スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷彩天国(神崎貴至)

 06,2008 22:16
これ、実は1月の「今月の表紙買い」にしようかどうしようか、迷っていた作品。確かに1月、店頭に文庫本として並んでいたこの作品を見て「買おう!」とは思ったのだけど、作品自体は前から知っていた。ただ絶版・重版未定作品で読めなかったというだけで。

タイミングはともあれ、読みたかった作品には違いない「迷彩天国」。文庫版で復活して嬉しかぎり。

迷彩天国Mission Complete 上 (1) (双葉文庫 か 31-1 名作シリーズ BOYS LOVE)迷彩天国Mission Complete 上 (1) (双葉文庫 か 31-1 名作シリーズ BOYS LOVE)
神崎 貴至

双葉社 2007-12
売り上げランキング : 74205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

欲と体力と若さに任せ、イキオイで入った自衛隊。そこでなぜか教官(男)に襲われ、しかもおいしくいただいちゃいました、な健全男子・藤崎賢吾。それからは「襲い受」な鬼班長・室見と、厳しい訓練の合間に、甘く激しいエッチを味わう日々だが──

迷彩天国Mission Complete 下 (3) (双葉文庫 か 31-2 名作シリーズ BOYS LOVE)迷彩天国Mission Complete 下 (3) (双葉文庫 か 31-2 名作シリーズ BOYS LOVE)
神崎 貴至

双葉社 2007-12
売り上げランキング : 74285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上官である室見との関係も、「性欲処理に都合がいいから」なんて割り切っていたつもりだった新米隊員、藤崎賢吾。だけど室見の「元カレ」百道が現れて、超動揺してる自分に気付いて──。

まあ「自衛隊」って、「ほぼ軍隊」「男ばかり」といった印象から、ホモ率が高いとか、ゲイが多いとか、そんな勝手なイメージを抱いてはいた。自衛隊関係者から、そんな話を聞いたこともあったし。

そんなわけで、自衛隊を舞台にしている「迷彩天国」は、エロもガッツリあるだろうなぁ……とは予想していたのだけど――予想外に主役の藤崎が「男同士での恋愛」を真摯に受け止めていて驚いた。

主人公の藤崎は、「金とクルマ」目的に、「大学受験より全然楽勝じゃん」という超安易な考えで自衛隊に入隊した鈍感単細胞男。厳しい規律がしかれた生活で欲求不満に陥っていたところ、上官の室見に襲われ、しかも気持ちよかったために、「男同士なのに」と思いつつも、なし崩し的に室見と関係を続ける。でも――室見が自分のことを心から好きらしいということ、そして同期の高取も真剣に自分のことを好きらしいことを知り、「それって、まるっきり女との恋愛と変わんねーじゃん…」と、藤崎の心は揺れるのだ。「男同士でも恋愛感情が発生するんだ」としみじみ噛み締めたりなんかして。

ま、そんな藤崎の感情の変化は、上官・室見の計算の裡といえなくもないのだけど、それでも、藤崎の室見に対する気持ちが徐々に真剣に一途になっていく様子はカワイイ。室見の昔の男・百道に嫉妬して張り合う姿は、「藤崎、とうとうそこまで室見のことを……」と感慨に浸ったりして。ともあれ、「男同士でエッチ」が、お気楽・おちゃらけで終わっていないのが、いいじゃん! と思ったのだった。

個人的には、藤崎よりも上官の「襲い受け」室見がいいなぁ……。ツンデレとは微妙に違う、あくまでも強気・攻め気な受けで、しかも「仕事キッチリ」。腕立て伏せを100回やった後に、64式小銃を素早く点検する姿は、カッコいいですよ。男も女も食いまくってる感じの百道も、気になる。それに比べて藤崎、わかりやすすぎなんだよなぁ……。同期の高取も乙女チックな妄想に突っ走っている様子がダダ漏れ――でも彼らも、自衛隊で経験を重ねるうちに、室見や百道のような、老獪な男になっていくのかしら――なんてね。

