スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【祝!小林典雅新刊】典雅ファン★バーチャル座談会<その2>

 08,2009 13:00
小林典雅さん新刊発売を記念&応援して、調子に乗って張り切ってブチ上げた「バーチャル座談会」。小林典雅大ファンたちの、作品への期待とは?

それでは<その2>をお楽しみください。

※この座談会は、小林典雅さんを応援する気持ちを込めていますが、作家の小林典雅さんと出版社には無関係のお遊び企画です。何卒ご承知おきください。



本好きはハマる可能性大!?


:<その1>で小林典雅作品の魅力を熱く語っていただきましたが、では、小林作品のファンになりそうな人って、どんな人だと思われます?

読み物好き、コメディ好きな人かな。そういう人なら、どの作品でも面白く読めるんじゃないかしら。

:私も、 ズバリ、本好きな人がファンになりそうだと思う。エロより何より"面白い本を読みたい!"という欲求を抱えている人とかね。

:エロ、薄いもんなぁ……。<遠い目

小林さんの作品は、アクションよりも、セリフや使用されている語彙のセンスで笑わせることも多いので、その面白さがダイレクトに伝わるオタク体質の人にも受けると思う。まずはお坊ちゃまが押しかけ女房として転がり込む、『棒投げ橋で待ってて』から挑戦していただくのがいいんじゃないでしょうか。

:なるほど~。じゃあ、小林作品はあんまり好きじゃないかも……と思われる人に、あえてオススメするとしたら、どの作品にされます?<意地悪。好きじゃないなら読まないだろうに……

:うーん、小林作品が好きじゃないタイプか……。

ベタベタな甘~い定番ものでないとダメって人や、BLをポルノ的に読んでいる人は楽しめないかも……。あえて言うなら青姦のある『老舗旅館に嫁に来い!』かなあ<自信なさそう

老舗旅館に嫁に来い! (シャレードパール文庫)老舗旅館に嫁に来い! (シャレードパール文庫)

二見書房 2007-10
売り上げランキング : 208270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小林作品の中ではエロのシチュが過激かも!?

でも、BLと思わずに読んでもらえるなら、いっそ『美男の達人』もいいかもしれない。

:たしかに! 『美男~』は、まずBLだという先入観(?)を捨てて読んでほしいですね。そして延々と繰り広げられる、男性のためのモテ講座の具体的な内容に笑って楽しんでいただければといいと思います。

美男の達人 (白泉社花丸文庫)美男の達人 (白泉社花丸文庫)

白泉社 2008-06-19
売り上げランキング : 159948

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BLの先入観を捨てるべし! 思わずうなずく言葉満載


もし、これからの小林作品に望むなら


:さて、では小林作品のこれからということで、今後、小林さんに書いてほしい作品って、どんなものでしょう? キャラとかシチュとか、何でも構いません。あ、あと、組んでほしいイラストレーターとかレーベルなんかもあれば、ぜひ。

:徹底的にベタな設定なのにどんどんBLとしてはズレていく話――あ、今までもそうか!?(笑)

:『棒投げ橋~』の佐川医師のような、ぬらりくらりとした食わせ者の変人攻めが登場するコメディを書いてほしいですねー

それと市場自体がとにかく狭いので、ニッチな作家として書きたいものだけ書き続けるのはなかなか大変かも……。私には今のままで十分面白いのですが、ファンを開拓する野望(!)のために、あえて望むなら、もう少しマニアックさを抑えて、誰にでもわかりやすい笑いを増やしてみてはどうかなと思います。

:私はあんまり設定に対する注文ってないんですよね。でもあえて希望を述べるなら、「もうエロは捨ててロマンス部分を強化しろ!」ってとこでしょうか……怒られるかもしれないけど……。

:きっと大丈夫!<無責任な励まし

ホロリとさせる部分をもうちょっとと、主カプ同士が魅かれあっていく過程をもっと盛りこんだら、エロ方面が多少アレでも多くの読者が納得できるんじゃないかな、と。面白さは間違いないから、そうするとあとはどうしてもLOVEの部分が問題になるんじゃないでしょうかね、BLとしては。

