スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BL的?小ネタ拾遺<15>

 23,2010 23:32
大変ご無沙汰しております。ご無沙汰しすぎて、ブログを更新するのもためらわれるようなこの空白。いつの間にか、TOPに広告まで表示されていたし! 仕事とか体調とか……いやいや、言い訳はいたしますまい。


最近ネットで見かけた、なんとなく引っ掛かった記事をいくつかメモ。


10~30代の女性に聞く、“オタク”のイメージは? (Business Media 誠)


「自分がオタクだと思うか?」「周りにオタクはいるか?」といった質問に、10~30代の女性1052人が回答しているのだけど、まあなんか、「そうでしょうとも」というような結果だなぁと、漫然と眺めてしまった。


若い年齢層ほど、自分がオタクだと回答したり、オタクのイメージを比較的ポジティブに捉えているという結果は、別段物珍しい感じはしない。「何に対してのオタクか」という質問には、マンガ、アニメ、ゲームという回答が上位を占めたとのことだけど、10代や20代はそういうものが身近にある印象があるし、身近にあってもヘンじゃないと周りも思うだろう。


いや20代も、後半になると周りの印象は変わってくるかな。いわんや30代をや。別にはっきりと指を指されて非難されるわけじゃなくても、「マンガやアニメが好きって、言いづらいわぁ……」と感じている人は少なくないと思う。


しかも、30代終盤のアラフォー世代は、宮崎事件の影響でオタクに対してネガティブな印象を持っている人も少なくないと思う。友人は、あの事件があってから、自分がマンガやアニメ好きだと言いにくくなったと言っていたなぁ……。


「何をもってオタクと呼ぶか」という基準というか境界線というかが、世代によっても違うという可能性もあるかもしれない。同じぐらい本を買っていても、30代は「まだまだ」と思っているのに、10代は「私、オタクだわ」と思っているとか。


もしかして「オタク」じゃなくて「腐女子」だったら結果は違っていたかしら。いや「腐女子」という言葉は「オタク」ほど一般的じゃないから、もっと回答数は少なくてよくわかんない結果になるかも……。


――そんな捻くれたことを、調査結果を眺めながら思ったのだった。いえ、この結果や調査方法にイチャモンつけたいわけじゃないんです。本当です。


30代以降の女性オタクについて、もっといろいろわかると面白そうなんだけどなぁ……という気持ちがあるから、斜めに考えちゃうのかしらね。


次。


女性はなぜボーイズラブにハマるのか?(独女通信)


こういう記事を読むたびに、「そうねぇ……」と思えるところと「そうかなぁ……」と首を捻るところがあって、でも全般的には別に目新しいことを言ってるわけじゃないことに唸ってしまう。


結局のところ、「ハマる理由は人それぞれ」という「それを言っちゃあおしましよ」的な、でも一つの正解には違いない結論を再認識させられて終わり、みたいなね。


ここに挙げられている、腐女子2人とBL誌編集者の「BLにハマった理由」も、“彼女たちそれぞれの”理由だから、「そうねぇ……」と思うところがあったり「そうかなぁ……」と思うところがあるのは、当然なんだと思う。


ま、「それを言っちゃぁおしまいよ」的結論ではない理由を、あえて探りたくなる興味深さはあると思うけどさ。私だって過去(現在もか……)、ああでもないこうでもないと理屈をこねくり回していたし。


ただこの記事で、「おいおいおい!」と思ったのは、どうやらこの記事を書いたライターはBLを読んだことがないくせに、最後、「まだBL未体験の独女のみなささん、まずは手軽なケータイサイトで読んでみては?」と結んでいるところ。えええ、アナタも読んでみたらいいんじゃない!?


最後はこれ。


独女はレディコミ好き……!? その真相に迫る!(独女通信)


これを読んで、ほとんどの「レディコミ」の言葉を、「BL」に置き換えてもおかしくなさそうだと、妙に感心してしまった。特に最後のあたり。


「レディコミは女性向けのエロマンガですから、性描写が激しめじゃないとそう呼べないと思うんですよ。今やキスやベットインのシーンなんて、少女マンガでも当たり前ですからね。とはいえ、なかなか表現の規制がキビシイですけど。“ありそうなシチュエーションでありあえないセックス”がないとまずレデイコミ誌として成り立ちませんよね。上司と歳の差不倫とか、取引先の男性とこっそりオフィスで……とか、萌えるんですよ。雑誌不況といわれて、レディコミ業界どんどん休刊、廃刊が進んでいますが、電子書籍は元気ですね。もともと男性ほどおおっぴらにこういうものを読めないものですから、媒体としてネットでの展開が向いてるんですよね。」

愛実さんはレディコミ好きではあるものの、話題にすることはなく、レディコミの良さがわかってくれる人にだけ話すのだそうだ。「エロが好きってことを否定する女性は多いけど、本当はみんな興味あるでしょ?」と、愛実さん。これまで、書店やコンビニでは買いにくいと思っていたそうだが、今は電子書籍のほうにもハマっているそうだ。

冒頭では、ほとんどレディコミ好きと答える独女には出会えなかったと書いたが、実はナイショにしているだけで、こっそり読んでいる人も多いのかも……?


……ね?


――やっぱり、BLやレディコミ読者については、調査は難しいということかしらね。

関連記事

Tags: 小ネタ拾遺 腐女子 オタク

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。