FC2ブログ

やっぱりマンガが好きなのね

 05,2007 23:26
先週後半はイトコのセイちゃんが、出張がてら妹・スーのところに宿泊したため酒盛りが、そして週末は仕事の大先輩・Aさんに誘われて八ヶ岳方面に旅行――という、いつになくアクティブな日々を過ごしてきた。

Aさん(推定40代半ば)がわりとマンガがお好きなんじゃないかなぁと感じることは時々あったのだけど、道中、どうやら現在は奥さんと二人して「もやしもん」にハマっているらしいとわかった。医療関係者の奥さんの、「菌とかいっても、時々ウィルスが入ってたりして間違ってることもあるんだけどさー、でも面白いの」という言葉が印象的だった。――医療とか化学とか理系の匂いのするものや、弁護士や政治家など法律系の匂いのするものって、カッコよくて惹きつけられるけど、関係者に誤りを指摘されるリスクの多い分野だよなぁ…。それだけ、日常に身近だってことでしょうかね。

その奥さんは、ドラマで「のだめ…」にハマったらしく、誕生日には、Aさんがコミックスを全巻、大人買いしてプレゼントしたらしい。奥さんもわたしも、偶然にもかつて吹奏楽部にいたことが判明し、「あれは、吹奏楽とかオケとか、経験のある人には余計に面白いよねぇ!」と、大盛り上がり。

「今年のゴールデンウィークにね、フェリーで韓国に行ってきたんだけど、帰国して1日空いちゃったのね。それでダンナと、『福岡だし……行くか!』って、のだめの故郷のあたりとか行ってきちゃったのー!」

――奥さん……それ、完全に「地どり」ですね……。

「もう本当に佐賀に近いのね、あのあたり。有明海も見てきたわ。ムツゴロウも見たわよ。で、ほら、ドラマで写ってた橋があったでしょ? あれも見て、これかぁ…とか思いながらしみじみしちゃった」
「へぇぇ…」
「でね、『ベトベン』! あの看板もちゃんと見てきたわよ」
「ベトベン!?……って、ありましたっけ?」
「原作にも出てたんだけど、カラオケ屋なのね。で、ホントはもう潰れちゃったらしいんだけど、ドラマで人気が出たから、看板だけ残してるんだって。わたしも、旅行前にファンサイトを見てて知ったんだけど、あの看板を見たときはもう、ダンナと大コーフンよ!」

――もうほとんど、マニアの域に片足を突っ込んでるじゃないですか……。すごく気になって帰宅して確かめてみたら、たしかにちょこっと出てました、「ベトベン」。これをドラマに盛り込んだドラマ制作者もすごいんじゃなかろうか。

「ドラマはビデオにぜーんぶ録画してるから! 見たいときはいつでも貸すわよ。あ、アニメはねぇ…わたしはなんか、ドラマの方が好きだな」と言う奥さんは、のだめのCDもマングースのグッズも買ってしまったらしい。ああ、正しいハマり方だ……。

ところで、八ヶ岳あたりには、サントリーの白州蒸溜所があるので工場見学に行ったのだが、最後の試飲のあと、所内のショップをウロウロしていると、Aさんが手招きするではないか。

「なんですか」と近づいてみたら、ジャジャーン!と効果音が聞こえてきそうな勢いで、ある本を指差された。

プロフェッショナル 仕事の流儀 11

3人分にまとめられたその本には、どうやらサントリー関係者が掲載されているようなのだが、それよりも目立っていたのが、現役特殊救難隊の隊長だった。そう、Aさんは先日、わたしがいかに「トッキュー!!」に夢中かをさんざん聞かされたため、これを見せなければ!と思ってくださったらしい――ううう、こんな後輩のために、いろいろすみません、Aさん――。

それは以前、miriam先輩が録画し、それがvivian先輩の手元に届き、そしてその恩恵に預かってわたしも見たもの――でもこんな風にまとめられているんですね。しかも書籍で(DVDもあるようだけど)

「え、『トッキュー!!』が好きなの? 女性なのに少年マンガを読んでるなんて珍しいね」
「『トッキュー!!』って、『海猿』みたいな感じ?」
などと、ほかの人たちに言われながらも、「トッキュー!!」がいかに面白いか力説し、強力に奨めてきた。

そしてAさん夫妻は、「もやしもん」のアニメを、皆さんに強力に奨めていた。

――以前から、オタクやマニアの周りには、自然とその話題が集まるような気がしていたけど、今回もそうだったような気がしないでもない。30代でも40代でも、多分50代でももっと上でも、みんなマンガが好きなんだね――。
関連記事

Comment 2

2007.11.07
Wed
23:13

もと #4pDgvQA2

URL

以前話したかもですけど、私、結婚する時に「一生マンガだけは辞められませんから」と宣言しておきました(笑)
中学でマンガの本を買うことを辞めたという夫には、かなり奇異に映ったらしい。
でもそんなの関係ねぇ!
マンガは好きな人はホント好きですね。
何歳かとか、全然関係ないですよ。

それにしても、先輩の奥さん、激ハマりですね!
思うんですけど、一般の、何も免疫のない人がハマると、すごいことになる気がします。
マニアな人間は、マニアな自覚があって、それでもあえてやってる人もいれば、「これはいかん!」と自制する場合もあるけど、なんか普通の人はそんなのなく、ナチュラルにハマった行動する気がしますね。
いいなぁ、福岡行って来たんですね~。羨ましい。

そういや、うちの娘も吹奏楽少女ですよ。
パートはほぼ真澄ちゃんです。打楽器の女王を目指してみたら?って言ったら、「あれオカマじゃん!」といわれました。

編集 | 返信 | 
2007.11.08
Thu
00:19

lucinda #-

URL

ええ、ええ、覚えていますとも、「一生マンガだけは辞められませんから」宣言。
ほんと、年は関係ない。というか、年を取れば取ったなりに、またこれまでとは違う趣向のマンガが好きになったりするわけです。やめられまへん。

>思うんですけど、一般の、何も免疫のない人がハマると、すごいことになる気がします。
たしかに。その状態が、昨年のBLにハマり始めたわたしだったかもしれないと思わないでもありません。あはは。
でも、先輩の奥さんの行動力はすごいですよね。
わたしは地どり、まだやったことないからなぁ…。

もとさんの娘さんも吹奏楽少女ですか。パーカスですか。
わたしはねぇ…じゃんけんで負けてコントラバスでしたよ…。
性格的にはあってたけど、体格的にはあってなかった……ははは…。
でも、みんなと音を合わせる楽しさは、今でも追い求めたくなります。娘さんに、そういう楽しさを知っていただきたいですね<おばさんだ、オレ……

編集 | 返信 | 

Latest Posts