スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパコミでお手伝い

 03,2009 23:23
スパコミに参加してきた。

わたしが参加するイベントといえば、目当てのジャンル(オリジナルJUNE)の参加サークル数と仕事の兼ね合いとで、ここしばらくは夏冬のコミケとJ庭が定番だったのだが、4月末にvivian先輩から、

「スパコミにサークル参加する友達が、仕事が忙しすぎて行けないかもしれないから、売り子を手伝ってくれない?」

とお誘いがあったので、急遽初参加となったのだ。

――サークルの店開きから手伝うなんて、初めて!――

去年の夏コミで、サークルお手伝いを経験したものの、あの時はベテラン売り子さんたちがチャッチャと仕事をこなしていて、わたしができることはほとんどなかった。でも今回はいろいろ手伝えるかも……!と、前日からワクワク。

実際、手伝いはともかく、「サークル参加って、こういう感じなのかぁ!」といろいろ感心してきた。

だらだらと長くなったので、折りたたみます。
■スペース設営&撤収は挨拶に始まり、挨拶で終わる
割り当てられたスペースに行くと、左隣のサークルさんはすでに到着。vivian先輩は「おはようございます~! 今日はよろしくお願いいたします~!」とにこやかに挨拶。わたしも慌てて挨拶する。もちろん、右隣のサークルさんが到着した時も、同じように挨拶。

これはイベント撤収時も同じことで、すべて片付け終わったら、これまたにこやかに「今日はありがとうございました~! お先に失礼します~!」などと挨拶してその場を後にするのだ。挨拶は人間関係の基本――とはいえ、ソロッとやって来て、黙々と設営して、コッソリと退去する……なんて行動は許されそうにない雰囲気が、ちょっと興味深い。

今回割り当てられたスペース周辺は女性ばかりだったのだけど、男性率の高いスペースでも、“挨拶徹底”なのかしら?

腐にハマる前、オタクの人たちが、オタク同士での会話でやたらと丁寧語を使うことに、感心しつつも微かな違和感を感じていたのだが、その“丁寧語会話”の一端を見た、ような気がしないでもない。

■チラシはむやみに捨てちゃダメ
割り当てスペースに到着すると、机の上にイスが載せられ、その上にさらに、まるでマンションの集合ポスト付近のように、さまざまなチラシが乱雑に配布されている風景が真っ先に目に入る。なんだかもう、さっさとまとめて捨てなくちゃ!と思ってしまうような、荒んだ光景なのだけど。

「それ、オンリー系チラシと印刷会社のチラシとに分けてくれる? Rちゃん(vivian先輩の友人で、今回お手伝いするサークルの責任者)が後で見ると思うから」

と、vivian先輩の指令が飛んできて驚いた。そうね、ここはマンションじゃなくてイベント会場だもんね。どんなに乱雑に投げ置かれていても、イベント関連のチラシしかないはずだもんね……と、妙に納得。

「来られないかも~」と言っていたRさんはなんとか参加できることになり、やや遅れて会場にやって来たのだが、まとめたチラシをチェックして、カバンに入れていた。

■スペース区域ははみ出し厳禁!
とにかく、「割り当てられたスペースの使用区域はキッチリ守る!」のは鉄則らしく――テーブルクロスを、割り当てスペース内に収まるようにテーブルに敷かなくちゃならないし、コピー本製作作業も、本や文房具や作業する人間が、割り当てスペースからはみ出ないように気をつけなくてはならない(はみ出たら即、先輩から注意が飛んでくる!)。もちろん、イベント開始後も、売り子さんはスペース内に収まるようにスタンバイして、お客さんとやりとりするのだ。

なんだかこの感じ、小学校で先生や日直さんが唱えていた「机はキチンと並べましょう」を思い出すなぁ……!

■“差し入れ”でコミュニケーション
これまでもvivian先輩は、「今日は●●さんに挨拶に行くから、クッキーを買ってきたのー!」などと、訪問するサークルのために差し入れを用意していたものだが(miriam先輩も午後にお菓子を差し入れにやってきた)、実際にスペースに座っていると、サークル責任者の友人やファンが遊びに来る時はもちろん、近所のサークルさんからも、

「これ、どうぞ」

とお菓子などをいただいたりして、ちょっぴり和やかムード。もらいっぱなしもアレかと、こちらからも持ってきていたお菓子をおすそ分けしたりして、これはまるで小さなご近所づきあい。

――というか、これまで挙げた“感心ポイント”のほぼすべてが、よーく考えてみると、“ご近所づきあい”の縮小版みたいなものだ。でもこういう暗黙のルールが徹底しているおかげで、あんなに大勢の人間が参加するイベントでも、大きな混乱やトラブルが発生しないのかもしれないなぁ……。

それにしても、Rさん、仕事で徹夜が続いているらしく、見るからにお疲れのご様子だったにも関わらず、「コピー本なんだけど……」と、新刊を用意していたのだ! Rさんだけに限らず、仕事をしながら(それも激務)本を作り、イベント参加をするって、本当にすごいとしか言いようがない。商業誌で活躍しているBL作家さんたちだって、作家業はほかの仕事と兼業で、しかも同人誌を作って……という人は結構多いし――その意欲や気力は、どこから湧いてくるんだろう……<最近めっきり体力の衰えを感じているわたしの心のつぶやき

さて、スパコミには、目当てのサークルはほとんど参加しておらず、「やっぱりオリJUNEはJ庭かコミケ参加が多いのね……」と寂しく実感していたのだが、諦めずにvivian先輩が買ったパンフをめくっていたら――。

鉄道擬人化のサークルの多さに心底ビビる。何しろほぼ3ページ分、あったもんね。もう鉄道擬人化は、一つのジャンルじゃなかろうか。

スポーツジャンルには野球を扱っているサークルがいくつかあったものの……チーム名がアルファベットの略称だわ、 選手は名前でなく背番号で表されているわで、ちょっとした暗号のよう。それでも、どうやらイ●ロ●とWBC出場メンバーが登場するらしい同人誌を発見し、ゲットしてきた。実際にスポーツジャンル付近をのぞいてみると、このブログでネタにしてきた選手の本をいくつか発見し、これは夏コミでもチェックしなくちゃ!と、俄然気合いが入る。

vivian先輩は、「事前にサークルチェックしようと思ったのに、パンフがどこも売り切れていてー!」と嘆いていたけれど、当日手に入れたパンフを超ッ速でチェックして、ものの20分ぐらいで「まわりたいサークルリスト」を作っていた。さ・す・が・……!

ところで、このごろイベントに参加するたびに、ブログでお世話になっている人にお会いしているが、今回は、あねこさんとaya-meさん、白桔梗さん(表記が違っていたらすみません)にご挨拶してきた。15分くらい、立ち話しましたかね。「オリJUNEは少ないねー」とみんなでしんみりうなずきあったものの、気になるサークル情報を仕入れてホクホクと買い物に役立ててきた。持つべきものは、腐仲間だね。

GWはボソボソと仕事かなぁ……などと思っていたけれど、スパコミ初参加で、ちょっと休日気分を味わえたような。そして、オタクの階段をまた一歩、上ったのかもね、わたし――。
関連記事

Tags: イベントレポート

Comment - 6

2009.05.06
Wed
02:35

乱菊 #pMXl.iIs

URL

擬人化が増えてきていると知り、ほくそ笑んでいる私です。
鉄道はそんなに興味無いんですが、基本的に無機物擬人化が大好きなんで、いい傾向だと。ムフフフフ
来月インテで開催される擬人化祭りが楽しみです!

ところでサークル参加は「ご近所づきあい”の縮小版みたいなものだ」と仰ってましたが・・・本当にその通りだと思いますよ。
だからそういうのが向いてない人には、少々辛い場になってしまうこともあるんですよねえ。
他人と特に仲良くなるために参加しているんじゃないっていうか、対人スキルも人それぞれなので、どこまで踏み込んでいいのだろうか・・・とか、色々悩んじゃって、それで疲れ果てて参加から遠のいていってしまう人もいるみたいです。
難しいですよね(-ω-;)ウーン

私は後輩のスペースに手伝い(というか休憩?)に行った時は、よく分からずに周囲ににこやかに挨拶していたら、後輩から「すごいです~」と言われてしまい・・・後輩は色々と考え込むタイプなのですが、私は仕事と同じモードに入ってしまうんで、愛想良くするのも意外と平気・・・というか。
ああ、こういう温度差から色んな誤解やすれ違い、そして軋轢を生むんだなあと。
まさにご近所づきあいというか村社会の縮図でよね。

なんて、lucindaさんの記事を読みながら考えてしまいました。

編集 | 返信 | 
2009.05.06
Wed
17:40

lucinda #-

URL

ご近所づきあいみたいなつきあいは向いてない人は、確かにサークル参加は辛いかもですねぇ……。オタクっていうと、人付き合いが苦手なイメージをもたれているところってあると思うけど……あ、もしかしたらそういう、マチマチな対人スキルを補おうと、丁寧語会話とかサークル参加のルールみたいなのが出来上がっているのかもしれないなぁ……、と今思いました。考え過ぎ?

>ああ、こういう温度差から色んな誤解やすれ違い、そして軋轢を生むんだなあと。
むむむ、本当に村社会、どころか社会の縮図って感じ!

擬人化は、鉄道が圧倒的に多かったですが、携帯電話とかうま○棒とかあって、パンフを見ていて思わず吹き出しました。どこまでいく、擬人化!?

編集 | 返信 | 
2009.05.09
Sat
00:45

茉莉 #-

URL

私も6年くらい前まではしょっちゅう売り子してましたよ!
結構楽しいですよね。サークル入場すると楽ですし(これが本音)。
お手伝いをはじめたのが学生時代でたくさん売り子がいる大きなサークルで、本屋でバイトしているような感覚でしたが(お礼のお金もいただいてました)、いま社会人になって思うとまさに社会の縮図として勉強になっていたのかも?
暗号は特にナマモノジャンルではおなじみですよね。
某男性アイドル事務所のジャンルにはまっていたので、当時はそれ系の暗号解読には自信(?)があったのですが、さすがにイ○ロー以外の背番号は覚えてないので解読不能です・・・。




編集 | 返信 | 
2009.05.10
Sun
13:01

lucinda #-

URL

サークル入場すると、本当にお買い物がラクですよねー! あれは特権ですね。
暗号、背番号はわたしも全然読み解けず、もう絵とか説明文(これも結構判じ物っぽい)で判断して実物を見に行った、って感じです。
ナマモノもかなり暗号があるっていいますよね。
はぁー、ほんと、深い世界です……。

編集 | 返信 | 
2009.05.25
Mon
07:58

もと #4pDgvQA2

URL

お久しぶりです(*´ω`*) イベント参加お疲れ様でした(って随分前みたいですけど)
擬人化で思い出したんですよ、これは誰かに言いたい!と思ってて。
都道府県擬人化アンソロ出てるのご存知ですか? 本やで見つけてのけぞってしまいましたよ(^^; 
あのいつぞやの妄想が具現化しとる~~~!!ってww
ちょっと手にとって見たんですけどね、何となくまた棚に戻してしまいました…読んでみたい気持ちはあるのですが、なんか負けた気がするのはなぜだww
というわけでまた今度機会があったら本屋で見てみてください(*^ー゚)b

編集 | 返信 | 
2009.05.25
Mon
23:05

lucinda #-

URL

もとさん、お元気ですかー!? コメント、ありがとうございます。
都道府県擬人化アンソロ、わたしもチラッと立ち読みしたんです。広島をチェックし(やっぱり出身地は気になるものなのね)、目に留まったところをチェックし……読みたいけど、保留にしている本です。負けた気持ち……といわれれば、そういう気持ちもあるのかも(笑)
情報ありがとうございま~す!

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。