スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「非実在青少年」規制に感じる気持ち悪さ

 17,2010 23:23
東京都青少年育成条例改正案「非実在青少年」規制問題については、今もTwitterや掲示板、ブログなどあちこちで取りざたされている。


それらを時間のある時に追っかけていて、だんだん、この問題に対してわたしが感じる“気持ち悪さ”と“恐怖感”がハッキリしてきた。


まだまだ理解不足なところはあるけれど、わたしが目にした記事を引用しつつ、まとめてみた。


長いので、折りたたみます。この長さ、覚悟して!(のちほど縮める可能性あり)
1.“知らない間”にコトが進む恐ろしさ

正直なところ、もしもわたしがTwitterをのぞいていなかったら、この規制問題について知ることはなかった。


毎日ネットを使っているけれど、メディアのニュースではコトの重大さに気付かなかった可能性が高い。なにせ、「非実在青少年」ですよ? 何そのいかにも作り物っぽいぎこちない言葉? その言葉自体がヘタなマンガっぽいよ。


大体メディア自体、「東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える。」という、この問題についてのイベントが開催されなければ、いや、ネットでこの問題への関心が高まらなければ、もしかしてニュースとして報じなかったんじゃないかと勘繰りたくなるほど。


ネットをあちこちのぞいてみれば、この規制がいかに問題だらけかはすぐにわかる。でも、何かわたし、大きな問題に気付いていない気がするなぁ――というモヤモヤが一挙にスッキリしたのが、ヒトコさんのこの記事。

『非実在青少年』規制を考える-その2- (グラス・エイジ)

今回の東京都による青少年健全育成条例改正案で最も大きな問題点だと感じたのは、この案件を広く都民に知らせて合意を得よう、という姿勢が全く見られないことです。


本当にそう! まさにそう! その通り!


確かにメディアで大々的に報じられてはいなかったし、クリエイターやコンテンツ産業関係者など、作品を提供する人たちや有識者たちも、大きく取り上げてはいなかったかもしれない。


「グラス・エイジ」の「その3」の記事によると、議事録などをたどっていけば、都民が意見を言える場もあったという。


でもさ、ヒトコさんが書かれているように、これはよっぽど注意深くチェックしていないと、わからなかったんじゃなかろうか? (そもそも、こういう文書って言葉遣いや言い回しが硬くて小難しいので、気合入れないと読み通せない……わたしだけか)


憲法で定められている「表現の自由」を脅かしかねないこの規制を、都は都民に広くわかりやすく問うてみようとせず、「ま、反対もないし、いいんじゃね?」とばかりにヌルリと成立させようとしていたのかと思うと、心底恐ろしい。


かつて何度も聞いた、戦時下の言論統制を連想してしまって、社会全体がおかしなことになるんじゃないかとまで不安になってしまうのだ。


まさか、表現の自由を脅かす可能性に、現在指摘されるまで気付いていなかったというのかしら?


「だって議事録とか公開してるし、専門部会は公聴可能だったでしょ? それに気付かないのが悪いんだよ」と、都は主張するかもしれない。そうね、これからはそんな見落としがないように、ネットなどをしっかり見張らないといけないわね。


だけど、「日本のマンガやアニメは海外で大人気!」「秋葉原を観光地として紹介しよう」などとはしゃいでるなら、この規制が、金につながりそうな「マンガ」や「アニメ」や「秋葉原」に関係あるとわかるんじゃないの? しっかり稼ぐためにも、もっとわかりやすい言葉で是非を問うてもいいんじゃないの? と恨めしくボヤキたくなるのだった。



2.「良い」「悪い」の主観的判断の“気持ち悪さ”

この規制のことがTwitterで流れてから

「じゃー、源氏物語の若紫なんてアウトだよねー」

などというツイートがちょこちょこ流れていた(そもそも知事の小説だって、青少年が性行為を行ってるじゃん!というのもあった。確かに)


規制の対象は18歳未満の少年少女キャラの性的シーンや暴力的シーンだが、成人キャラでも「18歳未満と認識されれば」規制対象――という説明には、もう何度も、心の中で「それを一体誰が決めるんだ!? どういう基準で決めるんだ!?」と突っ込んだものだ。


作品が「良い」か「悪い」か、「健全」か「不健全」か、そんなことは判断する人の主観にすぎないもの。多数決で決めるにしたって、常にスッキリ決まるとも思えない。


しかし、15日のイベント後、ネットで「●●は良いんだって」「■■は対象外って言われたらしいよ?」というようなウワサをちょこちょこ目にして、めまいがしそうになった(●●、■■部分は作品名)


――それって、一体どういう判断のもと、OKとか対象外とかいってるわけ!? つか、ウワサに上がっている作品はどれも海外によく知られている作品だけど、ひょっとして、海外で評価されている作品・コンテンツならOKとかいうじゃないでしょうね!?

