スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の香り、あるいは匂いor臭い?

 28,2008 23:52
「なんかさー、男の人って、30超えると途端にクサくなるのかなぁ」

ある日、妹スウがそう切り出した。

「ダンナが帰ってきて居間で寛いでいると、いつの間にか居間がクサくなってるんだよね。彼が脱いだシャツとかもさー、なんか洗濯しても臭いが消えないっていうか……」
「アンタもちょっと、ケッペキだからねぇ」
「でもさー、結婚した頃とか、全然臭わなかったんだよ? 30過ぎて急に臭うようになるって、やっぱり加齢臭なのかな」

スウの話を聞きながら、ふと、以前泊まった温泉施設のことを思い出した。それはイマドキな、露天風呂やさまざまなサウナ、スパ、エステなどが楽しめる都会の施設で、夜は泊まることもできる。とはいっても、ベッドがあるわけではなく、館内の施設に雑魚寝するというスタイル。もちろん男女の使用区域は分けられている。

その夜、わたしはどうにも眠れなくて、眠る場所を移動しようと決めた。別の場所に行くためには、男性使用区域を横切る必要がある。時間はとっくに丑三つ時を回っていたので、そーっと忍び足で男性使用区域に足を踏み入れたのだが――

なに、このにおい!? クサいよ!? そしてこの妙に蒸し暑いような、空気が淀んでいるような感じはなんなの!?

と、思わず足がすくむほど、そこはムンムンと男のにおいが充満していたのだった。なんといいましょうか、ちょっと肉食な感じの、クセのあるにおいといいましょうか。

見渡してみれば、広ーい区域に寝転がっている男、男、男――適当にマットを敷いているのだろうけど、同じような間隔を取り、それなりに整然と並んでいる。加えて、あちこちからあがるイビキがハモり――「もしかして、災害時の避難所って、こういう感じなんだろうか……」と思ったほどの、それはある意味壮観な眺めだったのだ。

そそくさと横切って、女性使用区域に足を踏み入れてドアを閉めたとたん、ウソのようにさっきまでのにおいがなくなり、脱力感に襲われたっけね。男女の違いをまざまざと見せつけられたような――それも“におい”で。

結局あの日はあんまり寝られなかったのだけど、そういや、弟・コンの部屋も、独特のにおいってあったよなぁ……と、思い出す。スウの夫がにおわないとはいわないけれど、あれはやっぱり、男のにおいというものなんだろうなぁ……と思う。でもそれって、年齢とともに強くなるものなのかしら? 加齢臭と男のにおいは、違うものなんでしょうかね?

ただ、つくづく思い返してみれば、オッサン職場ではみんな香水をつけていた。あれは、男のにおいだか加齢臭だかを押さえる、あるいは紛らわせるためだったんだなぁ……と今ごろになって膝を打つわたし。だってとにかく、「アンタら、つけすぎだから!」と内心怒り狂うほど香水が匂っていたため、加齢臭って言葉を忘れていたのよ。これって、裏返せばヤツらの作戦成功ってこと!?

一番多かったのはブルガリだったなぁ……プールオムはもちろん、銘柄はわからないけど、ブルガリ系な香りがとにかく多かった。ええ、わたしもブルガリ、好きですよ? でもいくらなんでも多すぎでしたよ、ユーザーが。10年くらい前は、ck oneが大人気で、ネコも杓子もあの匂いをまとっていたけれどねぇ……。

その点、高塔望生さんの作品のキャラたちは、なかなか個性的な香水を使っていると思うのだ。

殉情な愛人 (B-BOY NOVELS)殉情な愛人 (B-BOY NOVELS)
高塔 望生

リブレ出版 2008-03
売り上げランキング : 251316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作品の中で攻めは、ダビドフのクールウォーターを使用。
DAVIDOFF クールウォーター EDP SP 40mlDAVIDOFF クールウォーター EDP SP 40ml

