スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり早すぎる

 27,2009 23:39
栗本薫/中島梓さんが亡くなられたというニュースを知って、驚いた。まだ56歳なのに……! 昨年は氷室冴子さんの死に呆然としたけれど、彼女も享年51歳だった。平均寿命80代の時代に、それはあまりにも早く思えて仕方がない。

ネットのニュースでは「グイン・サーガ」が未完に終わったことを悲しむ記事が目立っていたけれど――実際、先輩ズも真っ先に思ったのはそこらしく、vivian先輩によると、「栗本薫が亡くなったって……! どうなるんだろう、グイン・サーガ!?」と、miriam先輩と携帯メールでやりとりしたらしい。作者の死と同時にその作品の行方をも悼んだ人は全国にたくさんいたに違いない。

わたしにとっては、BLにハマった初め頃に読んだ「タナトスの子供たち」がものすごく印象深い。ちょっと前に実施したアンケートの「腐女子の第一子長女率の高さ」のヒントというか元ネタも、ここから頂戴したしね。ネットのニュースの中に、「若手を育てようという気持ちの強い作家」というコメントがあったのだけど、確かに、かつて「小説 JUNE」で「小説道場」を主催されていたもんなぁ……! なんだか、昨年の氷室冴子さんといい、ライトノベルズの先駆者的な人が亡くなっているような気がする。こうしてまた時代が変わるのかなぁ……などと思ったりして。

ところで先輩ズはこの夏~秋にかけて、ご贔屓のV●のライブへ繰り出そうと計画中らしい。しかし地方で開催されるラスト公演が、なんとハボロイオンリーイベントと重なり、「どっちを選ぶ~!?」と本気で悩んでいるんだとか。

「でもさ、オンリーで買えなくても、その後のイベントとか冬コミで買えるかもしれないし」
「だけどオンリーでしか買えない本もあるじゃない?」
「ねね、イベントに午前中出て、その後ライブに行けないかな?」

――そんな悩ましい話し合いが続けられているという。先輩たち、相変わらずアツいですね! てか、萌え萌えでまぶしいくらいッス!

こういう腐女子たちの右往左往ぶりを、栗本薫さんは微笑みながらご覧になっているんじゃないかしら――勝手な想像だけど。

栗本薫さんのご冥福を心からお祈りします。
関連記事

Tags: 中島梓 腐女子

Comment - 6

2009.05.28
Thu
09:44

森 #KKCKsE6M

URL

本当にこの訃報には驚きました。残念でなりませんね。
私たち世代の今の礎の一部になっている方の逝去には、やはりひとつの区切りみたいなものを感じてしまうのはいた仕方のないことなんでしょうか……
私もlucindaさんと一緒で、氷室先生のときも唖然としましたが、今回も然りです。早すぎですよ…
当時は腐女子なんて言葉も、もちろんBLなどという洒落た言葉もなく、ただただ少年愛や同性愛の背徳感や不可侵的な美しさに憧れときめいていた時代を懐かしく感じます。
「グイン~」をはじめ、まだまだ色々と書いてほしい作家さんでした。
ご冥福をお祈りします。

編集 | 返信 | 
2009.05.28
Thu
15:09

lucinda #-

URL

>私たち世代の今の礎の一部になっている方の逝去には、やはりひとつの区切りみたいなものを感じてしまう
本当にそうですね。60も迎えずお亡くなりになるなんて、いろいろストレスもすごかったのかなぁとか、ついつい考えてしまいます。

わたし、栗本薫作品は、特にシリーズものは残念ながら途中から読んでいないものが多いのですが、それでもあの旺盛な創作意欲はすごい、と思っていました。「小説道場」出身のBL作家さんの活躍も目覚しいですし……。残念ですよね、本当に。

編集 | 返信 | 
2009.05.29
Fri
23:59

茉莉 #-

URL

私は、(普通の作家だと思ってたのに)ルビー文庫創刊時の看板作家になってて驚愕したことを思い出します。作品自体にははまることはなかったですが、まさにBLを生み育てた母親の1人って感じでしたね。寂しい気持ちで一杯です。
「タナトス~」も「コミュニケーション不全症候群(タイトルうろ覚えですが)」もだいぶ前に読んでいたのを、例の『第1子長女説』のチャットにもちらっと話にでた後で読み直したりしていたのですが、共感できるところもできないところも含めて、初めて自分とBL(もしくはやおい)やフェミニズム的な関連を考えさせてくれた人だったかもしれません・・・。


編集 | 返信 | 
2009.05.30
Sat
12:04

lucinda #-

URL

ルビー文庫創刊時にも執筆されていたんですね。
>初めて自分とBL(もしくはやおい)やフェミニズム的な関連を考えさせてくれた人
わたしにとっても、そうかもしれません。文章から堂々とした感じ…というか、自信にあふれている感じが受け取られ、ちょっと戸惑うもありましたが、やはりBLを育てた一人、でしょうね。

編集 | 返信 | 
2009.06.03
Wed
01:25

みどりん #-

URL

となりの801ちゃんが

となりの801ちゃんブログで801ちゃん本人が栗本御大とJUN小説について語った文章が秀逸でした。
801ちゃんについての見方が正直かわりました。
特に二日目のほう。
未読でしたらぜひ。

編集 | 返信 | 
2009.06.03
Wed
03:10

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます。
へぇー、そうなんですね。今度見てみます。
情報ありがとうございます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。