そうね、もう夏コミね

 13,2008 00:07
よくよく考えると、今週末はお盆。そして夏コミが開催されるんだなぁ!

ああ、本当にあっという間にやってきた。この前、ようやく日程を把握したばかりで、まだどのサークルをまわるのかはちゃんとチェックしていないというのに――とにかく、17日(創作JUNEアリ)に行くことだけは頭に入れているのだけど、ああ、でも、マンガの二次創作は1日目だし、小説は2日目なんだよなぁ……。

――などとウダウダ考えていたら、こんなニュースを発見。

参加者全員の手荷物検査実施と、一部エスカレーターの停止――いろいろな事情で仕方ないとはいえ、ギスギスした世の中だなぁ……と妙にしみじみしてしまう。当日、どんな状況になっているのか――入場まで時間がかかるのか、混雑振りがいっそう激しくなるのか――心配しつつもしっかり見届けてくるわ。

そして、木原音瀬さんの「美しいこと」の小冊子「愛すること」が届いた! 正確にいうと、帰省から帰ってきたらポストに入っていたのだが、家に入るなり、すぐさま読み始めたのはいうまでもない。

――「美しいこと」のあとがきで、木原さんは「寛末が松岡にメロメロになって……」みたいなことを書かれていたけど、まさにそれがカタチになっている!

なによりわたしの心を突いたのは、ようやく振り向いてくれた寛末を失いたくない、あるいは寛末から嫌われたくないばかりに、なかなか自分の要望を口に出せない松岡の、いじらしくも繊細な気持ち。寛末、こんな松岡を悲しませたら、本当に許さないよ?<再び

――などと思いながら、もう3回くらい読み返したのだった。うん、幸せそうでよかったわ。日高ショーコさんのイラストを、これまた堪能できたのも眼福。当分、また何度か読み返しそうだ……多分ね。
関連記事

Comment 0

Latest Posts