スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント会場で実感したこと

 15,2009 16:23
イベント内容が変わると、ハコも違って見えるなぁ……と、しみじみ眺めてきた、国際展示場。そう、“イベント”ではなく仕事で行ってきたのだった。

何がしかを展示していることは変わらないのだけど、とにかく、イベント時のようなギッシリ感はない。ブースとブースの間の通路も余裕があるし、入場者数もほどほどな様子。歩いているうちに暑くなった!というような過剰な熱気に押されることもない。あのイベント時のギッシリ感を見ていると、妙にスカスカな感じ。

まあ、コミケの入場者数って、3日間でのべ50万人だっていうからなぁ……この前の冬コミの3日目の入場者数は、19万人ということだし――。

数字でみてもスゴイと思うけど、“イベント”ではない時の展示場の様子を見ると、あの人の多さと熱気のスゴさが、より実感できる気がしたのだった。


現在開催されている、駅弁大会@京王デパート。いつも興味はあっても、あの人の多さを想像すると尻込みしてしまうのだけど。

大会HP(http://keio-ekiben.cocolog-nifty.com/2009/)の「初心者ガイド」を見ていて、「これ、イベントに臨む心構えと似てる!」と思ったのだった。

■出かける前には、折込チラシを見ながらプランを立てよう。お目当てをいくつか決めておくのがオススメ

とか、

■会場へ着いたら、、「会場案内図」で大体の場所を把握し、会場の看板、柱番号を目指して進もう

とか。

折込チラシには、商品名や「新登場」「リニューアル」マークのほか、会場内のどこで販売されているかの「販売場所」アイコンもついている。うわぁ、まったくイベントのパンフレットみたいだなぁ……!

会場内の人たちは、折込チラシを片手に行列に並んだり、あちこち歩き回ったりしているのかしら。なんだかちょっと興味がわいてきた。気になる駅弁もあるし、ちょっとのぞいてみようかしら……。
関連記事

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。