ソースが見つからなかったので、あくまでも「ウワサ」にすぎないと思います。わたしの気持ち悪さの理由を表現したかったため、作品名を伏字にしました。


つい最近まで、あちこちで“クール・ジャパン”などと浮かれていたくせに、どうしてその“クール・ジャパン”の足元を崩壊させるような規制を通そうとするのだろう? “クール・ジャパン”として挙げられている「名作」は例外とでもいうのかしら?――という割り切れなさが、なんとなくスッキリしたのが、この記事。


「非実在青少年問題」イベントレポート! 規制が孕む問題とは?(メンズサイゾー 下原直春)

行政に携わる役人や、観光学を専門とする学者などは、ゲームといえば『ポケモン』、アニメや漫画は『ドラえもん』やジブリ作品というイメージしか持ち合わせておらず、それを秋葉原の観光にどう活かすか──といった議論をしていたという話が挙げられた。森川氏は「秋葉原に来る人たちは、アダルトゲームであったり、同人誌であったりを買い求めに来るんですよ」といちいち説明しなければいけなかった。

<中略>

「健全な漫画家・メーカー・アニメスタジオが作った健全な作品を、健全な一般の人々が受け取り、ごく一部の悪質な漫画家・メーカー・アニメスタジオが教育に悪い作品を作り、犯罪を犯しそうな人々が受け取っている」という、前者と後者が分断され二極化した形になっているのだという。そのため、悪質なものを排除すれば、良いものだけが残って、輸出や観光にもプラスになると考えてしまっているというのだ。


15日のイベントのパネリストの一人、森川嘉一郎氏の発言を引用して説明されているのだが、ああ、そういうことか!と、ようやく腑に落ちた。なるほどね、「健全」な作品は「健全」なクリエイターが作り出す、と……。


バカじゃないの!?


作品の良し悪しがそんな単純なものではないことは、オタクたちは、いやマンガやアニメが好きな人たちはよく知っている。

法によって作品を規制し、有害である・不健全であるといったレッテルを貼ってしまうことで、悪い作品だけが消えるようなことには決してならないばかりか、漫画のみならず、関係性の深いアニメやゲームといった市場までもがズタズタにされてしまう可能性があり、また、そういった場から、優れた文化的達成を得た作品の萌芽が生まれることがある


と森川氏がおっしゃるように、「不健全」な作品を排除したところで、「健全」な作品ばかりにはならないことも、簡単に想像できるだろう。


「健全」「不健全」といった主観的な判断の滑稽さがしっかり表現されていて、思わずフキだしたのがこの記事。


まんが・条例のできるまで(1992年作品)(たけくまメモ 竹熊健太郎)


そうそう、こんな収拾のつかない事態になりかねないよね。


ところで現在、この規制について、一部報道で「先送りになる模様」と報じられているらしいのだけど、廃案になったわけじゃない。いつ復活するとも限らない。


ますますこれからも見守っていかなくちゃいけないと、改めて思ったのだった。


※この規制が、BLジャンルにどう影響を及ぼすかがわかりやすいこのサイト。規制のこともよくわかります。

『女性向け創作活動をしている人の為の、非実在青少年規制対策まとめサイト』


※メディアの中で(珍しく)わかりやすく規制についての危惧が書かれていたこの社説。

都の性描写規制 あまりに短絡的な発想だ(新潟日報社)

大手メディアは何やってんだ……。
関連記事

Tags: Twitter 非実在青少年

Comment - 4

2010.03.26
Fri
18:09

月読 #-

URL

お久しぶりです。
ワタシこの問題にようやく関心をもったというバカたれです。
つか全然しらなかったの!
これだけネットで遊んでいても、興味のあること以外検索しなければこれほどまでに情報に乗り遅れるかという見本になってしまいました。
お恥ずかしい(^^;)

これについて自分なりにもうちょいと勉強しなくちゃとおもってたんだけど、さすがlucindaさん、この問題とっつきやすく記事にしていらして助かりました♪
うーんなんか怖い世の中だ・・。
いろんな意味で怖いです~(^^;)

編集 | 返信 | 
2010.03.29
Mon
21:51

lucinda #-

URL

月読さん、お久しぶりです! こちらもご無沙汰&レス遅くてすみません。

この問題を知らなかった!って人、多いと思いますよ。ブログにも書いてますが、私もツイッターをしていなかったら知らないままだったと思いますもん。
記事からリンクしているまとめサイトなどを読むと、なるほどなぁーと思います…。

なんか同じような条例が大阪でも持ち上がっているらしく、ほんと怖いですよ……

編集 | 返信 | 
2010.10.05
Tue
08:34

漫画とか #-

URL

無意味
そんなもんよりガキの携帯だのを禁止すれば良い話
国は規制が甘すぎで
子供を守る子供を守るとほざくが仕掛けているのは子供
SNSだの
禁止すれば良い
確実に事件事故は減る

編集 | 返信 | 
2010.11.25
Thu
01:23

lucinda #-

URL

Re: タイトルなし

ずいぶん遅いレスになってしまいすみません。

まったくなんの規制や束縛がない方がいいとは思わないのですが、ガチガチに規制すればいいというのも、また何かしっくりきません。それほど難しい、というかデリケートな問題だと思います。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。