スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キビキビ働くガテン系はカッコイイのだ

 02,2009 23:51
妹スウ一家の引越しを手伝ってきた。この引越しまでのアレコレが、先日の“ヤマ場”の一つでもあったわけです。引越しは、自分のも他人のも大変だよ。

さて、新居に必要なものを近くのスーパーに買い出しに行って戻ってみたら、すでに引越し業者のトラックが横付けされていて、スウとともにビックリ! どうやら予定よりも早く到着し、10分くらい待たせた模様。「すみません~!」と焦りながら挨拶するわたしたちに、お兄さんたちはさわやかに手を振り、着々と荷物を運び始めたのだった。

今回は4人の男性スタッフが担当してくれたのだけど、全員20代半ば~30代初めぐらい。しかも心なしかイケメン率が高くて、わたしの時とは全然違うなぁ……心の中で唸る。いや、わたしの時もいい人だったけどさ。

なかでもリーダーらしい男性は、ちょっと昔の柳●敏郎似で、体全体にいい筋肉がついている感じ。BLでよく、「無駄のない引き締まった体つき」という表現が出てくるけど、まさにそんな風……って、何を見ているのかってハナシですね。

柳●さんはいろいろとチェックしながら、「これはどちらに置きましょうか?」と終始笑顔でスウに尋ねたり、「オモチャだ!」とはしゃぐ姪に愛想をふりまいたり、「こっち降ろすからそっちのドアに気をつけて」などとほかのスタッフにてきぱきと指示を出していて、いやーよく気がつくこと。

ほかのスタッフたちも黙々とテーブルを組み立てたり、段ボールをわかりやすく置いてくれたりと大活躍なのだが、段ボールを運ぶ時は、基本的に彼らは駆け足なんですね。まるで宅急便の人みたい。まさか、「荷物を運ぶ時は駆け足で!」みたいなルールがあるんだろうか?

あれよあれよという間に荷物は運び込まれ、1時間ちょっとで引越し作業は終了。プロってすごいね!

最後にはサービスとかで、床に防音クッションを敷く手伝いまでしてくれ、スウやわたしだけでなく、スウのお姑さんをも「いやー、今ごろの引越し屋さんて丁寧なのねぇ!」と感心させ、「ありがとうございましたっ!」と深いお辞儀とともに、笑顔&駆け足で帰って行ったのだった。最後までさわやかだよ……!

彼らが帰った後に段ボールを開けようと持ち上げてみると、結構な重さによろめきそうになる。これを持って走るって、どんだけ力持ちなのかと、また感心。

いやぁ、久しぶりにキビキビと無駄なく働くガテン系の男たちを間近で見られて、満足。しかもイケメン揃いで眼福。職業に男女差別はよくないとわかっていても、男性のイメージがステレオタイプに縛られていると批判されようと、力の強さとスピードが要求される仕事をこなす姿を見ていると、“男”って感じがするなぁ……と思ってしまう。

荷物をほどいて片付けながら、「今日のお兄さんたち、仕事が早かったよね」「アルバイトとかもいるのかな」などと、柳●さんたち4人の話題でずっともちきりな、スウとお姑さんとわたしなのだった。ああ、ああいう兄弟や息子がいたら頼もしいだろうなぁ……<息子なのかよ!?
関連記事

Tags: ガテン 日常の萌え 日々の妄想 ジェンダー

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。