男の町の証?

 17,2008 23:07
引っ越したり、職場や通勤経路が変わったり、新たなクライアントができたり――とにかく何かしら環境が変わったら、欠かさずやっていることが書店チェック。どこにどんな書店があるのか、地図で調べて、実際に行って確かめてみるのだ。

この前、職場の近くの書店に初めて足を踏み入れた。そこはけっこう規模の大きい、チェーン店も展開している書店。片隅ではDVDやCDも扱っていて、「へぇぇ~」と思いながら店内を回ってみたのだけど。

小さめながらもマンガコーナーはあるのに、マンガ雑誌のコーナーは見当たらないことに首を傾げ――次に、どこをどう探しても、BLマンガはおろかラノベもまったく置かれていないことに気がついた。念のため、ハーレクインがないのもチェック済み。もちろん、レディコミがあるはずがない。二●書房とか廣●堂出版とかの、恐らく男性向けエロ小説は堂々と平台に並んでいるというのに……。

まあねぇ……ここはいわゆるビジネス街だからねぇ……。しょせん数の上では圧倒的に男性優位な、「男の町」ってことかしらね。男性向けエロエンタメ系は需要があるけど、女性向けエロエンタメ系は需要がないんだよチミィ、と、報告書を突き返されたような気持ちになりながら、豊満な若妻が首をかしげている表紙絵をしげしげと眺めてしまったのだった。

ああ、橋を渡りさえすれば、ヲタ色の強いエリアなんだけどなぁ……。そしてvivian先輩とよく行くヲタ系書店もあるんだけどなぁ……というか、今度行かなくちゃ!


女装メイドカフェ……って、なんかもう、行き着くところまで行ったようなそうでないような。ま、ね、男装カフェがあるならその逆も……っていう理屈はわかるけどさ。客はやっぱり女性が多いのかと思ったら、カフェのHPによれば半々らしい。うーん、このカフェの狙いは何なのかが、イマイチつかめないんだよなぁ……。「アキバ」「不定期営業」ってキーワードから、プロっぽくない、なんだかイベントのサークル活動なノリが感じられるような気がするし。……そのうち定期営業になるんでしょうかね。
関連記事

Tags: コンセプトカフェ

Comment 0

Latest Posts