この作品、自衛隊・新隊員の教育や駐屯地の様子が描かれているところもいい。なんだかんだいって、実際にどんなことをするのか、どんな様子なのかわからない自衛隊訓練。野営演習徒歩行進とか小銃の分解とかシゴキとか、なるほどねぇ……という感じ。下巻は上巻よりも、藤崎と室見の関係にクローズアップしてしまって、訓練の様子の描写が少なくなっているのが残念だけど、自衛隊内の雰囲気は、想像できるような気がする。これはやはり、作者の神崎貴至さんの経験が生かされているのかしら。まあ、藤崎と室見が屋上で、倉庫で、リネン庫で……ありとあらゆる場所でヤリまくってるのは、非現実的だけどさ。妄想的にはオイシイけどさ。

ところで先日、こんなニュースを読んで、思わず「迷彩天国」を連想したわたしだ。関連した記事はこちら

食って、それも「おいしい食」って、やっぱり大切なのね――。ミリメシにも興味はあるけど、いつか手に入れたいと思っているのが「自衛隊オリジナルラーメン」の「標的」シリーズ。カップラーメンで、陸・海・空と3種類、3フレーバー揃ってるんですよ!
IMG_7068.jpg

陸上自衛隊は「うまさ狙い撃ち!」で「しょうゆ」。
海上自衛隊は「うまさ急浮上!」で「とんこつ」。
航空自衛隊は「うまさロックオン!」で「みそ」。
それにしても、「3つの味のターゲット!」って……。

市ヶ谷の防衛省見学でも手に入るらしいので、今度行ってみようかしら――。
関連記事

Tags: 神崎貴至 ガテン系BL

Comment - 4

2008.02.07
Thu
11:27

もと #4pDgvQA2

URL

熊本にいた頃、近所に自衛隊の基地?がありまして、年に一度の開放日に遊びに行った事がありますよ。
なんか、自衛隊饅頭的なのがあって、「ホント饅頭だけはどこにでもあるようなぁ・・・」と妙に感心しましたね(^^;
その時買った、迷彩タオルハンカチは、薄手ながらなかなかへたれない優れもので、未だに使ってたりします。確かとても安かった記憶が。
それにしても、そのラーメン、私も食べてみたいですね~。
あの頃知ってれば!!ヽ(`Д´)ノ

編集 | 返信 | 
2008.02.08
Fri
00:23

lucinda #-

URL

自衛隊饅頭も、聞いたことあります!
息の長い商品なんですねぇ……。
でもラーメン! やっぱ気になりますよね?

迷彩タオルハンカチの丈夫さも気になりますが……いやいや、そうじゃなくて。
「迷彩天国」にそういうグッズについて出てれば、また面白かったかもですねぇ。

編集 | 返信 | 
2008.02.08
Fri
22:42

en #-

URL

自衛隊といえば、年に何度か行われるコンサートですねー。
陸海空それぞれの音楽隊が、市のホールで無料コンサートを開くんですよ。
会場では、自衛隊グッズの販売をしていたり、広報誌を配布していたりしています。
子ども用の迷彩パーカーが可愛かったのですが、買っても無駄になるので、ピンバッチやポーチなんかを購入しました。
自衛隊マンガでは、雁須磨子さんの「どいつもこいつも」が面白かったです。BLではありませんが…。

編集 | 返信 | 
2008.02.09
Sat
01:45

lucinda #-

URL

自衛隊の音楽隊って、警察や消防の音楽隊と並んで、よく名前を聞きますよね。そして、自衛隊ならではだなぁと思うのが、大砲を使う曲(チャイコフスキーの「序曲1812年」とか)の演奏。いつか聞いてみたいと思ってます。

コンサート会場でも、自衛隊グッズを売ってるんですねぇ。しっかり販促活動してるなぁ……。「どいつもこいつも」、チェックしてみます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。