ブログから考えるBLとゲイ

 24,2007 23:25
ブログランキングなどで同性愛カテゴリにエントリーされているブログを、ちょこちょこチェックしている。そんな中で、こんな記事を見つけ、ちょっと腐女子としてのアンテナとバイとしてのアンテナが震えた。

だって記事の中で、「ここで警告! ボーイズラブ(いわゆるBL)からゲイに興味を持った方。幻想を美しく楽しみ続けたい場合は今回の映像をけっして覗いてはなりません!」と、わざわざ但し書きされているんだもの。

この記事からリンクされている動画は、”知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」”というトークイベントでの1コマ。そのため、実は腐女子の好奇心だけではなくビアンの好奇心も、そしてもちろん、腐女子でもなくビアンでもないブログ読者の好奇心も意識して語られている。

それでも紹介記事で、「ボーイズラブ(いわゆるBL)からゲイに興味を持った方」と書かれることが興味深い。

このブログを管理されている方はゲイということで、もしかしたら常々、BLや腐女子の妄想をうっとおしく感じていらっしゃるのかもしれない。以前にも取り上げたことがあるけど、「BL作品と一緒にするな」というゲイのコメントを目にすることが時々あるし、わたしも「BLはファンタジーだから、ゲイと一緒にしてはいけない」と思っている。

でも――同性愛カテゴリにエントリーされている、ゲイが恋愛について綴っているブログに対して、「腐女子の妄想がウザい」とか「腐女子の創作はやめろ」とかいうコメントが時々入れられているのを読むと、ギョッとするのだ。

そのブログが事実が創作かはともかくとして、そういうコメントを入れている人たちは、明らかに、ブログに書かれているゲイの心情を読んで、腐女子(の妄想=BL)を結びつけているということでしょう?

ゲイたちはBLとゲイを一緒にするなと主張しているのに、
ゲイじゃない人たちは、どこかでゲイとBLを結び付けている。

――なんだ、このねじれた感じ――

と思っていたら。

「男子校カフェ」を見つけたきっかけになった、円山てのるさんのブログ「低能流[ゲイ]文章計画」の記事を読んで、なんだか目からウロコが落ちるような気がしたのだった。とくにこの部分。

僕はゲイとして、BLをゲイネスの一端だと見ないわけにはゆかない。もっと言えば、BLをゲイネスと言わずして何がゲイネスなのか―――とのことにもなるのだが、どうもその辺りがぼやかされていて、<世間さま>に言わせればこれで良しとなる。

――ゲイで「BLをゲイネスの一端」と言う人もいるんだなぁ――

しみじみ感動していたのだけど、何度か読むうちに、ひょっとしたらこのコメントは、これまでわたしが目にした「BLとゲイを一緒にするな」的コメントとは、立ち位置が違うのかもしれないと思うようになった。

つまり、これまでわたしが目にした「BLとゲイを一緒にするな」的コメントとしては、

●美しい男しか登場しない
●セックス描写で、必ず挿入があるのがありえない
●そもそもやおい・BLのセックス自体がありえない
●現実のゲイはキモイというのが無礼千万

などという、設定やセックスシーンの描写、そして腐女子の身勝手な妄想に関するものがほとんどだったと思う。

だけど円山さんのコメントは、もっと根本的なことを問いかけているような気がする。つまり、「男同士で恋愛や性愛や愛憎劇を繰り広げるBLの登場人物たちは、ゲイを表現している(のでは?)」ということ。

たしかに、男同士で恋に落ちたり愛を深めたりする彼らは、ゲイ以外の何者でもない。「お前以外の男はダメだ=男はお前じゃないと勃たない」という設定にしても、たとえ一人でも好きな男がいるなら、バイとは言えてもゲイじゃないとは言えないはず。

そしてまた、

ゲイではいけないがBLなら良し、ゲイではいけないがレズビアンなら良し、―――これらもまた一方的な差別ではないのか―――、などと、僕はつまらないことを言いたくなる。

という一文や、ブログコメントの中の円山さんの言葉

「一般的にはBLであれば、あれだけ露骨なゲイ表現なのに受容されてしまう傾向があり、いっぽう、生のゲイは白い目で見られます。その切り分けがとても不思議です。BLが良いのなら、生のゲイも良いはずでは……と思うわけです」

を読んで、これはわたしが「ねじれ」を感じていた、ゲイのブログを読んで勝手に腐女子の妄想だと決め付けるコメントがつけられる理由につながるのかなぁと思ったのだった。つまり、

「ゲイじゃない人たちは、どこかでゲイとBLを結び付けている」=「ゲイじゃない人たちは、腐女子を嘲笑しながらも、ゲイの表現手段としてまず思い浮かべるものがBLである」

ということか。同時にこれは、ゲイじゃない人たちが現実のゲイを知らない、知る機会がない、あるいは知ろうとしない証ということかもしれない。

――うーん、BLとゲイについて、自分なりに一つ結論が出て、ちょっと満足。まだまだ、疑問はたくさんあるけど。

まあ、「BLや腐女子の妄想と一緒にするな」と言うゲイもいる一方、aya-meさんが先日行われた「腐男子アンケート2」結果のように、BLを愛読する(茨道を行く)ゲイもいる。彼らはBLにありえなささを感じつつも、「ファンタジーだから」と割り切っているようだ。

でも考えてみれば、別にBLじゃなく男女モノでも、小説やマンガのシチュは現実にはありえないものの方が多いはず。それなのに、BLはやたらと「ファンタジーだから!」と唱えられるのは、やっぱりマイノリティである男同士=ゲイが扱われているからかしら?

