女社会で働くのも大変だ

 12,2010 01:09
男社会、あるいは男性が圧倒的に多い職場で、女性が働くのは結構大変だよねぇ……とは、これまで何度かつぶやいてきたことだけれども。


その逆、女社会、あるいは女性が圧倒的に多い職場で、男性が働くのも大変なんだろうなぁ……と、思っていた。


戸惑うこととか面食らうこととか、憤ることとか凹むこととか、いろいろあってもおかしくなかろう。男社会で働く女性が、戸惑ったり面食らったり憤ったり凹んだりするように。


その想像は、あながちズレてはなかったんだなと思うことが、先日あった。


うわさ話的ネタなので、折りたたみます。
それは、取引先の社内事情を現ボスから聞いた時のことだった。


取引先は、現場スタッフの7割が女性という女社会。組織の上の方にいるお偉いさんは男性のようだが、実際に仕事を動かしているのはほぼ女性。


しかも、揃いも揃ってみなさん強気。物言いもキッパリ・バッサリ、容赦がない。たまにメールの文面を読んで、震えそうになるくらい。<大げさ


――良くいえば毅然としているけれど、悪くいえば潤いがない。でも仕事だし、同じ社内にいるわけじゃないですからね……それはそれでアリかなと思う。たまにムカつくけれど、ムダに潤いがあって仕事が進まないよりは、マシといえるのかも。


対して、数少ない男性スタッフについては、どこか頼りないんだよなぁ……と常々感じていた。押しが弱いというか、控えめすぎるというか。弱腰逃げ腰及び腰というか。物言いもソフトで、時にこちらを窺うような感じ。なんだかお行儀良くておとなしい室内犬みたい。


やっぱり周りが女性ばかりだと、あたりが柔らかくなっちゃうのかなぁ……。しかも周りの女性があんな感じだから、処世術のように控えめな態度を身につけていくのかしら……?


それとも、もともとそういう男性が採用・配属されているのかなぁ……などと、勝手に想像していたのだが。


「まったく、取引先の●●さん(男性)ってさ、ほんとにどうしたいのかがわからないのよねぇ。挙げ句、上司の■■さん(女性)に怒られちゃって、気の毒だけど仕方ないっていうかさぁ。やっぱりあそこは、男はダメね!」


という、現ボスのボヤキに、思わず反応してしまった。


「なんかこのごろ、男性が増えているようにも思えるんですが、気のせいなんでしょうか」

「まあ、私たちにはあまり関わりのないところには入れてるみたいね。でもね、あそこは男の人は難しいと思うわよ。女ばっかりだもの」

「たしかに、プライドの高そうな男の人は、やっていけなさそうですけど」

「そう。それに女に幻滅させられるというかさ。見たくないものを見せられるというかさ。結婚前の男の子には、キツいと思うわー」

「……でも現実を知ることができて、ある意味夢を持たずにすんでいいんじゃないですか?」

「いやいや、現実なんてあそこで知らなくてもいいと思うわよ。もうみんな、凹まされて心療内科に通ってるんだから! で、結局退職なのよ」


――退職者は多いと思っていたが、心療内科に通っている人がそんなに多いとは知らなかった!


もちろん、女社会で働くということだけが、ストレスになっているわけではないと思う。仕事の結果を求められたり、数字を課されたり、といったこともあるだろう。


それでも、あの女社会で働く男性たちは、気苦労が多いんだなぁ……と、妙にしんみりと思ったのだった。


――ま、彼らがどんなことで気苦労を感じたり、憤ったり凹んだりしているのかは、あんまりわからないのだけど。<冷たい


ところでBL作品で、主人公が女社会の職場で働いている作品って、あったっけ……?と、いろいろ思い出してみたのだけど。

棒投げ橋で待ってて (シャレード文庫)棒投げ橋で待ってて (シャレード文庫)
柚名 ハルヒ

二見書房 2004-11-27
売り上げランキング : 278757
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小児科病棟勤務の堅物看護師・雨市のもとへ、ある日突然、超お坊ちゃまの押しかけ女房がやってきた!幼い頃に一度だけ会ったことのある美貌の財閥御曹司・桜里は、生きがいを探すため、人並みの常識を教えてほしいと雨市に頼み込む。生活能力皆無のお坊ちゃまに庶民の暮らしぶりを教えながら日々を過ごすうち、桜里のことを可愛く思うようになる雨市。しかし、彼らのたどたどしい恋の行く手には、オヤジギャグ好きなハンサム小児科医・佐川や、桜里をとんでもなく溺愛する両親&二人の兄が立ちはだかる。堅物×お坊ちゃまの純情のゆくえは…!?大量書き下ろしの番外編は、おちゃらけドクター佐川と冷徹美形な桜里の兄・不律のスラップスティック・ラブ。

