声は武器

 04,2008 23:49
今の職場は、7割がた男性ばかり、しかも30代半ば以上が圧倒的に多い。会議の時など、よくよく見回したら女性はわたし一人という状況もしばしばで、ふと首を傾げたくなる。これまでとまったく逆だよ。

そんなおっさん社会にいてこのごろ思うこと。

声のいい人・印象的な人は、特に仕事においては圧倒的なまでにトクだな!

別に魅惑の低音ヴォイス(古…)じゃなくてもいいのだけど、

よく透る声で
声量があり
カツゼツがしっかりしている

そんな声だと、いくら席が離れていても、めちゃくちゃ耳に飛び込んでくる。そして、「この人ならお任せしても大丈夫そう」「この人仕事できそう」「すごく朗らかでいい人そう」などと、根拠もないのになぜか好印象を抱いてしまうのだ。実際会ってみると、そういうわけでもないのに。

こんな実感を抱く前は、声よりは目力のある人の方が仕事においてはトクかなぁ…と思っていた。でもそれって、相手によっては威圧的に受け止められたりする危険性と紙一重なのかもしれない、と最近思い直したのだ。いえね、わたしの机の前に座っている男性・Pさんの目力が、ものごっつ強いんですよ。瞬きの回数も少ないのか、じっと見つめて話をしてくるので、ナントカビームでやられそうな錯覚がするようなしないような。もっとも、Pさんは全然アグレッシブな人じゃないんだけどね。どっちかというと寡黙で、寡黙ゆえに就業中に居眠りしていても誰にも気づかれないぐらいなんだけどね。アハハ。

こうしてみると、「声で勝負」の声優やディスクジョッキーは、「なるべくしてなった人」ばかりのような気がしてしまう。声だけで腐女子をキュンキュンさせるBLCD出演の声優さんの実力たるや、言わずもがなってやつかしら。

――わたし、男性に対してはかねがね手フェチだと思っていたけど、声フェチの余地もあるのかも――。


先日、やおい設定で復讐したマンガオタク・Uさんだけど、今日は自分のボス・Sさんと一緒に打ち合わせにやってきた。もちろん、馬好きのチーフを訪ねて。

チーフ・Uさん・Sさんの順番に並んでいるのを前にして打ち合わせに臨んだのだけど、「そうですね」「なるほど」「たしかに」などと相づちをうちながら、襲いくる妄想を追い払うのに必死だったと白状しておく。

――顔の雰囲気が、なんだかチーフとSさんは犬顔、Uさんは猿顔だと感じた瞬間、そこからあれこれ妄想が広がって、どうにもならなくなっちゃったのだ。いやぁ、そりゃチーフとUさんの関係は拮抗してるよな、だって「犬猿」だもの……てな具合に、オヤジチックに。

チーフは、調子のいいUさんのしゃべりっぷりを受け流してはいるのだけど、Sさんのことは信頼しているらしい。Uさんは殊勝な表情でいろいろしゃべっているのだけど、時々発言をハズして、チーフばかりかSさんにも突っ込まれ、「ヘヘヘ」てな感じで笑っている。なんだろう、Sさんを中心に、チーフとUさんがつばぜりあいを繰り広げているように見えるような。そりゃわたしの目がロクでもない妄想に曇っているせいですかね?

うん、結論は出ました。チーフは「概ね」受けです。Sさんは攻め。そのSさんに対しては、Uさんも受け。Sさんは今のところ総攻めだけど、いやぁ、Iさんには敵わないと思うな!

――と、こんなアホな妄想を笑顔の裏で繰り広げていたのだ。ああ、ようやく、「王様の耳はロバの耳」的爽快感を感じることができたわ――。
関連記事

Comment 3

2008.04.05
Sat
00:46

乱菊 #pMXl.iIs

URL

lucindaさん手フェチだったのー?
同じだ~ヾ(*`ω´*)
ワタクシその嗜好は実は二次元にも及んでいて、神葉理世さんの描くキャラの手にいっつも惚れ惚れしたりしています。ハハハ
ちょっと骨ばっているところが、とってもリアルでそそるのだー。

そして声の方にもそろそろイッてくださいよう。
どんな声が好きですか~?
もしくは誰が好きなんですか~?
ああっ、lucindaさんにBLCDかBLゲーのレビューを書いてほしいわ♪
かなり楽しみにしているんですが。

編集 | 返信 | 
2008.04.05
Sat
15:56

みち #akJVOkEc

URL

手フェチですか…私は男の人の手から肘までを見るのが好きだな。ビリヤードをしている人の腕とか、そのときシャツの袖がまくってあったりすると、「萌え♪」とか。

BLCDの坂道をゴロゴロ転がり落ちてる最中のみちですが(まだまだ落ち続けてる途中)、あのねえ、CDはヤバイ。本当にヤバいです。あれはねえ…ドラッグですよ、まるで(泣)。知りたくなかった…!

こんなに読ませる文章をブログに書かれるlucindaさんのような方は(お世辞じゃないですよ!)、きっと「言葉」に対してセンシティブな方だなとお見受けしてるのですが、そういう方は、「声」そのものの魅力にも敏感だけれど、「声で語られた言葉」の魅力にも敏感なんだと思います。そういうタイプの方はねえ…きっと、「声」と「台詞」が融合したドラマCDには、スッコーンと落ちるときには、落ちてしまうと思うの。(そして落ちてしまったら本当に大変・泣。私、先月、いくら費やしたか…)
ご興味がおありでしたら、いつでも「布教」しますよ? (←小悪魔的な受けっぽく笑いながら)

編集 | 返信 | 
2008.04.07
Mon
07:56

lucinda #-

URL

レスが遅くなってごめんなさい…。

>乱菊さん
そうですよねぇ……BLCD、いえ、モノは揃ってるんですよ? ただちゃんと落ち着いて聴けてないのです……でもきっと聴きます。ええ。

乱菊さんも手フェチだったのか。いいですよねぇ、手。
>神葉理世さんの描くキャラの手
これ、乱菊さんのブログで書かれてませんでしたっけ? それを読んで、すごく気になっていたと白状します…。

>みちさん
肘までいきますか。なるほどなぁ。
「声で語られた言葉の魅力」、知りたいような、知るとサイフの中身が心配なような……。あはは。あ、でもみちさんに教えていただいたCD、聴きますからねー!

編集 | 返信 | 

Latest Posts