スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放水開始!~許可証をください!6 ~ (烏城あきら)

 28,2009 23:56
「待ってた、続編!」という期待においては、この作品をおいてほかにないだろう――というぐらい、待ちに待っていた「許可証をください!」。

最新刊の「放水開始!」は、前編を雑誌で読んでいただけに、その続きが気になって気になって……。

喜美津化学は無事ISOを取得できるのか?

弘と前原の関係は、前原の母に受け入れてもらえるのか?

徳永が口ごもっている矢野の「まずいこと」とは何なのか?

――もうドキドキしながらページを開いたのだった。

※レビューには、ネタバレも含みますのでご注意ください。


放水開始! ~許可証をください !6 ~  (二見シャレード文庫 う)放水開始! ~許可証をください !6 ~ (二見シャレード文庫 う)
文月 あつよ

二見書房 2009-11-24
売り上げランキング : 9710
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

取引先である大東亜有機の要請でISOの取得に乗り出した喜美津化学。実質的な先導役を務める弘はその膨大な作業に追われているが、悩みの種は遅々として進まない製造部の文書作成。ところが当の本人たちは弘の目を盗み、時を同じくして行われる消火競技会の練習に熱中。しかもプライベートでは前原が母・佐知子に弘との関係を明かしたことで、弘と佐知子は口もきけない気まずい状況が続いていて…。次々持ち上がる難題に煮詰まった弘に前原が施した解決方法とは。

毎度、濃密な、リアルという表現じゃ物足りなく思えるほど、弘や前原たちの仕事の描写が細かい「許可証をください!」だけど、今回も例に洩れず。

そして今回、これまでとちょっと違いを感じたのは、弘の苦悩が丁寧に追われていたことじゃなかろうか。

職場のISO取得に向けた準備は、おやじたちが消化訓練に現実逃避して遅々として進まないし

前原が母・佐知子に自分たちの関係をカミングアウトしてからというもの、佐知子は弘を避けているし

おまけに営業・徳永の極秘情報よると、ISO取得を要求してきた大東亜有機が、全取引を中止すると言ってきたというし

――こんな風に、仕事でもプライベートでも、弘は苦悩まみれ。どの苦悩もかなりヘビー。だって、「この先食べていけないかもしれない」という事態と、家族からの孤立の危機という事態が重なっているんだもの。

しかも、「この先どうすればいいんだろう」「この先どうなるんだろう」といった弘の不安や心配が緻密に描かれているせいか、それが読んでいてひたひたと伝わってきて、弘とともに、

――この状況、好転するということがあるんだろうか……!?――

とハラハラしてしまった。

でもね……やっぱりそういう弘を救うのは前原なのだ。

苦悩のままこの巻は終わるのかと思いきや、終盤、とうとう苦悩を打ち明けた弘を、前原は鮮やかに救い上げる。

「オヤジたちの前で、弘に消化訓練をさせる」というただそれだけで、オヤジたちはISO取得のための追い上げに取りかかり、おまけに弘は、自分の両親にも前原との関係を告白しようと前向きな気持ちになって、最終的に佐知子と和解(?)できるのだ。

前原ったら、本当にカッコいい攻めだよなぁ……。「俺がちゃんと調整してやる。おまえは気にせず好きに働け」って、そんな言葉、最高の殺し文句だから!

だけどこの作品が愛おしいと感じてしまうのは、前原だけが弘を支え助けているだけではなく、弘も前原を支え助けているのが、すごくよくわかるから。

そして、そうやってお互いに支えて助け合っているけれど、ヘタに相手に頼るのではなく、あくまでも自分の領分は自分で何とかする――というスタンスも、しっかり見える。この対等感、たまらない

今回は全編、弘視点で描かれていたせいか、弘が前原を助けているシーンは目立たなかったけれど、次巻はそういうシーンが、あるんじゃないかなぁ……。

ところで、弘の苦悩まみれな今巻だったけれど、かといって、読んでいて気が滅入るばかりだった……というわけではない。

いつものごとく、オヤジたちの様子などがユーモラスに描かれていて、読みながらニヤリとしてしまうことも多々あり。後輩のタキが登場すると、ホワーンと和やかな気分になったもんね。軽妙洒脱な烏城節、健在。

その「深刻なんだけどユーモラス」なムードは、弘の、両親へのカミングアウトシーンでも貫かれていて――母親の美代の勘違いっぷりはお約束かしら? この大騒動にクスクスと笑わされる。

だけど、その後、父親の純夫との会話で、弘と前原の関係を、決して両親(とくに純夫)はすぐに全面的に受け入れらるわけじゃない――と思い知らされる。

ラスト、佐知子は息子たちの関係をどうにか自分の中で消化しようという気になったようだが、弘の両親はこれからじゃなかろうか。

そして、大東亜有機の無体で一方的な宣告の行方も、まだわからない。

まさに、「待て、次巻!」――続きへの期待値は、読む前とまったく変化せずにマックスのまま、私の心の中に居座っているのだった。

――ホントに、次が、最終巻なの? 烏城センセイ……!?
関連記事

Tags: 烏城あきら 文月あつよ ガテン系BL

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。