FC2ブログ

アンケート結果発表3/スキ・スキ・マンガ(※マニアック風味)

 01,2007 20:17
「2」で、読んでいた少女マンガ雑誌の傾向について見てきたけれど、はたして、少年マンガ雑誌についてはどうなのか? 腐女子(男子もいるかも)たちのマンガ好きな傾向は強いということはわかるけれど、どのくらい少年マンガ雑誌を読んでいるものなのだろう?

boy_count.jpg

「少年ジャンプ」の強いことといったら! ほかの雑誌との圧倒的な差に、ただただ驚いてしまう。だって、「少年サンデー」の3倍をカウントですよ? そりゃ、ジャンプ系の同人が多いわけだ…と、妙なところで再確認。

ほかは、サンデーと「少年マガジン」がちょっと多めではあるが、回答数に大きな差はないように思える。それよりも、少女マンガ雑誌との明らかな違いが「とくに読んでいない」の回答数の多さ。実に回答者の3割がこの回答を選択しているのだ。

「少女マンガ雑誌に比べたら、少年マンガ雑誌を読む人は少なめである」と結論づけることもできるかもしれない。ただ、回答者の年齢が上がるにつれて「とくに読まない」の回答率も上がるのかといえば、そういうわけでもなく、どの年代でも「読まない」人が一定数いる、ということのようにも思える。そしてもしかしたら、これに青年マンガ雑誌(「ヤングジャンプ」「ビッグコミックスピリッツ」「モーニング」など)を加えたら、回答内容はかなり違っていたんじゃないかな、と思わないでもない。

しかし――7割の人が少年マンガ雑誌を読んでいるというこの結果、多いと見てもいいものかしら? 腐女子ではない女性が、どれくらい少年マンガ雑誌を読んでいるか、ということと比べられると面白いかもしれない。4年前の2003年にサイバーブレインズ(現:楽天リサーチ)が行ったアンケートによると、女性が少年マンガ雑誌を読む割合は57%ということらしいけど……その数値と比べれば、たしかにこのアンケートの結果は、「多い」といえる。

さてさて、ジャンプの突出ぶりは、「とくに読んでいない」が100%を占める「15歳以下」「56~60歳」を除いた年代別の結果にも反映されていて、「16~20歳」の56%を最高に、大体4割前後を占めている。そんな中、ちょっと違う結果を出したのが、「41~50歳」。
n_4145boy.jpg

たしかに、ジャンプが3割を占めてトップではあるのだけど、「少年チャンピオン」が2割、次いでサンデーが2割に迫る17%と、ジャンプ以外の雑誌がかなり健闘しているのだ。

実は、「少年チャンピオン」が回答に選ばれ始めるのは「31~35歳」から。それ以前の年代の人たちには、「チャンピオン? 何それ?」という感じ。少女マンガ雑誌で独自路線な結果を見せた「46~50歳」の結果でも、選択されている回答は、ジャンプ、サンデー、チャンピオン。ジャンプの回答比率など結果がちょっと似ている「26~30歳」「31~35歳」を見比べてみると――
n_2630boy.jpg

まるっきり姿の見えないチャンピオンが――

n_3135boy.jpg
2%だけど出現する! 「26~30歳」の回答に比べ、コロコロコミック、サンデー、マガジンの回答比率は少なくなっているのに、それでもチャンピオンが選択されているのが、興味深い。

少年チャンピオン、調べてみると、「ブラック・ジャック」「ドカベン」「がきデカ」といった作品が連載されていたんですね。1978年には、ジャンプを抑えて売り上げトップを誇ったんですね。――こういったところが、31歳以上の年代の結果に反映されたということなのだろうか。

ところで、「読んでいた少年マンガ雑誌」の結果と「読んでいた少女マンガ雑誌」の結果をつき合わせていて、へぇ…と感心してしまったことがある。どうも、ジャンプを読んでいた人は、少女マンガ雑誌も読んでいた比率が高いようなのだ。試しに、「少年マンガ」で回答数が20件以上だったジャンプ、サンデー、マガジンの3誌、「少女マンガ」で回答数が70件以上だったりぼん、花ゆめ、LaLa、なかよしの4誌で比率を出すと、こんな結果に(※少女マンガ雑誌の数値は回答数)。
girlboy.jpg


ちょっとジャンプの黄色い線が見辛いのだが、ジャンプと一緒に少女マンガ雑誌を読んでいた人は、どの雑誌でも50人以上いる。まんべんなく読んでいる印象というか。では逆に、りぼんと一緒に少年マンガ雑誌を読んでいた人の数はというと、たいして多くない。というより、ほかの少女マンガ雑誌と比べて大きな違いはない。
boygirl.jpg


