スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同戦線は甘くない!(鳩村衣杏)

 24,2009 14:27
先日、仕事で渋谷に行ったので、ついでに本を買って帰ろうと書店に入ったのだが、BLも含め、買おうと思っていた本が何冊か見つからず、ちょっとガッカリしてしまった。

渋谷――どうも個人的には、だらけとかブクオフとか、中古本を買うのには重宝するんだけど、そうでない本(とくにBLとか非BLマンガとか)は、あんまり品揃えがよくない気がする……。

新宿は、中古本を手に入れるのは難しいけど、新刊などを買うのはわりと便利。

そう考えると、池袋や秋葉原って、中古も新刊も一度に買えて、やっぱりヲタには便利な町なんだなぁ……と改めて納得。

さて、これはいつものヲタ系書店でゲットしてきた、鳩村衣杏さんの新作。久々に鳩村さんらしい……と思ったのだった。

ネタバレを含むので折りたたみます。
共同戦線は甘くない! (キャラ文庫)共同戦線は甘くない! (キャラ文庫)
桜城やや

徳間書店 2009-06-25
売り上げランキング : 9287
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同い歳で同じ名前、なのに顔も成績も女子の人気も負けっぱなし!?浅羽佑が仕事先で再会したのは、大学時代のライバル・柘植匡。二度と会いたくない男だったのに、業務提携で新商品の開発をすることに。しかも手違いで同居するハメになり!?意外と天然で男気もあるけれど、料理も掃除も全くダメ―初めて知るライバルの素顔に惹かれ始めて!?課長同士の恋愛攻防戦スタート。

“鳩村さんらしい”と思ったポイントは、ただもう、洋菓子屋とパン屋という仕事についてしっかり描写されていたから。しかも、「地方の小さな人気洋菓子屋」と、「大手の製パンメーカー」という、それぞれの背景を含めて対比させているところが技アリ

もちろん、菓子職人とパン職人の仕事への取り組み方の違いなど、ちょっとウンチクっぽい要素が入っているのも、鳩村作品という感じだ。

大手メーカーと業務提携したら、そりゃあもちろん店の名前も売れて、商品もそこそこ売れるだろう。だけどこれまで培ってきた小さな洋菓子店ならではのこだわりまでは振り捨てたくないという、洋菓子店側の浅羽の意地には、わかるなぁ……とうなずき――。

かたや、突然業務提携の担当となって引継ぎが不十分な中、洋菓子店側との関係改善に努めつつ、しかし自社の要求を簡単に捨てない製パンメーカー側の柘植の老獪さには、ほほう……と唸る。

この仕事上の関係に、浅羽と柘植の、因縁浅からぬ学生時代の関係(どうも浅羽が、好きな女性が柘植とつきあっていたということで、勝手に柘植をライバル視しているみたい)が重なっているのだ。読んでいてワクワクしないわけがない。

そして、わたしとしてはもうすごくポイントが高かったのが、浅羽と柘植の、どうも色っぽいムードにならないもどかしい関係。お互いの気持ちは認め合っているのに、いざコトに及ぼうとすると、緊張のあまり笑いがとまらなかったり(浅葉)、過呼吸になったり(浅葉)、言葉のアヤで気まずく別れたり(柘植)、すんなり前に進めないのだ。

お互い35歳で、同性を好きになったのも初めてで、学生時代の友人で、今じゃ仕事仲間で――って、そりゃなんだか照れくさいようなこっ恥ずかしいような気持ちになるのは無理もなかろう……と、笑いながら同情したのだった。

何やら、密林でのレビュー評価が意外に低くてびっくりしたのだが……。うーむ、浅葉と柘植の関係に、確かにロマンティックな甘さはないので、そういうムードを求めると物足りないのかも。でも、イイ年した2人が照れながらも必死な様子って、想像したらカワイくちょっと滑稽ながら、適度に現実的で、わたしは気に入っている。

