スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君」シリーズはトンチキ・ヘンテコリンな香り

 04,2008 22:16
メジャーリーグのイケメンオーナー×日本人大リーガーって、これまたBLチックな組み合わせだなぁ……と思って読んでみたら――わたしのトンチキ・センサーがビビビっと反応したのだった。

恋は君に盗まれて (幻冬舎ルチル文庫 た 1-10)恋は君に盗まれて (幻冬舎ルチル文庫 た 1-10)
高岡 ミズミ

幻冬舎コミックス 2007-09-14
売り上げランキング : 265672
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(あらすじより)経済的にも容姿にも恵まれたロバート・デイヴィスJr.は、メジャーリーグの人気球団ニューヨーク・スウェイズのオーナーに就任したばかり。ある日、スウェイズの試合を観戦していたロバートは、俊足の日本人野手・高坂優に心を奪われる。少年のような容姿に驚くほどの闘志を秘めた優に、ロバートは強く惹かれ、優もまた…!?

28歳で総合金融サービス会社の副社長で、かつメジャーリーグのオーナー。
メジャーリーガーだけど「少年のような容姿」の日本野手。

このキャラ設定からすでに、ありえなさ満々というかヘンテコリンの気配は漂っていたのだけど、

■ロバートがいきなり、初対面の優の腰をつかんで持ち上げる。優、どれだけ華奢なんだ…?
■「オクユカシイ」とか「ヤマトダマシイ」とか、耳がかゆくなりそうな日本語が飛び交う。
■優が乱闘から弾き飛ばされて脳震盪を起こしたとたん、ロバートはオーナー専用ルームから飛び出してグラウンドに駆けつける。オーナーなのに……。
■その前に、優と気まずくなっていたのにも関わらず、いてもたってもいられなくて、いきなりNYからアトランタに傘下の航空会社のヘリで試合を見に行くロバート。
■セックスの最中、ロバートが優に囁く言葉がいきなり英語(英文表示)になる。
(Honey、Sunshine、I love you、など)

といった数々の出来事に、「そりゃないだろ」と内心突っ込みながらも、大笑いしそうになったのだった。

うん、愛すべきトンチキ作品に認定だな!

トンチキさをカバーして余りあるのが西崎祥さんのイラスト。わたし、小説で初めて、マッチョなキャラをクッキリイメージできたような気がする。「少年のよう」と評される優も、しっかり筋肉が描かれていてナイス。いわんや白人と黒人をや。スポーツをやってるんだから、このくらいガッシリしてないとね。

この作品、「君に捧げる求愛」のスピンオフ作品ということで、それなら「求愛」も読まなくてはなりますまい! と、さっそく読んでみたのだけども――。

君に捧げる求愛 (幻冬舎ルチル文庫 た 1-13)君に捧げる求愛 (幻冬舎ルチル文庫 た 1-13)
高岡 ミズミ

幻冬舎コミックス 2008-01-18
売り上げランキング : 249215

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(あらすじより)鳴海啓は、花を届けたホテルの部屋で酩酊した男に組み敷かれるが、そのピンチから救ってくれたのはMLBのスーパースター、マイク・ウォーランドだった。啓に一目惚れしたウォーランドは、ためらいなくまっすぐな愛情を注ぐ。啓もまたウォーランドに惹かれていくが、きらびやかな世界に戸惑い、元の平凡な生活に戻ろうとし…。

こ、これは……「盗まれて」よりもさらにトンチキ度がパワーアップしてるかも……それもあさっての方向に……!

設定でいえば、こちらの方が、さらにあえりなさいっぱいでパンクしそうだ。ハッキリいって、そのまんまハーレクイン。啓は、いわば「どこにでもいるフツーの男の子」で、しかも「ボクなんかがスター選手のマイクに愛されるなんて……」と妙に卑屈。そんな啓を、マイクは何が気に入ったのかゾッコン惚れこんでひたすら押しまくる。最後には、啓の虫歯治療に乗じて、GPSの受信チップを埋め込んじゃうほど。「これで啓がどこにいてもわかる」なんて、一歩間違えればストーカーじゃん……と思うのだけど、啓はまんざらでもなさそう。――ね? ハーレクインな感じでしょう?

