FC2ブログ

それがたとえ玉であっても

 13,2007 23:54
仕事の取引先の一人・Gさん(女性・30代後半)は、パチンコにイカれている。

今日、仕事後の打ち合わせで、我がボスがGさんに影響されてパチンコにハマり始めたらしいことを知らされた。それも、「Gさんがパチンコをあまりに楽しそうにするから」という理由。ちなみにボスは、パチンコにハマるのは2回目。以前は海外生活でパチンコから離れたため&帰国後に贔屓にしていたパチンコ屋が潰れたため、パチンコ熱が自然消滅していたのだという。

「私は今、エヴァとサクラ大戦をやってるの」とボスが言うと、「エヴァって出ますか? 私、このごろなかなか出なくって…」とGさんが身を乗り出す。カクヘンだの、デジハネだの、甘デジだの、連続リーチだの、よくわからない用語が飛び出すわ飛び出すわ。

「ごめん、lucindaにはわかんないわよね」と、ボスとGさんに恐縮されたけれども、しかし二人の姿は、そのまんま、先輩ズの姿にそっくりだと内心思っていたのだ――何かに夢中になっている人の会話のスピードや目の輝きって似てるのね。

パチンコにハマって約1年というGさん、毎月20万は費やし、18万は勝っているという。ボスは復活ハマりして1ヵ月。「毎回、使う上限は1万円と決めてるの」。

わたし「毎回…って、ボス、週にどれくらい行ってらっしゃるんですか?」
ボス「4回くらい…? 毎日行かないように気をつけてるのよ?」
Gさん「あ、でも上限を決めると、勝ちを逃したりしません?」
ボス「それはあるのよね。2箱出ると、イケるような気がするもの」
Gさん「わたし、3箱出てダメだったことがありますからね。だから4箱出ないとダメ」
ボス「あ、わたしも結局は4箱かな」

――いつの間にか置いてきぼりなわたし……。なんにせよ、ボスとGさんが相当パチンコにハマっていることだけはわかる。

「Gさん、そんなにパチンコにハマってること、ご家族はご存知なんですか?」とふと聞いてみたら、Gさんは笑顔で言うのだった。

「ううん? わたし、自宅にパソコンを持ってないのね。だから休日にパチンコに行く時は、『ネットカフェに行ってくる』って行って出てるの」

――ウ・ソ・ツ・キ!

ところで、Gさんもボスも、最初にパチンコにハマったきっかけは、当時のカレシにつきあってパチンコ屋に行ったこと。そこで勝ったことが、相当大きかったらしい。

「パチンコって、ハマる原因が3つあると思うのよね。1つ目は、最初にすごく勝つこと。で、2つ目は、前回勝って気持ちよくなって、次行くと勝てないこと。ところが3つ目、日にちを改めて行くと勝っちゃう。これでハマっちゃうのよ」

Gさんの言葉に

「でも、2回目に行って負けたのに、どうして3回目に行こうと思うんでしょう?」

と食い下がるわたし。

Gさん「1回目勝ってるから、負けても、こんなわけはないって思っちゃうのよね。わたしはバブルの頃、競馬もやったことあるんだけど、1回目は1万円勝ったものの、それ以降は全然ダメだったのね。だからハマらなかったもの」
ボス「そうね。勝てるって刷り込みは大事よね。でも最初は誰でもビギナーズラックで勝ったりしない? あれで負けるのはよっぽど不器用じゃないかと思うのよね」
Gさん「もう今日はダメかなと思うと、出たりするでしょ? そうするとやっちゃうんですよね」

――ふたたび置いてきぼりなわたし……。それにしてもボスなんて、今年の4月頃までは、ずっと好きだったデビッド・ボウイのDVDを買いまくっていたのに、それはもう一段落したってことなんだろうか。それでいえば、Gさんはパチンコの前にハマっていたモノって何かあったんだろうか?

「あ、わたしサッカー選手で好きな選手がいて、彼が所属するチームを応援してたんだけど――でもね、彼がいなければそのチームは応援しなかったかもしれないし、サッカーにもあそこまでのめり込まなかったかもしれない。そう考えると、人に好き嫌いを委ねるってどうなんだろうと思っちゃったの。その点、パチンコは相手が機械だし、自分の運ひとつってのがいいの」

――なんて斬新な意見――。わたしの周りなんて、アイドルなりミュージシャンなり俳優なり、誰か個人に激ハマリしている人が多いけれど、その人たち全てを敵にまわすような意見ですね!? しかも「自分の運ひとつってのがいい」って、もう根っからギャンブラーですね!? 「あ、それわかるわぁ」と言ってたボスも、ギャンブラー認定です、lucinda基準で。

まあそうはいっても、Gさんとボスを見ていると、やっぱり先輩ズをはじめ、BLにハマっている友人やブログでやりとりしている人たちが脳裏に浮かぶのだ。誰かを好きでハマろうが、自分の腕如何でハマろうが、「ハマる」という現象そのものがポイントなのだと思う。そして仕事やら家事やら何やらで日々ストレスフルだと、何かにハマらずにはいられないってことかもしれない。

「で、そういうlucindaはナニにハマってるのよ?」

不意にボスとGさんに尋ねられたけど、咄嗟に「えー……、わたし、マンガとか本に毎月5万は使ってます」と答えておいた。ここで「やおいやBLにハマってます」と言えない雰囲気だったのだ。取引先の人に引かれるのはイヤだものねぇ…。

「毎月20万ぐらい使わないとハマってるとはいえないわ!」などと責められたけれど――。というか、毎月20万はハードルが高すぎですから!(わたしには) 20万は使えないけど、買った本を読んでるし、ブログをやってるし、時間は費やしてますから!

