スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河で取り上げてほしい人は

 15,2008 22:50
PC140157.jpg
これは、miriam先輩のウズベキスタン土産。写っているのは、ウズベクのアイドルらしい。なんかこう、逞しいというか、野性的というか、野郎くさいというか、とにかく

アニキー…ッ!

と呼びかけたくなるようなオーラが、ビンビンに出ていると思う。

ちなみに裏表紙はこれ。
PC140158.jpg

中身は方眼ノート。
PC140159.jpg

ウズベキスタンって、中央アジアでもヨーロッパ寄りの国ということなのに、なんだかこのアイドルたちからは、フィリピンやマレーシアといった、南洋っぽい雰囲気も感じるなぁ……ちょっと日焼けしてるせいかしら。いずれにしても濃ゆいのは間違いない。

さて日曜は、かなり久しぶりに先輩ズと池袋で会ってきた。二人とも殺人的に忙しいようで、なかなか会えなかったんだけど――

m「昨日も池袋に来たんだよねー」
v「お芝居を見たんだけどさ」
m「で、デパートをぐるっと見てまわって、わたしはこの服買っちゃった」(とグレーのカットソーを見せてくれる)
v「わたしもその服いいなぁと思ったんだけど、miriamとのお揃いがあまりに多いから、やめたの。でもお財布買っちゃった」
m「vivianの買ったお財布、わたしもいいなぁと思ったんだけどさぁ……」
v「あら、お揃いになってもいいわよ?」

――先輩ズはちょこちょこ会っている様子。しかも、お揃いアイテムをさらに増やしているようだ。

「でもー、あんまりお揃いのものを買うと、lucindaがバカップルだって言うからぁ」
「わたしたちはバカップルじゃないもん」

と口々に反論する先輩ズだけど、言わせてもらえば、二人揃ってブーたれるその様子が、もうすでにバカップルそのものって感じです。実はつきあっていると言われても、全然驚かない自信がありますから!

――超身近でそんな妄想を働かせている場合じゃなかったわ。

モツ鍋をつつきながら、盛り上がった話の一つが、「大河ドラマで取り上げるなら、誰がいいか?」。長いので、ここから折りたたみます。
そもそもの話のきっかけは、「大河の時代設定って、このごろ戦国時代と幕末とが交互になってるじゃない? ほかの時代はやらないのかなぁ」というギモン。

たしかに昨年は「風林火山」(戦国)で今年が「篤姫」(幕末)、来年は「天地人」(戦国)、その次は「龍馬伝」(幕末)と、見事に戦国と幕末が代わる代わる登場している。まあ、2000年に入ってからのラインナップをみると、

“葵徳川三代”“北条時宗”“利家とまつ~加賀百万石物語~”“武蔵 MUSASHI”“新選組!”“義経”“功名が辻”“風林火山”“篤姫”

と、微妙に鎌倉時代や平安後期も入っているんだけど、大河=戦国時代モノや幕末モノの印象は強い。どちらも動乱の時代で事件が多いし、人物もたくさん登場するしで、ドラマにしやすいんだろうけども。

「来年の大河、ツマ●キでしょ? ツマ●キが頭に“愛”の字をのっけた兜をかぶっても、なんかの罰ゲームにしか思えないんだよ! それにシロタンが幸村って、幸村があんなバタくさい顔は絶対してないだろっつーの!」というvivian先輩の率直なコメントに爆笑しながら、いろいろ考えたのだが――

「白虎隊、わたしグッとくるんだけどなぁ」
「あれは若くして死んじゃうから、ドラマとして1年持たせるのは難しいんじゃない?」
「平安時代とかもっとやっていいと思うけど、なかなかやらないよね」
「昔、平家物語はやったみたいだけどね」
「じゃあ、源氏物語はどう?」
「だからー、あれは紫式部の妄想だから!
「あ、卑弥呼は!? ……って、九州説と畿内説に決着が着かないとムリだよねー」
「いや、決着がついても、あれこそネタがないでしょ」

難しい……。平安時代とか奈良時代とか、鎌倉以前の時代が取り上げられるのは新鮮でいいと思うけど、当時のことはわからなさすぎるのがネックなのかもしれない。

「じゃあ戦国なら誰か……っていうと、もうけっこうやり尽くしてるんじゃない?」
「家康、秀吉、信長は何度もやってるからね」
「そろそろまた、政宗が取り上げられてもいいと思うんだけど」
「いやー、渡●謙の印象が強すぎるから、難しいんじゃないのー?」
「小十郎を誰にするのかも大切よね?」
「それなら真田家はどうよ? 幸村は有名だし」
「でも地元では、幸村のお父さんの方が有名みたいよ。それに結構地味だから、1年持たせられるネタがあるかどうか……」
「……ねね、島左近なんか、いいんじゃない!?」
「あ、いいかも! 石田光成に召抱えらて、忠義心も篤いし!」
「いろんな人から慕われてるし!」

あれよあれよという間に――先輩ズが「島左近でキマリでしょ!」と意気投合して、この話題には決着が着いてしまった。呆然。島左近、名前は聞いたことがあるけど、それ、どういう人なのか、全然イメージできません、先輩……! それも例のゲームなんですか……!?

――結局最後まで、先輩ズの仲の良さを見せつけられちゃったわ……。でもともかく、罰ゲームなツマ●キくんを、一度は見ておこうかな。
関連記事

Comment - 2

2008.12.17
Wed
05:50

アラスカ #-

URL

島左近?

私も初耳でお恥ずかしい・・・。検索して調べました。
ドラマにしたら見せ場もいくつかありそうな人生だし、過去のドラマでも二枚目俳優が演じているからカッコいいキャラに作れそうですね。

編集 | 返信 | 
2008.12.18
Thu
02:26

lucinda #-

URL

そうなんです。この人もいろいろ想像が広がっている人のようで、一時期ハマっていた隆慶一郎の「影武者徳川家康」で取り上げられていた模様……ハマっていたとかいいながら、読んでいない……です。ということは、華のある人なのかもしれませんねー、やはり。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。