やおい脳を刺激する要因

 12,2008 23:26
ここ3日ばかり、仕事の都合で、普段はそれほど使わない東横線を利用したのだが。

どうにも気になって仕方のなかった、車内で流れていたCMがこれ。



会議でのやりとりが、サッカーのパスまわしになぞらえられているのはわかる。ビジネス上のコミュニケーションの緊張感が、真剣勝負のスポーツに例えられているのも、ウマいと思う。

でもさ……テーブルの下のボールをパスしあう様子が、なんというか、ちょっとイチャついているというか、そこはかとなくいかがわしく見えるのは、わたしの目と脳の腐り具合が重篤な証拠なのでしょうか……。

スーツ姿で
テーブルの上では全員が生真面目な表情で、いかにも仕事の話をしている様子なのに
テーブルの下では足が活発に動いてボールをやりとりする

“スーツ”と“サッカー”、“動きのない上半身”と“活発に動く足”、“堅苦しい表情”と“華麗な足さばき”といういくつものギャップが、わたしのやおい視線ややおい脳を刺激するのかしら……それに、出演者が全員男性なのもポイントかも……うーむ。電車内なので、音声が流れていないのも、妄想が膨らんだ一因かもしれないなぁ……。

わたしは見たことがないのだけど、このCM、テレビでもずいぶん前から流れているみたいですね。ともかく、このCMが流れるたび、「どうして……どうしてなんかちょっといかがわしいと感じるんだろう……」と煩悶しながら画面を凝視していた3日間。傍からは、CMに登場するタレントさんの熱心なファンのように見えたかもしれない。

……まあ、いっそ、ファンである方がさわやかで可愛げがあるってものよね。いかがわしさの理由を見つけようとするよりはね。
関連記事

Comment 0

Latest Posts