FC2ブログ

先輩の指導2

lucinda

昨日アップした記事について、vivian先輩から指導が入る。

「コミケって言葉はね、夏と冬に開催される、コミックマーケット準備会と、コミケットってところが主催しているものしか使わないのよー。だから、わたしが2、3万使ってるものは、コミケじゃないの」

ははぁ……そうだったんですか……。

そうそう、以前、vivian先輩に教えてもらって驚いたのだが、オタクの一大イベントである「コミケ」は、まさに夏の暑い盛りに行われるものだけではなく、ほぼ毎月、ちょこちょこと開催されているものらしいのだ。よくよく考えてみれば、そりゃそうだ。読み手が多ければ、作り手も多いというのに、1年に1回だけのイベントで需要と供給のバランスが取れるなんて、世の中、そんなにのんきなわけがない。

「そういや、"春コミ"があるけど、あれは、コミケットが主催しているものじゃないはずだけど……」

調べてみたら、「春コミ」は、赤ブーブー通信社が主催しているもののようだ。

「あ、じゃあさっそく訂正しておきます。で、あのう…じゃあ、コミケット主催じゃないものは、何て呼ばれてるんですか?」
念のために聞いてみたら、vivian先輩はニッコリ笑って答えてくれた。
「"イベント"、って、呼ばれてるのよ。……たしかにわたしは、"イベント"では2~3万使うから、今度の"コミケ"ではそれ以上は使うわね」

……結局3万以上は使うわけじゃないですか……うーん、荷物持ち……。
関連記事
Posted bylucinda

Comments 2

There are no comments yet.
もと

なんか、いつの間にか暗黙の了解でそういう事になってましたね。私がよく行ってた10年以上前は、どのイベントも「コミケ」と称されてたような気がするのですけど、田舎だったからその憧れからなのか?(笑)
自分の感覚としてはアレに似てますね、いつの間にか「コンサート」が「ライブ」に変わった感っていうか。
「ランニング」が「タンクトップ」とか(笑) いつの間にかでしたよね、これらも(^^;

lucinda

>もとさま

いつの間にか、なんですね。
わたしも、そういうイベントはすべて「コミケ」だと思い込んでいました。

「歌手」が「ミュージシャン」「アーティスト」に変わっていたのも、似てますかね!?

  • 2006/07/28 (Fri) 20:30
  • REPLY