエプロンだけ。
 
このビジネスを考案したのは、湾岸戦争とボスニア紛争に従軍したのちに事業家に転身した元英国海兵隊員のジェイソン・ディドコットさん。
 
ディドコットさんは、従来のストリッパーに代わる上品さを出すため、客がウェイターに触れないよう徹底するなど厳重なルールを設けている。またウェイターは採用前に、警察による綿密な検査を受けなくてはならないという。
 
ディドコットさんはロイターに対し「イメージしているのは執事の格好をしているジェームズ・ボンド」と説明。「パーティの後、お客さんは一緒に写真を撮ることができますが、それ以上のことはできません。酔っ払ってエプロンを取ろうとするお客さんには、お触り厳禁と言わせています」と述べた。
 
執事ウェイターの1人は「この仕事は最高です。これ以上お金を稼げる仕事は考えられません。最初はすごく緊張したけれど、食べ物を給仕したり、お客さんと話したりすることに気が行ってお尻が丸出しだなんてすぐに忘れてしまいます」と述べた。スタッフのバックグラウンドはさまざまで、俳優、ダンサー、学生から催眠術療法士までいる。
 
ディドコットさんは、男子禁制パーティなどに派遣するスタッフ75人を抱えているが、事業の拡大に意欲的を示しており「アメリカやオーストラリア、南アフリカあたりでもスタートしたいと考えています」と語った。


大分前のニュースのようだけど、知らなかった。しかし、半裸の執事って、どうよ?

これ、耳をつけたら、そのままバニーちゃんだと思うんだけど。
「イメージしているのは執事の格好をしたジェームス・ボンド」っていわれても、どこが!? どのあたりが!? と思うんだけど。
「ストリッパーに代わる上品さを出す」って、だったらお尻丸出しにしなくていいじゃん、と思うんだけど。
「警察による綿密な検査」って、気になるんだけど!<なぜ警察?

てか、この執事さんたち、ゲイの方々にすごくウケそう。ゲイのパーティーにも出動してるのかしら。やっぱり「男子禁制」というからには、女性だけ?? 気になることが多すぎです。

イギリスって、執事の本場だと思っていたのだが、本場ならではの底力を見せ付けられたような気分だ。本場だからこそできる、他の追従を許さない斬新で大胆な演出、とでもいいましょうか。さすが、「フルモンティ」の国。しかし、これ、日本でやると、どうなんでしょうねぇ……?

関連記事

Tags: コンセプトカフェ メディア

Comment 4

2006.10.25
Wed
23:19

もと #4pDgvQA2

URL

ちょ! 爆笑なんですけど!!!(笑)
いわゆる裸エプロン進化系? 単にエプロンより、カフスとか蝶ネクタイとかあるほうがエロく感じます。ロマンですねぇ(笑)
しかしこれ、ホントゲイパーティにはまずいでしょ?
いくらおさわり禁止とはいえ、女の中にいるより怪しい空気が漂いそうで身悶えしちゃいますね(^^;
世界にニュースとして配信できるほど合法(?)ないい稼ぎの仕事って、確かにあまりないかも。
にしても、エプロンしてても歩いてると・・・後ろからは見えるよなぁ、きっと<戻ってきた(笑)

編集 | 返信 | 
2006.10.26
Thu
03:50

lucinda #-

URL

大マジメなところが、余計に笑えますよね。
ほんと、ある意味、ロマンですよね。でも、誰の!?(笑)
ゲイパーティーにこういうコンパニオンがいると思うと、妄想が広がります。この姿の前と後ろから写した全身写真プリーズ!って感じですね。ははは。

編集 | 返信 | 
2006.10.26
Thu
12:11

かなん #-

URL

執事パンク

lucinda様のアンテナって凄いですね~、さすがイギリス侮れません。
写真だと執事っていうよりバニーガールに近いような??
もうこれだけでお腹一杯です(笑)

編集 | 返信 | 
2006.10.26
Thu
23:37

lucinda #-

URL

いやいや、たまたま見つけたんです。
でも、「執事喫茶」でコレが引っかかるのがすごいですよね。
少し前のニュースのようなんですが、無事、アメリカやオーストラリアに進出したのかも、気になるところです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts