FC2ブログ

日常生活における妄想

 03,2006 21:51
高村薫や五條英の作品世界みたいだよね、とvivian先輩と意見一致した、このニュース。根が深そうだ。フィクションみたいな現実というか、現実がフィクションを追い越しつつあるのか…。件の中国人女性は魔性か?

閑話休題。

以前、「vivian先輩は、仕事で仕方なく対応しなくてはならないイヤなヤツを、やおい設定にして脳内報復している」と書いたが、ここしばらく、先輩と共通の敵=イヤなヤツのやおい設定に、わたしも参加している。ある意味、究極の3次元。てか、鬼畜のような趣味。

いい加減で態度のデカいAさん。
調子がよくて口先だけの全然アテにならないBさん。
こちらのスケジュールを無視して仕事を押し付けるCさん。
仕事を投げっぱなしで、ギリギリまで何も報告してくれないDさん。

AさんとBさんは仲が良いので、わたしたちの勝手なイメージにより「受け=Aさん、攻め=Bさん」と決定。そしてAさんに横からちょっかいを出すのがDさん。そのDさんと過去にワケありなのがCさん。じゃあ、やっぱりわたしたちの勝手なイメージで「受け=Cさん、攻め=Dさん」にしちゃいましょう。

もう、盛り上がる盛り上がる。A~Dさんには申し訳ないけど、やめられまへん。

しかし、実はわたしは、Cさんだけ顔を知らなかった。Cさんは、A、B、Dさんと同じ職場の人だが、vivian先輩とは関わりはあるものの、わたしとはないからだ。

それが、今日、vivian先輩と打ち合せに出向いた先で、遠くからだったけど、ようやくCさんの顔を拝めたのだ! 後ろ姿だって見ちゃったもんね。「lucinda、見すぎだから!」と、隣りで先輩にたしなめられたけど、いやぁ…なるほどねぇ…と、1人ニヤついているわたしだった。

たしかに、「Dさん×Cさん」ですよ、先輩!
また想像力が広がっちゃうわ……。

ところで、vivian先輩と共通の「イヤなヤツ」はほかにもいるのだが、今のところ「やおい設定」には登場していない。先輩曰く

「だって、ビジュアルが受け入れられないんだもん!」

断っておくが、A~Dさんのビジュアルが特別素晴らしいというわけではない。ま、やおい設定が許せる程度というところ。脳内だろうが、超私家版だろうが、やおいの男には美しさが求められるのだった。乙女心は複雑なのよ。<30半ばで乙女とかいうな、という抗議は甘んじて受けます。すみません
関連記事

Comment 0

Latest Posts