FC2ブログ

いつもと違う電車

 17,2007 23:44
土曜は友人の結婚式、そして日曜は、遠くから結婚式に出席した友人たちのお買い物と宴会に同行していた。

さて、その友人たちのお買い物につきあう車中で、同い年の女性・Eさんと、台風の時の仕事での交通手段の不便さについていろいろボヤきまくっていたのだが、「でもさー、台風とか天災じゃなくても、困ることってあるのよねー」というEさんの言葉に、わたしは一瞬緊張した。

Eさんの勤め先は、お台場にある。ということは、りんかい線やゆりかもめを使っているわけで――そのEさんが「天災以外で困る」といえば、事故か、はたまた――。

「ほら、時々、マンガとかのイベントが国際展示場だっけ? あそこで開かれることってあるじゃない?」

――ああ、やはり……やはり、イベントの日のことだったか――!

思わず目が泳ぎそうになりながらも、「うん、けっこうやってるみたいだよね」と辛うじて相槌を打つわたし。

「そうそう。その日はさ、異様に電車が混むのよ。わたしの仕事はシフト制だから、世間が休日でも出勤することが多いんだけどさ、そういうイベントがある日って、電車がものっすごい混んでるんだよね。おまけに、なんかちょっ臭い…っていうかさ」
「臭い……?」
「そうそう。そういうイベントに女の人もいるけど、男の人の方が圧倒的に多いじゃない? そうすると、男ばっかりだのせいか、夏なんかちょっと臭う気ががするんだよね」

――あああ、そういえば、友人sallyが「夏場のアキバは、駅のホームからすでに酸っぱい香りがする」とか言ってたっけね。

「とにかく、いつもなら休日はガラ空きだから、イベントの日は朝からムカつくのよ」

「でも、ほら、国際展示場って、企業もいろいろイベントを行ってるじゃない?」
「ああ…。でも、企業のイベントの時は、それほど混雑している感じはしないんだよね。とにかく、コミケ…だっけ? そういう時の混みようは、ホントすごいのよ。しかもこの前なんかさ、いかにもオタクって感じの男が、いきなり車内で制汗剤をプシューッと自分の腋の下に吹き付けてて、かなりヒンシュクモノだったわね。自分が汗臭いのを自覚するのはいいけど、そういうことはトイレでやれっての」

――車内で制汗剤…それはヒドい。でもかくいうわたしも、今年の夏コミ、すでに新宿から、りんかい線車内がなんとなく酸っぱような気がしていた。会場に近づけば近づくほど、期待と興奮で汗が出てくるのかしら……。

しかし、Eさんが「イヤだな」と思ってるのは、男性オタクだけだよね?…と思いながら、恐る恐る「女の人でもオタクはいるけどさ、男の人よりは『いかにもオタク』って感じの人、少ない気がするんだよね。なんか身なりに気を遣っているというかさ」と聞いてみると、Eさんは「そうね」とうなずいて言ったのだった。

「女の人は、多分あれはマンガを出品するからだろうけど、カートを持ってる人が多いよね」

――Eさん、あのカートには、お買い物した本を入れている人も多いんですよ――。いえ、それは、さすがに言わなかったけれど。

イベントで電車を使う日は、いつも以上に周りに気をつけよう…などとちょっと思ったのだった。

そして、非オタクな人のイベント(主にコミケ)へのイメージって、「オタクの男ばかりが集合している」というものなのかもなぁ…と改めて思ったのだった。そういう意味では、腐女子、関連本が出ている割には、まだまだ認知度は低め、なのかも?
関連記事

Comment 0

Latest Posts