:なるほどね。

:それから、かねてより指摘されている"攻"の存在感の薄さについては仕方ないところもあると思います。

『棒投げ橋~』の兄カプ話のように、ほとんど一対一の会話で構成されるならともかく、複数のキャラで話を進める場合、全部のキャラで掛け合い漫才してたら強烈過ぎて典雅さんの持ち味が削がれちゃうんじゃないかしら。……すみません、素人が偉そうなことを……(汗)。

:全部のキャラが強烈だったら、この前見た、LGFFのスペイン映画みたいになっちゃいそう(笑)

:アハハ! そうそう、あれはスゴかったよね

えーっと、イラストレーターですが、新刊で組むことになった小椋ムクさんはかなりいいんじゃないかな。あとは真生るいすさんとか紺野キタさんとか、品のいい可愛いらしさがあるイラストが合う気がします。あと若干のおちゃめ成分も! それでいうと大和名瀬さんもアリかな?

:北畠あけ乃さんも似合いそう。

:レーベルは……うーん、イマイチよく分かんないけど……。花丸が本気らしいので、ほかはどこが合うというより、花丸同様、小林さんの持ち味を理解してくれるところがいいですね。どうしてもどこか挙げるならディアプラス? あるいはシリアスばかりが目に付くシャイだとどういう作品になるんだろう? とは考えます。

:ディアプラスは合ってるかも!

:もう、フリーダムに書かせてもらえるところなら、エロ系レーベル以外どこでもいいです。というか、読めるなら贅沢は言いませんよ、私は!(笑)


私たちが考える"小林典雅"像と
小林さんへのメッセージ



:話は変わりますが、小林典雅さんは現役ナースということなんですが、どんな人なんでしょうね? あとがきを読んでいると、すごくテキパキと仕事をこなされるんだろうけど、同僚やお友達にいろいろツッコまれちゃう、親しみやすい感じの人なのかなぁと、勝手に想像してるんですが。

:お茶目な人。で、サービス精神が旺盛!

:お洒落でユーモアのセンスもお持ちでしょう! でもそれはカモフラージュで、本当はもっと意外な正体があるような気が(笑)

大雑把いえ大らかなところと、偏執的に細かいことにこだわるところが同居している人じゃないかな……ファンなのにスミマセン!

でも、何といっても優しい人だと思います。だって、作品が温かいもん。

:作品のあの鋭い視点は、たしかに細かなところを見逃さないクールな観察眼のたまものかも。

なんだか小林さんは、作品の中で時々引用される「赤毛のアン」の作者、L.M.モンゴメリに似ている気がします。彼女も結構、周りの人を鋭く観察して作品に生かしている人なんですよ。

青い城 (角川文庫)青い城 (角川文庫)
谷口 由美子

角川グループパブリッシング 2009-02-25
売り上げランキング : 23712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

貧しい家庭でさびしい日々を送る内気な独身女、ヴァランシーに、以前受診していた医者から手紙が届く。そこには彼女の心臓が危機的状況にあり、余命1年と書かれていた…。悔いのない人生を送ろうと決意した彼女がとった、とんでもない行動とは!?ピリッと辛口のユーモアで彩られた、周到な伏線とどんでん返し。すべての夢見る女性に贈る、心温まる究極のハッピー・エンディング・ストーリー。

では、もし、小林典雅さんにメッセージを送るとしたら、どんなメッセージを送りたいですか?

:えっと……。ファンレターを出しているのでメッセージは送付済みだったりします(汗)。

:あ、そうだったんですね! ステキ!

:小林さんには、とにかく面白い作品を書いていただきたいです。もうそれだけです。

大好きです! とにかく書き続けてください! 貴方には才能があるんだから!!

:最後に、8月20日発売の新刊について、出版社からの回し者なわけではないんですが(笑)、お二人からオススメメッセージお願いします。

どこかで読んだことのあるような定番のBL本に飽きている方は、ぜひ小林さんの本を手にとって見てください!

:面白さは保証付き!と言いたいんだけど、私も新刊への期待(<典雅さん!)と、ちょっぴりの不安(<花丸ぅ…)でドキドキです。皆さんもぜひ、ご購読されてお確かめください!