どうやら啓にはちょっと不幸な過去があるらしいとか、マイクの元カノの意味深な再会とか、「お、何か事件が起こる!?」と思わせる伏線はあるのだけど、それらはすべて湿気た花火ように尻すぼみで消えていく。結局初めから終わりまでラブラブ。あちこちでイチャイチャ。つかエロ本。もちろん、マイクはエッチで英語(英文表示)を連発しています。

うーん……もし最初に「求愛」を読んでいたら、「盗まれて」は読まなかったかもなぁ……。「盗まれて」は、苦労の末にメジャーリーガーとなった優が、自分のフィールド(=野球)で苦悩したり喜んだりするシーンが描かれているのがいい。攻めだから当然、顔よし・体よし・金よしなロバートに、押し切られず取り込まれず、自分の足で立っている感じ。

でも「求愛」の啓はなぁ……。一応、「マイクに守られるだけでなく、自分もマイクを守りたい」と思ってはいるし、マイクもそんな啓の気持ちを認めてはいるんだけど――どうも頼りないというかなんというか。「それ、別に女の子でもいいんじゃない…?」と思えてしまうのが、最大の痛いポイントかもしれない。

この作品でも、イラストは西崎さん。メジャーリーグのスター選手・マイクの腕とのどぼとけがステキ。以前、ビブロスから単行本として出版されたらしいのだけど、その時のイラストは、東野裕さんだったみたい。
kyuai.jpg

イラストレーターが変わると、雰囲気が変わりますね。東野さんのマイクも、いいガタイです。こっちの方が、よりハーレクインっぽい感じかも。

「君」シリーズ、どうやら今年、続編が出るらしい。ロバート×優がけっこう登場するといいなぁ……と思いつつ……結局、トンチキさを堪能したくて、買っちゃうんだろうなぁ……。
関連記事

Tags: 高岡ミズミ 西崎祥 東野裕 トンキワ 筋肉 連作レビュー

Comment - 6

2008.06.05
Thu
20:15

4da #5Qkd.16Y

URL

マッチョと聞いて飛んで参りました!
MLB関係の作品はコミックスでしか見かけたことがなかったので嬉しい限りです。(当然マッチョ)

個人的にアニメの○ジャーにハマっているので、トンチキの薫りがしようとも果敢にチャレンジする所存です。

話がそれますが「憧れ男性ちぇっく」、途中までlucindaさんと一緒でした(笑)

編集 | 返信 | 
2008.06.06
Fri
01:51

lucinda #-

URL

いらっしゃいませ~(笑)
コミックスに比べたら、筋肉量は控えめかもしれませんが……でもイラスト、いいですよ~! イラストだけでも見ていただきたいです。ぜひ!

>「憧れ男性ちぇっく」、途中までlucindaさんと一緒でした

ということは……筋肉のところあたり……ゴニョゴニョ

編集 | 返信 | 
2008.06.09
Mon
15:44

poco #giiOeQT.

URL

はじめまして

トンチキBL・・・激しく読みたくなってきました(笑)伏線が「湿気た花火のように尻すぼみで消えていく」って(爆笑)
本当にBLって奥の深いジャンルですね!

編集 | 返信 | 
2008.06.09
Mon
21:01

lucinda #-

URL

poco さん、コメントありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。

伏線があまり(いやほとんど)機能していないと思われる作品、でもいい具合にトンチキ風味なので、「……ま、いっか……」と思えるのかもしれません。
本当に、BLは奥深いです。

編集 | 返信 | 
2008.06.18
Wed
01:02

aqua #99DFA69w

URL

笑えましたwww

はじめまして、

lucindaさんの作品紹介ぶりが面白くて
声をたてて笑っちゃいました

トンデモ作品、あるんですねぇ、
ここまですごいの

>つかエロ本。

のくだり、特に可笑しかったです、あはは!
漫画でもたまにこういうのありますよね

エロは大歓迎ですけど、伏線が効いていない
って、小説としてメタメタじゃないすか(笑)

これからも面白いお話、楽しみにしてます

編集 | 返信 | 
2008.06.18
Wed
23:24

lucinda #-

URL

はじめまして~。コメントありがとうございます。

ウケてくださって嬉しいです。うーん、でもトンデモ作品、これはまだまだ初級(当社比)レベルじゃないかと。トンデモでも、愛しいと思えればいいんですよねぇ……難しいところです。

これからもまた遊びにいらしてくださーい。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。