スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつわりの薔薇に抱かれ(英田サキ)

 17,2007 23:33
ほかの本のレビューをあげるつもりが、一読して予定変更。英田さんの新作は、いろんな意味で野心的じゃなかろうか。

以下、未読の方は、ネタバレもあるのでご注意ください。

いつわりの薔薇に抱かれいつわりの薔薇に抱かれ
英田 サキ

リブレ出版 2007-06
売り上げランキング : 152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

来日した香港マフィア・アレックスを監視するため、滞在ホテルのバトラーとして潜入した刑事の高峰。最初は無理難題を押し付けてきたアレックスだが、「恋人のようにお客様に惚れこむこと」というバトラーの極意を実践するうちに、高峰はアレックスの信頼を得るように。そしていつしか互いの気持ちは、信頼と任務を超えていく…

英田さんの作品は、「エス」「DEAD LOCK」のように、シリアスかつ切なさで押してくるものと、「夜が蘇る」「ひと目会ったら恋に花 」のように軽快で、ちょっとコメディタッチなテイストのものとがあると思うのだけど、この新作は、間違いなく切ない系。しかも、「エス」を相当意識してるな、リブレ…と感じたのだった。

主人公の八重澤高峰(やえざわたかね。どっちが名字だかわからない名前だ…)は、公安部外事二課の現役刑事。公安はよく、一般的な警察のイメージと違うと聞くけれど、この作品でもそのあたりはしっかり強調されていて、「監視と内偵に明け暮れる地味な日々」などと説明されている。

一方、香港マフィアのアレックスは、一見、気品あふれる風貌とハンパじゃない裕福さから、苦労などとは無縁のお坊ちゃま育ちに思われそうだが、さにあらず。実父は幼い時に失踪し、10歳で養父に預けられるために実母と生き別れたという過去を抱えている。養父や大勢の人々に信頼され、大きな裏組織を率いてはいるが、かつて愛したただ一人の男は、妹の婚約者のため諦めてもいる。

刑事であることを隠してアレックスの周辺を探る高峰と、マフィアであることを隠して高峰に接するアレックス。しかも高峰は、アレックスが過去に愛した男を忘れられず、身代わりとして自分を抱くのだと思い込んでいる。「裸になって抱き合っているというのに、確かなものなど何ひとつとして存在しない。互いの立場も本心も隠し、偽者の恋人を演じている」と、高峰は悩み苦しむ。

――キャラの設定といい、シチュエーションといい、なんとなーく、「エス」を思わせるようなところ、あるでしょう?

でもあくまでも「なんとなーく」程度。微かに香るかも、ぐらい。マフィア×刑事モノだけど、シチュエーション的には主人×執事と、ちょっと二度美味しい感じ。2人の関係にアレックスの両親のエピソードを絡めるなど、「エス」とは別の面白さを盛り込んで突っ走るところは、さすが!なのだ。

まあ、刑事またはヤクザもので、シリアスで切ない系の作品を同じレーベル(シャイノベルズ)から出すよりは、違うレーベルから出した方が書きやすいだろうなぁと思う。そして、リブレもそのあたりを狙ったんだろうなぁ…と思ってしまう。

作品の終盤で、アレックスと高峰は、互いに互いの正体を明かし、それでも気持ちを確認しあう。これ1作で終わってもよさそうだけど、続きも出そうと思えば出せるよ…というスタンス。ファンとしては嬉しいけど、そこに出版社の打算と小狡さを感じないでもないのも正直なところ。

あ、なんだか作品の「感想」があまりないですね。キャラとしては…アレックスの孤独さが濃く滲み出ている感じで、非常に惹かれました。高峰は執事に向いてそうだけど……でも刑事としてがんばるのね。そうなのね。

さて、この先どうなるのか――とりあえず、「続きが出る」に賭けておきましょうかね。
関連記事

Tags: 英田サキ 石原理 警検麻ヤ

Comment - 2

2007.06.20
Wed
01:17

miriam #SFo5/nok

URL

続きが出るに1票

まちがいなく続き出ますね、これ・・・(笑)
英田さんは相変わらず上手なのでスラスラと読めてしまうのですが、これってマフィア×刑事である必要があったのかしら・・・と思ってしまいました。
別に実業家×バトラーでいいんじゃ・・・?(自分の仕事に誇りを持つ働く男でいいじゃない!とか思う)
それとも続きが出る前提でのマフィア×刑事設定なのかしら・・・
続きが出たら間違いなく読みますが(笑)

編集 | 返信 | 
2007.06.20
Wed
15:14

lucinda #-

URL

たしかに、これだけ読んだら、マフィア×刑事の必要性、感じないですよね。
そのまま執事でいいじゃん、と思いましたもん、わたしも。
続きはもちろん読みますけどね、ええ。

編集 | 返信 | 

Trackback - 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  香港マフィアの魅力
  • AmazonのトップページがBLだらけの腐女子miriamですけれども。ええ、もう最近AmazonでBLばっかり買ってるのでついにトップページのオススメがBL一色に…(笑)ま、それは構わないのですが…世間で話題のリブレの「えろほ
  • 2007.06.20 (Wed) 01:47 | miriamのおきらくごくらくオタ生活

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。