:雑誌掲載分に加えての書き下ろしが楽しみですよねー!!

今日はお忙しいところ、ありがとうございました!



いかがだったでしょうか? 勝手に盛り上がってやっちまった座談会。それにしてもこうして見てみると、小林典雅さんを好きすぎる暑苦しい発言がいっぱいですなぁ……。

小林作品を偏愛するあまりの、自己満足的な試みでしたが、もしもこれを読んで小林作品に興味を持ってくださったなら、張り切った甲斐があったというもの。もうそれだけで幸せです。そしてよろしければ新作の感想を語りあいましょう――ブログで。あるいは妄想で。<え!?

なお、アラスカさんと黒ニコさんのブログで公開されている小林典雅さん新刊発売記念&応援企画はこちらですよ~!

小林典雅さんの単行本未収録作品(「四十路のBL読書日記」)
単行本未収録の雑誌掲載作品の紹介。典雅ファンは見るべし!

典雅さんだよ、全員集合!!(「BLパンチドランカーとはずがたり」)
小林典雅作品がいかにステキかをアピールするコピー大募集中。典雅さんへの愛をぶつけよう! バナーも配布中。

いやー、しかし、今回の対談は楽しかった! アラスカさん、黒ニコさん、ありがとうございました。またそのうち、こんな楽しいことができればいいなと思っています。それでは8月20日の新刊発売を楽しみに――アディオス!

※3つのブログの小林典雅レビューページ※
■『四十路のBL読書日記』
棒投げ橋で待ってて
老舗旅館に嫁に来い!
美男の達人

■『BLパンチドランカーとはずがたり』
美男の達人

■30半ばにしてやおいにハマる
棒投げ橋で待ってて
老舗旅館に嫁に来い!
美男の達人

関連記事

Tags: 小林典雅 腐友 腐女mtg オフ 祝!小林典雅新刊

Comment - 4

2009.08.09
Sun
06:23

アラスカ #-

URL

私達が個々に書いたアンケートの返答を、文章のリズムを考慮しながら対談風に書き起こすという職人技を見せていただき、今回は本当に感動いたしました。(工場見学に行った小学生みたいな気分)
みんなの布教活動が実を結んで、本を手にとって下さる方が一人でも増えたら嬉しいです。

PS.モンゴメリ『青い城』面白そうですね。今度読んでみます。

編集 | 返信 | 
2009.08.09
Sun
12:15

lucinda #-

URL

きょ、恐縮でございます……!
もうほんと、アラスカさんと黒ニコさんには大感謝です。ありがとうございました! 本当に、典雅さんファンが増えるといいなぁ…!

「青い城」、ロマンチックなラブストーリーではあるのですが、主人公をとりまく親戚の描写が、結構辛口で面白いんです。今回文庫になっているのを初めて知ったのですが、わたしが読んだ「ニュー・モンゴメリ・ブックス」の「もつれた蜘蛛の巣」も、辛口描写がステキです(ちなみに「青い城」の訳者は、文庫も単行本も同じ方のようです)。
http://d.hatena.ne.jp/suetsumuhana/20090408/1239188101

編集 | 返信 | 
2009.08.10
Mon
00:15

黒ニコ #4GPViago

URL

お声を掛けていただき、ありがとうございました。
>職人技
私も堪能しました(笑)。
ただ自分の発言が暑苦しいんじゃないか、お囃子が賑やか過ぎてるんじゃないかと不安も過ぎります(滝汗)。
読んでくださった方の腰が、かえって引けないといいのですが(心配性)。

あとは楽しくて素敵な本が出来上がることを祈るばかりです。
そうすれば自ずとファンは増えてくれるでしょう!

編集 | 返信 | 
2009.08.10
Mon
14:34

lucinda #-

URL

いろいろお世話になりました。ありがとうございます!

暑苦しさや賑やかさはお互いさまですよ~。読んでくださった人の感想は……わかりませんけど……。まあ、偏愛ってことで、許してくださるのではないでしょうか。多分。

発売まであと少しですねー。表紙も楽しみ。発売日に現物を手にしたいものです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。