攻めの雨市は、女性が圧倒的に多い職種・看護師として働いている。同僚看護師はもちろん、女性。


同僚看護師とのやりとりが、楽しかった覚えアリ。たしか、雨市くんも同僚たちを見て、女性に過大な夢を抱いていなかったような


脱がない男〈上〉Don’t Worry Mamaシリーズ (ビーボーイノベルズ)脱がない男〈上〉Don’t Worry Mamaシリーズ (ビーボーイノベルズ)
志水 ゆき

リブレ出版 2007-03
売り上げランキング : 126123
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お洒落とはほど遠い学生生活を送ってきた甲斐谷は、大手化粧品会社に入って三年目。ふわりと甘い香りをさせる美貌の男・藤原が上司だ。仕事はできるし、付い合いたがる女の子は数知れぬ藤原だけど、甲斐谷には気障でイヤミな男としか思えない。おまけに新発売の男性化粧品をめぐって藤原と対立。そんな折、藤原がエッチの時にも決して服を脱がないという話を聞いて…!?

化粧品会社って、女社会じゃなかろうか。会社によって違うかしら?


藤原はともかく、甲斐谷は周りの女性たちに呆れられたり叱られたりしながら働いていた記憶があるなぁ……。


これはちょっと、女社会、とは違うかもしれないけど。

ハンサムは嫌い。 (ゲンキノベルズ)ハンサムは嫌い。 (ゲンキノベルズ)
杜山 まこ

ムービック 2002-05
売り上げランキング : 323605
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

色男には興味のない美容師の若葉は、どちらかというとショボイ男の世話を焼きたくなるタイプ。そんな若葉は、ハンサムだけどいいかげんなオーナーの真壁と事あるごとに対立していた。しかし新たな一面を知るうちに真壁のことが気になりだすが、想いは複雑に…「僕がなにしてもここをおっ勃たせたりするなよ!」勢いそんなことを口走る2人の意地の張り合いは、まるで恋にも似て!?不器用な大人の恋の行方と結末は―。

美容師業界は、女性が多いのかしら? ここで見てみると、6割くらいは女性みたいですね。


まあ、この作品は、美容師業界がどうこうというより、真壁が母と姉に頭が上がらない感じが、「女社会にいる男性」というイメージに結びついたのかも。


BL作品を思い出しながら、


――女社会で働く男性は、「どうしてオレは男なのに、女にこんな風に言われなくちゃいけないんだ!?」と思うような、ムダなプライドが高いとやっていけないね――


とあらためて思った。「棒投げ橋……」の雨市も、「脱がない……」の藤原や甲斐谷も、そんなプライドなんか関係なさそうだった気がするもの。


仮にそういうプライドを持っていたとしても、うまく包み隠せなくちゃ、すぐにポッキリと折れそうだ。


男社会の中の女性とか、女社会の男性とか、ある意味ハーレム状態と言えなくもないけれど(微苦笑)、気苦労が絶えず、気疲れして折れそうになるのは、そこが仕事の現場だからなのかしらね?


それとも、ハーレムの主も、わりと気疲れしているものなのかしら?


うーん、BLアラブの王子が、受けを可愛がりながらも、一方で気疲れしているかも、と想像すると……ちょっと笑えるね。
関連記事

Tags: ジェンダー フェミ? 小林典雅 木原音瀬 榎田尤利

Comment 4

2010.05.19
Wed
21:34

山水 #-

URL

はじめまして

lucindaさん初めまして。

内容の深さと文章の軽快さが好きで、いつも拝読しております。


女社会の中にいる男性…、実は私の仕事場もそのような環境でした。

今の仕事をして三年になるのですが、入った当初は仕事場(部署)に男性一人、後すべて女性という環境でした。

その男性(妻子あり)は20代で、性格としては温和で天然。

職場の女性たちからは「男性としてみてない」との発言もあり、男性の前で女子高のようなノリの(男性の前ではあまり出来ないような)会話が 休憩時間によく行われていました。
まぁ、男性もだんだん免疫ついたようですが(苦笑)