うーん、これは……回答者のほとんどが女性だと思われるのだが、「そもそも女性なのにジャンプを読んでいたということ=マンガ好き」と考えるべきなのか…? でもそれなら、サンデーやマガジンでも、似たような結果が出ないとおかしい。やおい・BLに10代でハマった人が約6割を占めた結果を考えると、やはりこれは、「ジャンプを読む=やおい的萌えを感じていた」と考えてもいいのではなかろうか。もちろん、「マンガ好き」なのは大前提ということで。

こうしてみると、このアンケートを行うきっかけとなった予想コメント

●恋愛モノではないマンガを読みたいと思う傾向があった

を、ある意味裏付ける結果ともいえるんじゃないかな。

さてそれでは、少女マンガ雑誌だけでなく、少年マンガ雑誌もけっこうチェックしていたらしい回答者のみなさんが、どんなマンガが好きなのか、「好きなマンガ」の結果を見てみましょう。

「好きなマンガを3つ挙げてください」という質問、かなりみなさんを困らせたようで、「3つなんて挙げられません!」という嘆きというか叫びが、たびたびコメントに入っていた――いや、ホントすみません。中には構わず3つ以上挙げていたツワモノや、「●●作品」(●●に作家名が入る)という答え方をしている人がいて、えーっと、みなさんの葛藤を垣間見る思いでした。でもね、実のところ、質問で3つに絞っておいてよかったと思うのです。だって――挙げられた作品名が最終的に199タイトルまで集まってしまったから。無効回答(3作品以上挙げられていた)も含めると209タイトルですよ! おまけに、「回答数1」のタイトルがほとんどですよ!

そこでここでは、回答数の多かった作品トップ10に絞って発表します。結果は下の通り(※有効回答数144)。

suki_comic.jpg

ぶっちぎりだった「BANANA FISH」。それでもこの回答数は、有効回答数の6%ほどなのだ。率直にいって、もっとダントツで人気を集める作品があるだろうと思っていたので、この結果には驚いた。というか、みなさんのマンガへの愛とこだわりをヒシヒシと感じると同時に、マニアックさにニヤついてしまったのだった。

意外に上位に入ったのは「のだめカンタービレ」。今、話題の大人気作品ですもんね。わたしも好きです。ちなみに、ベスト10中、現在連載中のマンガは5作品だ。

では、年代別で見るとどうなのか。こちらは、年代によっては回答者が1人のところもあるので、ベスト3を発表する。

【15歳以下】(有効回答数1)
西洋骨董洋菓子店
舞姫 テレプシコーラ
死と彼女とぼく

【16~20歳】(有効回答数6)
※1 後述参照

【21~25歳】(有効回答数18)
おおきく振りかぶって…2
*ほかはすべて回答数1

【26~30歳】(有効回答数17)
BANANA FISH…4
鋼の錬金術師…2
のだめカンタービレ…3

【31~35歳】(有効回答数40)
BANANA FISH…5
ワンピース…5 
銀魂…4
のだめカンタービレ…4

【36~40歳】(有効回答数37)
BANANA FISH…8
鋼の錬金術師…5
ポーの一族…3

【41~45歳】(有効回答数18)
BANANA FISH…3
スラムダンク…3
トーマの心臓…2
エロイカより愛をこめて…2
ワンピース…2

【46~50歳】(有効回答数5)
トーマの心臓…3
日出る処の天子…2
*ほかはすべて回答数1

【55~60歳】(有効回答数1)
BANANAFISH
YASHA
ニューヨーク・ニューヨーク

※1 「16~20歳」、6人の方が回答し、14作品挙げてくださっているのですが、どれも回答数が1だったのです…。その中で、総合ベスト10に入っている作品は、「トーマの心臓」「おおきく振りかぶって」「ハチミツとクローバー」でした。

――それにしても、各年代によって違うなぁ…としみじみ感心してしまう。「BANANA FISH」は、「21~25歳」以下の年代ではまったく挙がっていないのに、「26~30歳」からはいきなり1位に躍り出る。26~45歳の年代の人たちのマイ・フェイバリットなのね。反対に「のだめ…」は、「36~40歳」から、支持がガクンと下がる。有効回答数でそれほど違いはないのに、「31~35歳」では4件あった回答数が、「36~40歳」では1件に減り、「46~50歳」では消えてしまうのだ。また、「36~40歳」から、「ポーの一族」や「トーマの心臓」など、ちょっと耽美色が強まっているような気がする。

では、トップ10作品の上位5作品への熱いコメントで、今日の結果発表を締めくくりましょう。

■BANANA FISH
「子育てで漫画から遠ざかっていた私を再びこの世界に引きずり込んだ作品(41~45歳)」「究極のプラトニックラブ(31~35歳)」「世界観、ストーリー、キャラがとにかく全部ツボ(36~40歳)」

■のだめカンタービレ
「話のテンポが好き(26~30歳)」「ギャグが最高(31~35歳)」

■ワンピース
「すべてにおいて王道少年漫画(31~35歳)」「次々に強い敵が出てくるパターンはありきたりではあるが、敵・味方それぞれにドラマがあって面白い(26~30歳)」

■トーマの心臓
「絵もストーリもいい(46~50歳)」「初めて読んだ時は頭の中がぐちゃぐちゃになって、しばらく呆然としていました。何度も読み返しましたが、その度に心に訴えられるものがあります(16~20歳)」

■スラムダンク
「すべてのキャラが魅力的でした。同人誌も一番のめりこんだ作品(41~45歳)」「とにかく登場人物も話も何度読んでも好き(36~40歳)」

以上。それでは「結果発表4」で!

