FC2ブログ

カラ振リショッピング

 14,2008 23:12
客先での打ち合わせが終わった後、久しぶりに乙女ロードに行ってきた――のだけど。

――あったらいいなぁ…と思っていた同人誌も商業誌もまったく手に入らず、それがあまりにショックだったせいか、ほかの本にもあまり興味をかき立てられず、しょんぼりと乙女の町を後にしたのだった――こんなこともあるさ。

それにしても平日昼過ぎという時間帯ゆえ、人は少ないだろうと思っていたのだけど、思った以上に各店舗には客が入っていて、ちょっと感心した。学生だけじゃなく、わたしと同じように、仕事の途切れ目にフラっと立ち寄っているらしい人もちらほら。仕事中に何やってるんだか、と思わないでもないけど、読みたい本があったり、気になる萌えがあったりすると、そうも言ってられないわよね……わかる…わかるわぁ――と、うっすら微笑みながら店内を見ていた女はわたしです。

せっかくだからと、駅に近い大型書店に立ち寄り、BL以外の気になっている本を探しに行ったのだが、ここでも空振り。今日はツイてない日なんだわ……と思いながら単行本のフロアに行ってみると三浦しをんさんの棚を発見。

「悶絶スパイラル」をパラパラっと立ち読みして、笑い死にしそうになる。実はわたし、三浦しをんさんの作品は読んだことがない。ものすごく興味はあるし、きっと面白いハズだと確信しているんだけど、読んだらめちゃくちゃ影響されそうな気がして、なんとなく「地盤が固まるまでは近寄っちゃいかん!」と腰が引けているのだ。てか「地盤」って、なんの地盤だ?

ともかく、そんな個人的敬遠から、やっぱり読んでいない「シュミじゃないんだ」。でもちょっと見てみようかなぁ…とページをめくったとたん、しょっぱなから

「リバが好き」

の文字が飛び込んできてフキそうになる。「わー、わたしも好き!」と、心の中でと叫んだのは言うまでもない。しかしリバについて熱く語られている最初の章はどうにか読んだものの、「これ以上はヤバい!」という脳内警告を無視できず、パタンと本を閉じてそそくさと店を出た。

――そっかー、しをんさんもリバ好きなのねぇ。うーん、わたしもリバについてなんか語りたくなってきた!――

書店に入るまではしょんぼりしていたのに、妙にウキウキとしながら、近々ブログで、リバについて取り上げようと心に決めたのだった――ほらね? 影響されちゃうでしょ?
関連記事

Comment 6

2008.02.16
Sat
01:31

ぴよこ #-

URL

「地盤が固まるまで」・・・あああぁ、わかります。
でもそう思ってると、手を出せない本が増えませんか!?
物心ついたときから読みまくり人生を送ってきて、最近ようやくそのことに気づきました、笑。
地盤が固まるまで読めない本で、頭の中に蔵が建ちそうです。

「シュミじゃないんだ」
私も気になりつつ読んでないのですが、そうですか、リバが好きですか。
・・・いやん、読まないと。
「そもそも体の造りが同じなのに、リバにならないほうが不思議だ、
相手と同じ体験をしてみたいと思わないのか、冒険心のないヤツらめ!!」
くらいに思う私は「受け攻め琴線」のない無節操で無神経な女です。
ダメダメだ…

編集 | 返信 | 
2008.02.16
Sat
23:17

lucinda #-

URL

たしかに、「地盤が固まるまで」待っていたら、手を出せない本は増えるかもしれません。待ってるうちに興味がほかのに移っちゃう場合も、わたしはしばしばアリです。やっぱり、
「見つけたときに読んでおけ」
ということでしょうか…。

>相手と同じ体験をしてみたいと思わないのか、冒険心のないヤツらめ!!
わははは! その煽り、超共感できます!

編集 | 返信 | 
2008.02.17
Sun
15:23

miriam #SFo5/nok

URL

私もリバOKですよ~(笑)むしろ精神的には受攻逆な感じが好きです…萌える!
三浦しをん作品、まずは「風がつよく吹いている」でぜひ箱根駅伝萌えアゲイン…!(笑)

PCからだと何故かコメント規制されるので携帯からコメントしてみました。

編集 | 返信 | 
2008.02.17
Sun
15:53

乱菊 #pMXl.iIs

URL

精神的には受攻逆!
私もコレです。
miriamさんとは気が合うわあ~(´∀`*)
受けはめいっぱい気が強いくせに受けちゃうのー!
萌えるー!

リバでも基本下の人って、ある意味男らしいよねえ・・・と思ってみたり。
受けてあげてるんだからさ・・・なんて妄想は果てなく続く(笑)

編集 | 返信 | 
2008.02.18
Mon
01:02

茉莉 #-

URL

彼女のエッセイがお気に入りです。

私も彼女のそのエッセイを読んで、BL界に連れ戻されてしまいました。(その影響で余計な世界も広がり、初めて高●薫さんの某シリーズやよしながふみ氏の作品に手をだして経済的に大打撃です)

中学でやおいの洗礼を受けて以来、20代半ば位まではオリジナルや某アイドルグループや某アニパロ同人誌を大量購入していましたが、その後はなんとなく足を洗っていたのに、三十路を越えてから戻るなんて・・・。

歳が一つ違いで、同じような少女漫画を読んで育っているせいか、勝手な親近感も覚えてしまい、彼女のエッセイや対談を読むと、「何故自分がBL(もしくはやおい的なもの)に惹かれてしまうのか」という、積年のナゾへの回答らしきものがおぼろげながらも見える事もあります。

この方ってエッセイではこんなの(?)なのに、さすがに●木賞作家。私のお気に入りは、みなさんのおっしゃっているように箱根駅伝モノとBLの香りが漂う『月魚』、『秘密の花園』ですね。

地盤が固まるまで待ちたい気持ちは分かりますが、どうせ後で読むなら一緒なので、ゆるんでいる地盤に呑まれる覚悟でいま足を踏み出してみて下さい!

ちなみに私の場合、(全く同じ二人の間での)リバが苦手です。心が狭いんでしょうか?
リバを楽しめた方が、2倍美味しい(?)気がしてなんだか羨ましいです。

編集 | 返信 | 
2008.02.18
Mon
23:09

lucinda #-

URL

>miriam先輩
うーん、なんでコメントできないんでしょう…。ご迷惑をおかけしてすみません。
精神的に受け攻め逆、か。なるほどなぁ…。
あ、「風がつよく吹いている」は、vivian先輩からまわってくるのが楽しみ。そうそう、ロボものはどーします?(笑)

>乱菊さん
精神的に受け攻め逆って、しをんさんのリバの分類には入ってなかったんですが、でもアリだなぁ…。たしかに、受けてあげてますもんね。乱菊さんとしては、たとえばどんなカップルが該当するでしょう??

>茉莉さん
経済的に大打撃!(笑)。幸せなんだけどちょっと悲しいおまけですね。わかります。
実は他のブログで「シュミじゃないんだ」が紹介された時、コメントに「すぐに読んでみます」みたいなことを入れたんですよ。それなのに、「でもやっぱり…」とふんぎりがつかず半年。そろそろ決断の時かしら。
カップル内でのリバはダメですか……なぜなんでしょうねぇ…興味深いです。

編集 | 返信 | 

Latest Posts