スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実が妄想とシンクロする

 01,2006 23:18
先日のブログで、「ゴールデン・パターン一辺倒ならここまでハマってない」と書いたけど、逆に、現在、なにがなんでもゴールデン・パターンにこだわって書(描)いている人がいるとすれば、それは「型」を美学ととらえ、重んじる伝統芸能や技術の継承の気持ちに、ちょっと似ているのかもしれない――そんなことを、ふと思った。
(注:「ゴールデン・パターン」とは、まず受けが1回イッて、というかイカされて、攻めがイク、というものです)

「昔とは、情報量が全然違うからね。その『ゴールデン・パターン』じゃなくなるのは、当たり前なんじゃないの?」
と、vivian先輩もクールに話すように――。

以前よりは格段に、やおい・BL作品が気軽に手に入りやすくなっている。ということは、他人の作品を読む機会が多いということで、それが作品作りに、少なからず影響を与えるであろうことは想像に難くない。

同性愛についての情報が少しずつオープンになっている。ということは、ゲイが抱えているリアルな感情や、セックスのテクニックが手に入りやすくなっているということで、人によっては、これを作品作りに生かすこともあるだろう。

そして、そういう状況を作っている要因のひとつは、このインターネットであることは間違いない。

いや、実際、「やおい」とか「ボーイズラブ」とか、文字を入れれば、たちどころに何件もの情報を提示してくれるインターネットって、すごいよ。「トッ●ュー!」や高村薫など、大好きな作品の二次創作サイトもすぐに見つけられるし、イベントの日程や書店・出版社の場所だってわかる。足を運ばなくてもクリックすれば本を買えるし、同じ趣味嗜好を持つ友人だって探せるのだ。そりゃ薔薇族も休刊になるよ。

そして、ブログ花盛りの現在、ゲイやビアンと称する方々のブログがゴマンとあり、彼らの思いや悩みを、たやすく窺い知ることができる。それどころか、「ゲイではないけど男に告白されてしまって悩んでいる」とか、「ゲイじゃないのに男とセックスしている」とか、「性同一性障害で男だけど女として働いている」などなど、「それ、マジですか!?」と、一昔前なら、周りばかりが大騒ぎしていただろう出来事の、当事者の気持ちをも、ブログを通して知ることができるのだ。おまけに、そんなブログは、どういうわけか文章がうまくて面白いことが多く、目が離せない。そうなのか……と、感心したり、考えさせられたり、共感させられることもしばしば。

すごすぎる。

ブログのすべてが、現実に実際にあったことを書いているとは限らないことはわかっている。「創作」の可能性もあるだろう。それでも、そういうブログを読んでいると、やおい・BLで描かれているシチュエーションや感情・心理描写、時には性行為まで、ハッとするほど同調していることがあり、びっくりすることも多い。

やおい・BLが現実に歩み寄ったのか。現実が、やおい・BLに似てきたのか――謎だ。

ナゾだけど、これほどいろんな情報を手にすることができる今、やはりよほどのこだわりがない限り、ゴールデン・パターン一辺倒はないだろ、と改めて思うのだった。

---------
この占いサイトの「LOVE&SEX」のコーナーに、「二人の定め(同性編)」があって、ビックリ。同性同士の恋愛・セックス相性を真剣に占えるようだ。

結果を見ると、「異性編」と同じテキストを使っているみたいだけど、同性同士といえば「友達としての相性」ばかりなことを考えると、かなり画期的なんじゃなかろうか。ちょっとなんだか、嬉しい。
関連記事

Tags: やおい 同性愛 ゲイ レズビアン セクマイ

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。