女子オタクとビアンのファッションは

 12,2009 23:55
日参しているブログ「押して、押して、押し倒されろ!」。この中で、とりわけ興味深くて、いろいろ考えさせられた記事がこれ

なぜ女子オタク(腐女子)はレズビアンに近づくのか?

つまり、ブログから引用させていただくと、この部分。

オタクの人の中には、ノンケであるにも関わらず、一人称「オレ」だったり、「ボク」だったり、女の子好きーって言ったり、服装が男装っぽくなったりする人がいますよね。(←男装っぽくというより、男ウケを気にしないファッションっていった方が正確かな?)
<中略>
オタクでありレズですーっていう人にとっては不思議ではないかもしれないが、どちらか一方の属性しかない人にとっては、不思議なはず。本来、属性としては、全く重なり合わない人もいるのに、客観的な事象だけみると、似通ってしまう。それはなぜ?

――ものすごく思い当たる…!

わたし自身は、レズビアンを始めセクシャルマイノリティの近しい知り合いはいないし、LGBTの活動(運動)やリアルなコミュニティにも参加していない。二丁目に遊びに行ったこともない。そのため、正直、“レズビアンっぽいファッション”って、よくわからない。

でも、女子オタクについては、確かに――高校時代をはじめ、もう20年くらい前にわたしの周りにいた、いかにも「マンガ好きです!」って感じのオタクっぽい女の子たちの服装は、実に素っ気ないというか、流行を追っていないイメージが強かった。

化粧っ気もなければ、髪もあれこれいじっていない。“男装っぽい”というよりは、まさに“男ウケを気にしない”雰囲気。そして、自分のことを「ボク」とか言う子もいたっけね。さすがに高校卒業後には、周りにいなかったけど。

今の女子オタクはオシャレな、それこそ、一目でオタクだとわからないような格好をしている人が多いけど、それでもイベント会場などで眺めていると、ジーンズなどパンツをはきこなした、ナチュラルメイクの人をよく見かける。

管理人のゆうさんによれば、「男装っぽいというより、男ウケを気にしないファッション」≒「レズビアン的ファッション」ということだけど、じゃあレズレズしい見た目のイメージってどういうものなのか? そちらから見た女子オタクファッションとの共通性を探ってみようと、ネット上で知り合ったバイの友人・Tさんと考えてみた。

長いので折りたたみます。
とはいえ……Tさんも、わたしと同じく、リアルでは活動やコミュニティに参加していないとのこと。そんな二人が、少ない経験や記憶などを捻り出し、あれこれ意見を出し合ったのだが――

T「細身のジーンズに、体にピッタリしたカットソーってイメージ、あります」

l「あ、それわかります。革パンとかね。で、カットソーは、Vネックとか胸元が詰まってない、シンプルなデザインで」

T「ヘアスタイルは、タチだからショートってことはない気がしますね。ショートもロングも女の子からみてカッコイイ感じかなぁ。全体的に、女性ロックミュージシャン(それもハード系)みたいなイメージかもです」

l「なるほど! わたし、タチって結局、『バウンド』のコーキー(ジーナ・ガーション)とか、『Lの世界』のシェーン(キャサリン・メーニッヒ)とかの、いかにもダイキーなスタイルしか思い浮かばないんですよね……」

gina.jpg
「バウンド」のコーキー(右)

sean.jpg
「Lの世界」のシェーン(左から2番目)

T「それ、わかります。でも洋モノのせいか、すごく押し出しが強い感じですよねぇ。日本だと、あれほどじゃないかも。逆にネコの方はロングヘアで、ファッションも、ちょっとゴスロリが入ってるイメージですね」

l「全体的にお姫様っぽい感じ、ありますよね」

T「岩館真理子の漫画に出てくるような、無口で繊細な女の子のイメージというか」
iwa_.jpg

l「あ、なるほど…!」

T「女の子からみてカワイイと思うファッションなんだけど、でもこういうの、男ウケしないみたいなんですよね」

l「やりすぎな感じがするのかも。男性の好みって、けっこう保守的ですからねぇ……」

……偏っている面もあるかもしれないが、「男ウケを考えない」点が、やっぱりポイントかしら。

そして意見を出し合いながら気づいたのだけど、ボーイッシュな、男装っぽいファッションと同じくらい、お姫様っぽいファッションが好きな女子オタクを見かけるような気がする。わたしたちのイメージしたタチのファッションが、あまりにカッコイイ路線を突っ走りすぎたせいもあるだろうけど。

それはさておき。

ゆうさんは、女子オタクとレズビアンの見た目が似てしまう要因として、

この世でノーマルとされている男女間のヘテロセクシャル・ラブ・イデオロギーになじめないという点で、オタク女とレズビアン両者は共通している。そのお仕着せのヘテロ・セクシャリティに沿ったライフスタイル(“愛されメイク”だの“合コン勝負シャツ”だの)からはみ出ようとする試みは、必然的に類似することを免れない

