腐女的 残業のわりきり方

 28,2008 22:35
ほぼおっさんだらけの職場に配属されて3ヵ月。最近、腐女子でよかったな……と思っている。

スコッチとかマカロニとか勝手にあだ名をつけたり、総攻めキャラを認定したり、「AさんとBさんはツンデレかも」などとニヤついたり――もちろん、すべてわたしが心とアタマの中でひっそり行っていることなんだけど、でもそうすることで、一歩離れた冷静な視点と、何でも面白がるある意味前向きな気持ちで、周りに向き合えられるような気がするのだ。

“客観的”というよりは、超主観的に物事を突き放して見ている感じ――といいましょうか。だって、

「Aさんはいっつもグダグダしてるから、甘ったれの受けにしてやる。そして誰と組み合わせようが、絶対ハッピーエンドなんかにしてやらない!

なんて、主観的以外のなにものでもないでしょう?

ところでこのごろ、馬好きチーフとマンガオタクUさんの関係はやおいっぽいなぁ……と、つくづく感心している。

同じプロジェクトに関わる、プロジェクト責任者・チーフと、外注先の責任者・Uさん。プロジェクトの方向性や運営方法に対して、しょっちゅう水面下で衝突している。けれど表面上は、各々の感情はひた隠して妥協点の探り合い。目指しているところは同じなので、「あいつは調子よすぎ」(byチーフ)とか「あのヒトは後からいろいろ言いすぎ」(byUさん)などと陰でお互いを批判しつつも、結局は「取り引きは一番長いからわかっているはず」(byチーフ)とか「プロジェクトへのスタンスは同じだと理解している」(byUさん)とかなんとか言っちゃって――その強がっているというか、周りに見栄を張っている感じが「やおいっぽい」、と思うのだ。

2ヵ月前は、チーフとUさんの関係は漠然とリバかなぁと思っていたけど、チーフ×Uさんで、かつ“途中で下克上”な気がしてきた。

――そう、こんな風に勝手な妄想を繰り広げられるから、「またかよ……」的対立も淡々と乗り越えられるわけなのよ。だから、週明けしょっぱなから大炎上なプロジェクト進行のおかげで大残業続きだったことも許してさしあげましてよ?<何様
関連記事

Comment 0

Latest Posts