ところで、”知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」”の動画つき記事は、01~13まであるのだけど、全般的にすごーく面白かった。

印象的なのは「挿入がセックスの前提だと考えている。挿入がないとセックスと認めないという風潮」という、03のコメント。「アナルに入れたがるのはノンケが多い」「ノンケの女はタチやりたがる」というコメントも、「挿入がセックスの前提…」を裏付けているかも。

また、ゲイのオネエ言葉(「オネエ言葉には段階がある」など)や男性のセックスでのあえぎ声(「男対男のあえぎ声は野郎アイテム」など)について議論されている11や12も興味深い。BLに関連したコメントは、02、03、12かな。

ともかく動画を見る前は、またBLを読んでいない人たちのBL批判なのかと身構えていたのだけど、実際はそういうわけでもなかったことにちょっとホッとした。

パネリストの一人であるゲイの男性は、「BLも、エロシーンが明らかに男女の代替だと思われるものはダメだけど、そうでないものは、受け入れられるものもある」みたいなことを言ってるし。

うん、実際にBLを読んでいる人のコメントは不愉快じゃない。「BLに絡めて何か評したいのであれば、まずはBLを読むべき」(by三浦しをんさん@「あのひととここだけのおしゃべり」)は間違いない、ですね。
関連記事

Tags: ゲイ 腐女子 サブカル ホモフォビア

Comment 8

2007.12.25
Tue
21:56

月読 #-

URL

こんばんは。

いつもlucindaさんの記事はおもしろくて、ワタシはウズウズしちゃうんですが、どうしても上手に自分の考えてることを文章に出来なくて、自分自身にジレジレしちゃってけっきょくはコメントするのを諦めちゃう(苦笑)。
で、今回もウズウズしていながらこういう内容のナイコメントになってます(^^;)
「客体」なのかどうかもいろいろ考えたんですが、うまく言えなくて・・とほほ。

編集 | 返信 | 
2007.12.26
Wed
01:30

lucinda #-

URL

ありがとうございます!

わたし自身は、このブログ内容をご覧になってもうお察しかもしれませんが、とにかくぐだぐだあれこれ考えるタイプで、考えているうちに書こうと思っていた中心がズレていくこともしばしばで……ははは。
ですので、もう、コメントをいただけるだけで嬉しいのです。お嫌でなければまたコメントしてやってください!

編集 | 返信 | 
2007.12.26
Wed
19:08

円山てのる #yJfEqnFw

URL

触発されて、記事を書きました

BL作品について、新たに記事を書きました。TBさせていただいておりますので、宜しくお願い申し上げます。

編集 | 返信 | 
2007.12.27
Thu
11:27

lucinda #-

URL

うれしいです

TB、何度か確認したのですが、どうも完了されていないようなのですが…。
記事も拝見させていただきますね。ご報告をありがとうございました!

編集 | 返信 | 
2007.12.27
Thu
15:05

かりんこ #-

URL

>「ゲイじゃない人たちが現実のゲイを知らない、知る機会がない、あるいは知ろうとしない」
・・・そのようなことを、私もつい先日自覚させられたばかりです。というか男性の友人と話していると彼らの方がゲイに対する抵抗感みたいなのが強くて、それをわが身に置き換えてみたときに、ビアンのことを殆ど知らなかったことに気付いたというのがありました。「知らない」ということはやはり偏った考えになりやすいので、気を付けねば!と思いつつ、ついつい妄想に耽ってしまいがちなんですけどね(笑)

編集 | 返信 | 
2007.12.28
Fri
18:39

lucinda #-

URL

男性は、ゲイという言葉にかなり抵抗感を見せるとは、わたしもつねづね感じてました。でも本当、知らないことで、いつの間にか誰かを傷つけるということは、ありますよね…。

>ついつい妄想に耽ってしまいがちなんですけどね(笑)
事実を知っているのと、妄想するのとは、別ですもの…ははは。

編集 | 返信 | 
2010.05.04
Tue
21:05

マリン #-

URL

私は両性愛者ですが、BLが好きです。lucindaさんの記事に全面肯定します。

>BLじゃなく男女モノでも、小説やマンガのシチュは現実にはありえないものの方が多いはず。
私も感じていました!
現実にはありえない設定なのは異性愛ものも一緒なのに、どうしてドリームな設定のBLは‘実際にはこんな事ないから!腐女子の妄想だから!’って否定されるの~!?って

>BLも、エロシーンが明らかに男女の代替だと思われるものはダメだけど、
私も同じです。
攻めの子が女装した受けの子に欲情する、っていうシーンがBLには結構ありますが、こういうのって結局異性愛にあてはめてを考えているんじゃないかと思い、イラッとします(Sexシーンの役割固定もしかり)。

編集 | 返信 | 
2010.05.06
Thu
07:30

lucinda #-

URL

マリンさん、コメントありがとうございます。

以前ほど、強い否定というか抵抗感みたいなものはないのかなぁ…と思うこともありますが、どうなんでしょうかね。でもBLとゲイを一緒に取り上げるとき、かなり気を遣わなくちゃ…と思う自分がいます。

私もBLで、男女の代替的なものは好みではないのですが、それがいいんだと思う人もいる、ってところがフクザツだし面白いとこかもしれません…。

編集 | 返信 | 

Trackback 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  【腐男子アンケ2】 「腐男子への質問集」結果発表
  • 風邪に引き続き、ネットの回線が不安定という悲劇続きです。 不安定な回線にちょっと怯えながら書いています。 サポートセンターの人の協力によりモデムの問題とわかり、 モデムの交換が必要になったので解決は明日以降となりました。 いいひとだった…イケメンだっ...
  • 2007.12.26 (Wed) 22:47 | ゲイ&腐男子のBL読書ブログ

Latest Posts