仕事時、女性たちは発言も行動もかなり積極的な人たちで、男性は自分の意見より、ほかの女性の意見に従っていました。
あまり男性が発言出来る雰囲気の職場ではないことは、新人だった私にもなんとな~く伝わってました。

その男性、ちょくちょく体の不調で休むことが多くなり(後からきいた話し、私が入る前にも休みがちなのはあった模様)、加えて精神的な理由で病院に通うとともに長期の休職、最終的には辞職されました。

仕事の他にも色々な理由があったようですが、lucindaさんの記事をみて、かなり共通する部分があると思い、初コメしてみました。

今は職場も男性が半分くらいに増えましたが、入った当初は女の私でも独特な女性社会に戸惑いが多かったので、男性には相当きつかっただろうなぁと改めて思います。


初コメで長文、失礼しました(汗)これからも一ブロガーとして拝読させていただきます♪

編集 | 返信 | 
2010.05.19
Wed
23:46

lucinda #-

URL

山水さん、はじめまして。コメントありがとうございます~。

コメントを拝見して、すごく似てるなぁ!と感心してしまいました。偶然なのか、それともありがちなことなのか……。不謹慎ですが、興味ありますね。

>男性の前で女子高のようなノリの(男性の前ではあまり出来ないような)会話が 休憩時間によく行われていました。
わー、わかります。以前、わたしがいた職場も、やはり女性が多かったんですが、生理の話とかしちゃって、これも一種のセクハラかパワハラなんじゃないかと、同僚と話してたことがあります。あはは…って笑い事じゃないんだけど。

長文でも短めでも、コメントは大歓迎しております(笑)。これからもよろしくお願いいたします!

編集 | 返信 | 
2010.06.07
Mon
03:35

もと #4pDgvQA2

URL

私の通ってる美容院、私とほぼ同年代の男の美容師さんが店長なんだけど、彼はとても「きのうなに食べた?」の矢吹に似てるんですよ、見た目とか物腰なんかもww
しかし、うちの娘と同級生の息子のパパでもあるんで、そこは全然違いますがw
この美容師さんの対女性スキル?の高さはすごいなと思いました。
職場はほぼ女の子だけど、自分が一番立場が上にも関わらず、女の子達には敬語なんですよね。
イラっとした態度も見せないし、とにかく女が多いだろうお客様の目を気にしてるのがよくわかる。
女の人に丁寧に接するというのは、それだけでかなり印象がいいものだなぁと、ここに通いだして感じるようになりました。
我儘な姉がいると聞いたけど、そういうのも関係してるんだろうか?と思ったり。
幼少から女に凹まされてる男って言うのは色々強いと勝手に思ってます。
自分が弟を押さえつけて来た経験からもw
弟はその中から学び取った何かがあったらしく、高校のバイトの頃から、職場では常にオバちゃんを味方につけ、毎回楽に仕事をしてたっぽいですから。
弟に言わせると、ただ単ににこやかに挨拶して、適当に話を合わせてただけらしいんですけどね。「でも挨拶すら出来ない奴、ホント多いんだよ。挨拶しときゃオバちゃんなんかチョロイのに」って言ってましたw 確かにw
ずっと男としてのプライドみたいなのを守って来てた人の方がこういう場合弱いかもしれないですね。
男兄弟の長男とかちょっと弱そうな印象。あくまでも周りを見た感想ですけどね。

編集 | 返信 | 
2010.06.08
Tue
22:52

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます~。こっちでは久しぶりですw

その美容師さんの物腰、目に浮かびますねぇ。つか、美容師ならではのところもあるかも。
幼少期から女に凹まされている男が強い、ってのは、まさにそのとおり。女性からやいのやいの言われてることに慣れていて、あんまり応えてない(苦笑)。
うちの弟も、おばちゃんには可愛がられてましたわ…そういえば。

良い意味で、女性にはこういう態度でいればいいってのが、わかっているんでしょうね。男は~じゃなきゃ、と一途に思い込んでいる男性は、しんどいと思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts