年下の恋人(吉田ナツ)

 28,2009 15:25
“年下攻め”のカワイさにもクラクラしたけど、“年上受け(?)”の的確かつすばらしいリードっぷりにもグッときた。

年下の恋人 (B‐PRINCE文庫)年下の恋人 (B‐PRINCE文庫)
吉田 ナツ

アスキーメディアワークス 2009-01-06
売り上げランキング : 56384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(あらすじより)「深い付き合いになる」ヘアメイクアーティストの理知がそう感じたのは、8歳年下の新人俳優・長嶺徹。ゲイであることを教えても、自分に懐き感情をストレートに伝えてくるのが素直で可愛い。軽い気持ちで始まった身体の関係は、どちらかが飽きるまで、本命ができるまでのはずだった。だけど身体を重ねるうちに、理知は徹の言葉や態度に込められた想いに気づきはじめて…。恋に揺れる切ない想い、オール書き下ろし。

“年下攻め”ではあるけど、“ワンコ攻め”でもあるかもしれない。新人俳優の徹は、素直でまっすぐな気性の可愛い男。友達思いで、好きになってしまった8歳年上のヘアメイクアーティスト・理知を一途に慕う。

事務所の「翳のある美貌で売り出す」方針に従っておとなしく振舞うように努力しているものの、ドラマ撮影で俳優からネチネチといびられているADを見かねて俳優とケンカしそうになるなど、ちょっと危なっかしいところもある徹。そんな彼のそばで、時に叱り、時に褒めて励ましながら、徹の成長を見守る受け・理知がねぇ……「憧れの年上のお兄さん」ってな雰囲気で、頼りがいのある男前っぷり。

だけど理知は内心、「徹はもともとノンケだから、また女を好きになるだろう」「こんな年下の男に本気になっても上手くいくわけがない」「別れが近いかもしれない」などと不安を抱え、「自分から会いたいと言わない」「自分からキスしない」と、気持ちを閉ざしてもいる。この葛藤が、これまた可愛らしいじゃありませんか! そうよね、いくら好ましくても、8歳も年下だと本気になるのに躊躇しちゃうでしょうよ……と、読みながら共感してしまうほど、理知の「徹に惹かれる気持ち」と「それをセーブする気持ち」の葛藤が、丁寧に追われている。

その理知の不安や葛藤を突き崩すのが、もちろん徹の一途でまっすぐな思い。だけどその徹だって、なんとしてでも自分の稼ぎで理知を食事や旅行に連れ出すなど、理知に認めてもらいたいと一生懸命で――。

こうしてみると、まあ結局は「お似合いの二人」ではあるのだが、「ラブラブな二人の、犬も喰わないいざこざ」な感じがしないのは、平たくない、きめこまやかな心理描写と人物描写のおかげじゃないかな……と思うのだった。この、年上の受けの葛藤や、年下の攻めのまっすぐさは、WEB掲載されている「senseito」に似ているかも。

エロシーンもわりと多め。そして、攻めが年下であまり経験がないという設定のせいか、攻めが感じ入っている様子が描かれているのが、わたし好み。セックスの間の、なんとしてでも相手を感じさせようとする徹と理知のじゃれ合いみたいなやりとりも、微笑ましいのだ。

この作品、「BLmemo」のsatoさんのレビューを読み、「これは読まねば!」と早速手に入れたのだが、アタリでした。実は先日の「命いただきます!」も、satoさんのレビューに矢も盾もたまらなくなって読んだ作品。satoさん、毎度ありがとうございます!


新たなリンク先を2件ほど、追加しました。

腐完全燃焼
このブログに、よくコメントをくださるみっとさんがブログを開設されました! 開設されて間がないのに、レビューが続々とアップされています。早っ! Juneのころのエピソードも興味深い…。

BLmemo
文中でも触れましたが、味わい深いそのレビューに、いつも購買意欲を刺激されてしまうsatoさんのブログ。個人的に大ファンの男色本のレビューも読み応え満点、自分も読みたくなること請け合いです。
関連記事

Tags: 吉田ナツ 竹中せい 感じる攻め

Comment 2

2009.02.01
Sun
08:21

sato #XFPte..g

URL

どうもありがとうございます

lucindaさん、こんにちは。こちらでは初めまして。
ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。
このように丁寧に紹介して頂き、たいへん恐縮しております。
私の書いているのは全然レビューではないので(年下の恋人にしても数行しか書いていない!)、ひたすら申し訳ない気持であります。

「年下の恋人」、lucindaさんの書かれているとおり、「きめこまやかな心理描写と人物描写」に、私も惹かれました。
「senseito」、言われてみればホントだ。似てるかも。
それとですね、

>攻めが感じ入っている様子が描かれているのが、わたし好み。

えっ、それ私も私も! と、嬉しくてニヤニヤしてしまいました。
でも、攻めが感じ入っているBLって少ないですよね? 攻めの喘ぎ満載BLがあればいいのに、と思うのですが、こういのってlucindaさん的にはアリですか?

「僕たちの気になる腐女子」も、興味深く舐めるように拝読させて頂きました。
lucindaさんのブログには、いつもたくさんの刺激を頂いています。ありがとうございます。
これからも楽しみに通わせて頂きます。どうぞよろしくお願い申し上げます!

編集 | 返信 | 
2009.02.02
Mon
18:32

lucinda #-

URL

satoさん、コメントありがとうございます!
ううう、嬉しいです…!

攻めの喘ぎ満載BL、いいですね! アリです。大アリです。音声だとうるさいかもしれませんが、文字ならそれほどでもないはず……って、そんな問題じゃないですね。しかし、受けがあんなに感じている場面で、攻めが感じていないはずないだろ、と思うと、攻めが感じている描写をもっと入れて欲しいと思います。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします~!!

編集 | 返信 | 

Latest Posts