と考察されているのだが、すごく鋭い指摘だなぁ! と感心してしまう。腐女子カルチャーにはフェミニズムも絡んでいる、という見方もあることだし、確かに腐女子は、男女モノの小説やマンガにないものを、求めているしね(冬コミで買った「腐男子本」を読むと、腐男子にも同じ傾向は見られるみたい)。

そういえば友人chloeは、滅多にスカートをはかない人で――ファッションも、わりとボーイッシュなスタイルが多かった。chloe曰く、「男の子になりたかったから」とのことで、これはまさに、「お仕着せのヘテロ・セクシャリティ」になじめないと感じていた、ということだ。

――しかし、いろいろ考えてみたけど、なんだか結局、女子オタクとレズビアンの見た目やファッションは近しいのか、考えれば考えるほどわからなくなってきた。レズレズしい格好、ってのをクッキリイメージできないのが敗因かしら……。

あ、でも、「いかにもレズレズしい格好」や「いかにも女子オタクな格好」がとっさに思い浮かばない、あるいは、それとバレないようにその他大勢の中に潜伏している感じなのは、似ているかもしれない……と思う。

それでいうと、男子オタクやゲイは、そのファッションや見た目という点において、女性よりイメージしやすいように思える。そして、あくまでもイメージにおいてだけど、男子オタクとゲイの、ファッションや見た目が似ている印象は全然ない、というのも、女性とは異なっていて興味深い。

見た目にわかりやすく、その属性がハッキリするように――って、男性の持つ特質なのかしら? それとも、日本の文化や社会の特質なのかしら?

これも考えるほどに、こんがらがりそうなテーマだな……。
関連記事

Tags: 腐女子 レズビアン ジェンダー フェミ?

Comment 4

2009.01.15
Thu
23:43

かりんこ #-

URL

lucindaさん、こんばんは!

この記事読むまで自覚してなかったのですが、どうやら私も男ウケを狙っていない格好をしている1人のようです(笑)
いえ、自分としてはただスカートと化粧が似合わないからという感覚だったのですが、そう思うこと自体が、なるほど、ハズれているといわれればハズれてますね(^^;)

私は本当にファッションに疎いので、どういう格好がそれっぽいとかはよく判らないのですが、確かに「見るからに」って感じの女性は少ないように思います。でも、それでも見る人が見れば、それっぽい格好ってあるもんなんですね~。

ああ、何だか変なコメントになってしまいましたね、ごめんなさい。
でも興味深い記事で面白かったです~。

編集 | 返信 | 
2009.01.16
Fri
14:00

lucinda #-

URL

かりんこさん、コメントありがとうございます。

>そう思うこと自体が、なるほど、ハズれているといわれればハズれてますね

うーむ、この辺り、ビミョーなとこだと思うんですよね。「似合わない」と思うことが、男ウケファッションを拒絶しているのかどうか……えーと、つまり、「ホントは男ウケファッション、ちょっとやってみたい」という気持ちがちょっとでもあるなら、それを拒絶しているとはいえないんじゃないかとか……。キリがないですね……わたしも混乱中です(笑)。

見る人が見ればそれっぽい格好、あるんでしょうねぇ。わたしもそういう目を持っていないのですが、でもねぇ、男オタクファッションは、やっぱりわかりやすすぎなんじゃないかと、密かに思います……。

編集 | 返信 | 
2012.06.19
Tue
05:27

卿熙 #sSHoJftA

URL

内心図星だと思いました(笑)

lucindaさん、おはようございます。
この書き込みを読んで、自分の場合やっぱ図星だな、と思えてきました。正直男にモテるもてないを気にしていません。しようとしてもできない事情がいろいろあるから、という理由がありますが…。
でも、たま―に、おしゃれな腐女子たちをみたら羨ましいです。パンピが彼女たちをみたら「オタクや腐女子の中でもモテる人いるよね」と、オタクや腐女子に対して持っているステレオタイプを壊せるようで、自分も頑張ってファッションのことにもっと気を使うほうがいいのでは、と思う時があって、しょげてしまう時があります。
でも今の、フェミニンなファッションを追求しない腐女性としてもっと堂々としてもいいのでは、と思う時もあって、いつも葛藤しちゃいます。

編集 | 返信 | 
2012.06.19
Tue
17:52

lucinda #-

URL

コメントありがとうございます

>卿熙さん
コメント、こちらでもありがとうございます。懐かしい記事だ(笑)

まあ、ファッションは結局、自分がどうありたいか、どう見られたいかという面があると思うので、そこをストレートに出せれば問題ないんでしょうけど、そうでない場合はストレスだろうなーとは思います。ビアンでも女子ヲタでも、これぞビアン、これぞ女子ヲタ、これぞ腐女子、というファッションがいまのところあまり思い浮かばないとしたら、それはそれで気楽なのかもしれません。。

また遊びにいらしてください。

編集 | 返信 | 

Latest Posts