――もちろん、この反論を彼女たちが聞く機会はない――。
関連記事

Comment 7

2007.11.14
Wed
12:36

かりんこ #-

URL

こんにちは。

なんだかlucindaさんの周りって、豪気な方が多いですね~。楽しそうな職場で羨ましいです。20万ってすごい金額ですよね。月に4,5万でも痛い自分にとっては羨ましいというか、まねできないというか(笑)
なんにせよ、夢中になれるものがあるのはいいことだと思います。

編集 | 返信 | 
2007.11.14
Wed
12:49

lucinda #-

URL

好きなものにお金を費やすことに躊躇がない、という人は、たしかに周りにゾロゾロいますね、しかも仕事関係。彼ら・彼女らを見ていると、感覚が麻痺してくるのが怖いです。とかいいながら、わたしが一番ケチかもしれないと思わないでもありません。でも生活ってもんがありますからねぇ…!

今回取り上げた人たちは全然腐女子ではないのですが、ハマっているモノを語る時の顔つきやしゃべり方が、本当に、周りの腐女子を思わせるものだったんですよね。それがないと、この世知辛い世の中は渡っていけないという気持ちだけは共有できたような気がします(笑)

編集 | 返信 | 
2007.11.14
Wed
21:55

miriam #SFo5/nok

URL

毎月20万をBLやら同人誌に費やしたら・・・部屋がすぐに大変なことに(笑)
ギャンブルはモノが増えないから可能なんだなあ~。

オタクの業は収集好きというところもあるのでは?ちなみに収集癖がある人でギャンブラーってあまりいないよね。相反するものなのかしら。

編集 | 返信 | 
2007.11.14
Wed
23:03

アラスカ #JalddpaA

URL

20万とは凄いですよ。私はパチンコはやりませんが、たぶんそれは1回目も2回目も出なかったからだと思います。(今にして思えば、本当に良かった)
5万円も本代に使っていれば、それはもう立派にはまっています。年間60万ですから!。この出版不況の世の中で、これだけ買ってくれる方は貴重でしょう。

それにしても、失礼ながらlucindaさんの業界というのはすごく景気のいい職種なんですね。(あっ、MYパソコンが職種を触手と一発変換しました・・・)

ところで横レスで失礼しますが、
 >収集癖がある人でギャンブラーってあまりいない
なるほど。確かにそんな気がします。

編集 | 返信 | 
2007.11.15
Thu
14:07

lucinda #-

URL

>miriam先輩
たしかに、毎月20万円分買ったら部屋はもうもちません。あ、でもそれくらい費やせるなら、広い部屋に住めるのかしら。

>オタクの業は収集好きというところもあるのでは?ちなみに収集癖がある人でギャンブラーってあまりいないよね。相反するものなのかしら。
鋭い…! しかしボスは、わりと収集癖もある感じに思えるのがナゾです。今度探りを入れてみよう…。

>アラスカさん
いやぁ、2回目まで出なかったのは、多分ラッキーですよ、きっと! ボスやGさんのハマりっぷりを見てるとそう思います。あ、「毎月本に5万」は、ちょっと言いすぎです。毎月3万くらいです。二人の前で虚勢を張っちゃいました(笑)

>lucindaさんの業界というのはすごく景気のいい職種なんですね
わたしも自分で書いていて、すごく儲かっている業界みたいだなぁ…と思いましたが、いえ…それが……。あ、景気のいい人はいると思いますが、業界が景気いいというより、そこで働いている人たちに、オタクやギャンブラーが若干多めな傾向があるかもしれません……。

編集 | 返信 | 
2007.11.19
Mon
00:28

もと #4pDgvQA2

URL

話がちょっとそれちゃいますが、以前、やはり漫画オタクな友達と話をしてた時の事。
二人ともタバコを吸わないんですけど、どうしてなんだろう?って話になったんですよ。
私も彼女も、周りにスモーカーが多いし、好きなら多分何があっても吸うタイプ。
なのになぜ?と考えて行き当たったのは「そんな金があったら単行本を買う」という事で意見が一致した(笑)
「喉が渇いたら自販機の缶コーヒーで済ませても本買うよね~」とか、結局本を買うことしか考えてないらしいという事に行きあたった。

何かを手に入れるには、何かを捨ててるんじゃないかな~って気がしましたね。
ボスもGさんも、パチンコするために色々捨ててるのかな?とチラッと思いました。
でも、社会的に見て大きく逸脱してなければ、好きなことをして過ごせる、そういうものを見つけた人の方が幸せじゃないかな~って思ったりするんです。
いつだか無趣味な友達が「死ぬまでには何か趣味を見つけないと」と言ってるのを聞いて驚いたことがありました。
そうか、何か好きなことが趣味になるわけじゃない人もいるんだな~って。

編集 | 返信 | 
2007.11.19
Mon
14:13

lucinda #-

URL

タバコを買うお金があったら単行本を買う、っていうの、わかりますね。わたしはそれが、単行本であったり、飲みに行くことであったり、時によって違うことがありますが、やっぱり好きなことを優先させたいですもの。

>何かを手に入れるには、何かを捨ててるんじゃないかな~って気がしましたね。
その通りだと思います。しかし改めて言われてみると、ボスたちはともかく、自分が捨てたものは何なのか、見極めたいような知りたくないような(笑)。
もとさんのお友達は、好きなことがあるのにそれが趣味じゃないってことなんですかね。捨てられるものがないということかもしれませんね…。

編集 | 返信 | 

Latest Posts