FC2ブログ

ようやく帰ってきた…

 07,2008 16:26
松も取れる寸前に、ようやく自宅に帰ってまいりました。

帰宅前日、突然父がPCを買い替えると言い出し、言い出したばかりかさっさと購入してしまったため、データの移行やバックアップ、新PCの設定にほぼ一晩中翻弄されてしまったのだった。確かに実家のPCはすこぶる調子が悪かったけども――「PCのことが(自分よりは)わかる娘がいる間にナントカせねば大変なことになる!」と、きっと野生のカンのようなものが働いたに違いないとしか思えない、パパンの唐突な行動。ああ、もっと早くそのカンが働いてくれていたら、ブログのコメントもつけられたのにねぇ……いいけど。

ま、世間は4日から仕事始めだというのに、「仕事が詰ってないし、ゆっくりできそう…」などとダラダラしていたわたしに与えられたバチかカツなのかもしれません。世の中、ラクできないものですね。

寝不足だというのに、新幹線で読んでいた本。
人肌の秘めごと (f‐LAPIS LABEL)人肌の秘めごと (f‐LAPIS LABEL)
沙野 風結子

プランタン出版 2007-02
売り上げランキング : 115928
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

空いていたのをいいことに、サクサクと読み進めてしまった。感想は……個人的にはちょっとノれなかったなぁ……。攻めのカメラマンも受けの出版社副社長も、あんまり好きになれなかったのが敗因。文章は上手いと思うんだけども。

そして、実家にいる間、新聞のこんな記事を読んで、「活字離れ」ってホントに進んでるということか……と、しみじみしてしまった。調査地域が中国地方だけなのが残念だけど、子どもよりは大人の活字離れが目立ったみたい。大人の読書する姿を見ないと、子どもも読書しない確率は高まるかも。そう考えると、偏りはあるにせよ、本やマンガを読みまくるオタクが近くにいる子どもさんは、読書好きになる可能性は高い? ついでにその子どもさんはオタクになる可能性も高い? これって、オタクの連鎖…かしら!? むしろ類友現象というべき?

そんなことをウダウダ考えて過ごした正月。やっぱり昨夜のPC買い替えは、わたしへのカツだったのかも――。
関連記事

Comment 6

2008.01.08
Tue
01:42

ぴよこ #-

URL

活字離れって進んでるんですねー。
仕事で中学生の作文を大量に読むのですが、
読書に関しては「一か月に1冊読めばよいほうだ」という意見が目立ちます。
「えぇっ、本読まんかったらどこで萌えをみつけんねん!?」とはコメントできないので、
「幅広い知識や考え方が身に付きますよ」とオブラートに包んで諭します。
今の若者には、本読んで妄想にふける以上に楽しいことがあるのか…(感無量)。

編集 | 返信 | 
2008.01.08
Tue
14:30

lucinda #-

URL

うーむ、「1ヵ月に1冊」って! 少ない……。でも、読書の楽しみを知らなければ、それですむもんなんでしょうねぇ。そういえばわたしは読書は好きでしたが、読書感想文はキライでしたね。読む本(しかもつまらなそう)を指定されて書かされるのがイヤだったんです。あんな気持ちなのかなぁ。
>今の若者には、本読んで妄想にふける以上に楽しいことがあるのか
ゲームとかネットとか、ありますもんね……ああ……。

編集 | 返信 | 
2008.01.08
Tue
14:33

アラスカ #JalddpaA

URL

親が読書をしていても

幼少時から、親が死ぬほど本を読んでいる姿を見ているのに、娘は大の活字嫌いでマンガすら読みません。

「何があっても、お母さんの本に触っちゃダメだからね!」と言い聞かせて育ったから、本嫌いになっちゃったのかな・・・。(だって中身を見られたら大変だし)

BL本を読むのに忙しくて、子供への読み聞かせを怠ったからかな・・・。
今では反省するばかりです。

編集 | 返信 | 
2008.01.08
Tue
15:04

lucinda #-

URL

そうなんですか! なるほどなぁ…。でも、これから娘さんが成長される中で、読書が好きになるきっかけがないとは言い切れないのではないでしょうか。なにより、BLじゃなくても、小説やマンガについて、お母さんに聞いたり話ができたりする環境にある娘さんは、羨ましいなぁと思います。

編集 | 返信 | 
2008.01.11
Fri
12:40

もと #4pDgvQA2

URL

あ~、活字離れはすごいですよ。我が家でもそうです(^^;
母は気に入ったアニメの原作ラノベなどを読みますが、子は気に入ってても「それは別」といいます(;´Д`)
基本、読んでケータイ小説レベルっぽい。
あんな横書きのスカスカ本、本とか認めん!って事で、私は買ってやりませんが。
うちは、吉本ばなながお気に入りらしいです。
何人かの若手小説家(と私達が感じる作家さんだけど、現在では中堅以上かな?)の短編を、テーマに沿って集めた、ワカモノ向け小説本をきっかけに気に入ったようで、吉本ばなな総集編とかも買いました。
「キッチン」とか「うたかた~サンクチュアリ~」とか懐かしかったわ~(´▽`*)

でもこのレベルで、ホント、月に一冊読めばいいくらいですよ。
活字そのものはネットでblogなんか読んでるけどね~、変な文章の同世代の奴(^^;
わざと間違い使いをした言葉や漢字を使うけど、本当に分かってるのかいつも気になるな。
自分もDS文学全集とか買ってみたけど、まだ読めてないな。
久々に夏目漱石のこころとか読んでみたいんですが。

編集 | 返信 | 
2008.01.13
Sun
20:31

lucinda #-

URL

吉本ばなな、10年くらい前にすごいブームだったけど、もとさんのお子さんの世代でもファンがいるんですねぇ…。ちょっとホッコリした気持ちになります。
ケータイ小説は、わたし、けっこう読むのがしんどかったんですが……あのノリに慣れるまでちょっと苦労しました。でも逆に、漱石などを今読むのも、慣れるまで苦労するかもなぁ。
ヘンな言葉の使い方、無知なのかわざとなのか、判断に迷うこと多々アリです。もう好きか嫌いかで判断するしかないよなぁ…と思ってます。

編集 | 返信 | 

Latest Posts