DAVIDOFF
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


受けは、ラルフローレンのロマンス フォー メン(ロマンス メン が正しい?)を愛用。しかも諸事情により、この香水がちょっと印象的な使い方をされているのがイイ。
ラルフローレン ロマンス メン 50mlEDT-SPラルフローレン ロマンス メン 50mlEDT-SP

ラルフローレン
売り上げランキング : 38928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クールウォーターは、清々しく、かつスパイスが効いた香りらしい。ロマンス フォー メンも爽やかな香りということだけど、ラストがちょっと甘いみたい。ふんふん、なるほどね……“スパイスの効いた香り”という部分が、なにやらクセのある攻めっぽく、“ラストが甘い”のが、けなげだけどちょっと詰めが甘い受けっぽくて、いいですな。

モード・アムール (ビーボーイスラッシュノベルズ)モード・アムール (ビーボーイスラッシュノベルズ)
石田 育絵

ビブロス 2004-04-15
売り上げランキング : 478006
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この作品で、ハンサムで仕事ができる攻めが使用しているのが、シャネルのアンテウス。

シャネル アンテウス ET/SP/50mlシャネル アンテウス ET/SP/50ml

シャネル
売り上げランキング : 27951

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

作品中でも、「シャネルのフレグランスの中で、もっとも大胆で繊細と言われている香り」と説明されている。香調は、レザーとウッディーということで、なんだか聞くからに男っぽい感じ。なんたって、“レザー”だもん。 攻め様のイメージがわくってもんでしょう。

実は今、高塔作品にハマっているのだけど、どの作品にも香水の銘柄が登場しているわけではないのが面白いところ。高塔作品、わりとしっかりと仕事のシーンが描かれているのがグッとくるのだが、香水が登場するのは、どっちかというと“やわらかめ”あるいは“華やかめ”な仕事設定のような気がする。「殉情な愛人」は国際会議の通訳や、契約書や特許書類などを翻訳する産業翻訳も手がける、国際会議運営の専門会社。そして、「モード・アムール」の舞台はオートクチュールですからね! 刑事、医者、弁護士といった、わりと固めな職業が背景にある時は、香水の銘柄を見かけない。まあ、いつか、そういう職業のキャラが身につける香水を設定してほしいけれど――。

ところで、高塔作品に登場した上記の香水、特にマニアックというわけではないのもポイントだと思う。どれも人気の香水で、インターネットで検索すれば必ずヒットする。もしかしたらわたし、あのオッサン職場で該当の香りを嗅いでいたのかもしれない。でもさ――「あー、●●さんがつけていた、あの香りかぁ!」と読みながら思うのって、なんだか一気に萎える気がするっていったら、怒られるかしら? 香りは、けっこう個人を特定する要素だと思うんだけどなぁ……。

それもやっぱり、該当の香水をつけている“人”によるかしらね?

#高塔作品のレビュー、そのうちアップします……
関連記事

Tags: 高塔望生 カワイチハル 石田育絵 男という生き物

Comment - 2

2008.11.10
Mon
19:38

空美 #-

URL

lucindaさん、こんにちは(^O^)/
香りといえば、はるか昔、表紙の一部を擦ると香りがするという、本だかコミックスを持っていました。
内容はまったく覚えていないのですが、たぶん内容と関連するものだったかと。
lucindaさんのレビューを見て思い出しました。今思えば、粋な計らいだったなぁ。

私はハーブを育てているので、たまに移り香がする程度ですが
頭からかぶったかのような香水のつけ方をする人に出会うと食欲も減退し、ひどい香害に辟易することも(;≧◇≦;)
ともあれ、身にまとうものはその人のセンスが問われますよね。
私も気をつけよう。.:*:・゜☆。.:*:・゜★

編集 | 返信 | 
2008.11.11
Tue
16:13

lucinda #-

URL

こんちはー。

へぇ……香る本……。面白いですねぇ。どんな香りだったんでしょう。食べ物とかだと、ちょ、ちょっと微妙かも……。

>頭からかぶったかのような香水のつけ方
いますいますいます! 電車やエレベーターで、酔いそうにになったことがあります。香水って、なかなかコレといったつけ方が定まらないなぁ……って、わたしだけかしら。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。