作品の中で、業務提携は完結していない。だから、結果的にどんなお菓子ができたのかは謎なのだが、これもウマい終わり方だと思う。

浅葉と柘植は何とかまとまったけど、パティシエの小清水と、柘植の部下・仙達も、どうやら何やらいろいろある様子。この2人について、いつかどこかで書かれる予定なのかしらね。ちょっと期待。

#密林の、「商品の説明」の部分を見てフキ出した。だってさ、ただ一言、「ボーイズラブ」としか書かれていないんだもの!
0724.jpg
そのぶっきらぼうなまでのそっけなさが笑える。登録時、慌てていたのかなぁ……。
関連記事

Tags: 鳩村衣杏 桜城やや リーマン

Comment - 4

2009.07.26
Sun
10:48

秋林 瑞佳 #hMgDs1Uk

URL

そうなんですよね

こんにちは。
以前…ちょっと前ですが、英訳BLでリンク頂いた「ロテンシス」の秋林と申します(「30半ばにして~」さんからリンクで来ました~という方からメール頂いたのです)。

>密林でのレビュー評価が意外に低くてびっくりしたのだが……。
私もビックリしました。やはりリーマンものでも主人公が35歳とゆーのは、30代にしかわからない、20代以下にはわからない/そそられない「なにか」があるのか?とまで思ってしまいました。ま、確かに甘さがないのかもしれませんが、砂糖みたいな甘さではなく、たまには味のあるみりんでもいいんじゃないと思うんですけどね…。

あ、あとリンクさせて頂いていいのかわからず…すみません、リンクのご連絡だけさせて頂きます。

編集 | 返信 | 
2009.07.27
Mon
01:19

lucinda #-

URL

秋林さん、コメントありがとうございます。
密林レビューの低さ、びっくりしますよねぇ! 年齢によるものなのか、それとも“甘さ”の程度への好みによるものなのか……。「味のあるみりん」、渋くちょっとマニアックな感じの喩えでステキです。

リンクのご報告もありがとうございます。わたし、以前、秋林さんのブログを引用させていただきたくて、コメントやメールでお知らせしようとしたのですが、禁止ワードにひっかかるということで、何をやっても送れなかったんです……・涙。何がダメだったのか……。後ほど、また秋林さんのブログにお邪魔しますが、わたしからもリンクさせてくださーい!……と、ここで念のためお願いさせていただきます。これからもよろしくお願いいたします。

編集 | 返信 | 
2009.07.27
Mon
19:25

秋林 瑞佳 #hMgDs1Uk

URL

>禁止ワードにひっかかるということで、何をやっても送れなかったんです。
ぎゃあああああああ!!すみませんっ!
lucindaさんはまーったくお悪くないですーっ!

実はいっとき、あんまりにもコメントスパムが多くてイヤになってしまい…でも「コメント承認制」はできるだけ避けたい、なんとかスパムだけ撃退できないものか…と思っていたら、「禁止ワードに『http』を入れると、まったくこなくなるよー」とアドバイス頂いたので、「http」を禁止ワードにしていたんです。

そしたら純粋なリンクご連絡まで不可になってしまったとゆー…本当に申し訳ございませんした…トホホ。

というわけで、今はもう大丈夫です、ご迷惑お掛けしました(いい勉強になりました…)。

あ、それと遅くなりましたが…いつもこちらの更新を楽しみにしております。もともと私は映画系の人間ということもあって、lucindaさんの映画に関するテキストも楽しく拝見致しております♪

編集 | 返信 | 
2009.07.27
Mon
22:49

lucinda #-

URL

わざわざありがとうございます~!
さきほど、さっそくコメントを残してきました(笑)。コメントスパム、認証制をとっていても、なぜか入ってきますよね。一体ヤツらはどうやって忍び込むのか……。

映画について…ありがとうございます。もっとガシガシ見たいんですけどねぇ。秋林さんのブログ、また遊びに行かせていただきますね!これからもよろしくお願いいたします。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。