※参考資料:サントリー「次世代研究所」
↑レポートの中で触れられている楽天リサーチのアンケート結果がちょっと面白い。これによると、「もっとも読まれている女性マンガ雑誌」は少女コミックで、回答には、なんと花ゆめもLaLaも入っていないのだ! でも今回のこのアンケート結果としては、花ゆめとLaLaが人気――その意味では、腐女子は少女マンガについても、マニアックな趣味を持つ傾向がある――と見られるかも(楽天リサーチのアンケート「トレンドレポート マンガ雑誌に関して」の結果は、「楽天リサーチ」の「サイト内検索」で「ジャンプ」と入れると検索されます。PDFをダウンロードする形になっているのでご注意ください)。
関連記事

Tags: アンケ ハマった背景

Comment 3

2007.06.02
Sat
20:57

ぽーちゅらか #6Y5jgf3c

URL

ジャンプ勢強しですねー。私は少年漫画は大人になってから読んだクチですが、大好きな作家さんは大勢いても、一度も萌えを感じた事がないのです。(でも、そう言えば”デビ●マン”には萌えました。古っ!)
それにしてもこれだけジャンプが腐女子に与える影響が大きいのは、私がたまたまそこに萌え心がカスらなかっただけで、何かジャンプ特有の確固たる萌えポインツがあるという事でしょうか。
少し道がそれますが、80年代に腐女子の補足本(?)として『アラン』と『ジュネ』がありましたね。需要によって供給が産まれるのだから、これ以前からホモ好きな女の子が一杯いたという事ですね。私は両方読んでいましたが、アランの方を良く読んでいた覚えがあります。どう違うんだろうと調べてみたら・・・・、当時から自分は無自覚の内にナマ萌えの素養があったと判明しました。。。『月光ルナ』もあって、この、よりディープな本も読んだ記憶が・・・・。

編集 | 返信 | 
2007.06.02
Sat
23:08

もと #4pDgvQA2

URL

チャンピオン!(笑) なんか、それ、忘れてた~!
私、本当にマンガ好きで、幼稚園の頃から全ての少年漫画誌読んでたんですよね~。近所のお兄ちゃんちで。
確かに物心ついた頃は、ジャンプとチャンピオンを読んでたな。チャンピオンは普通に好きな漫画が多かったんですよ。特に好きだったのは「マカロニほうれん荘」。あれに引きずられて、チャンピオンのその他の作品も読んでました。
はるか昔には、萩尾望都の漫画(百億の~~とか。タイトル失念)が載ってたのもチャンピオンでした、多分。
ジャンプは「すすめ!パイレーツ」読んでましたね~。
「うる星やつら」がちょっと遅れてサンデーに載り始めた頃から、私の周りではサンデー派が増えましたけどね。
丁度上条敦士とかデビューしたりして、盛り上がった頃だったから。

そういえば、前回も思ったんだけど、プリンセスは割とBLっぽい雑誌でしたよ。
古くは「イヴの息子たち」が掲載されてたし、「魔天道ソナタ」とかモロだったし、同人ではBLやってる作家さんも多かったし。現在でも水城せとなさんが描かれてますしね~。
私の友達はプリンセス至上主義で、彼女の「美しい」とする絵は中山星香系の耽美っぽい絵であって、少年漫画の絵は「汚くて怖くて気持ち悪い」って言ってましたね~。
スラムダンクの素敵筋肉絵を絶賛する私を理解しがたい目で見てたなぁ・・・逆に私には彼女の美しいがよく分からなかった。
彼女もやおいスキーだったんだけど、多分耽美とか表現される、美しい少年愛系の趣味だろうと思われます。

あ、それと、私にとってりぼん=なかよしですね。同レベル。私がなかよし買ってたのは、隣の家の子がりぼんを買う事にしてて、お互い交換して読むためだったからです。
ちょっとお姉さんな人は、「別フレ」とか「プリンセス」買ってましたから。付録のない雑誌なんて、何で買うの?買う価値ねぇ~!と思ってました(笑)

まとまらない・・・殴り書きでスイマセン(^^;

編集 | 返信 | 
2007.06.03
Sun
06:11

lucinda #-

URL

>ぽーちゅらかさん
ジャンプの強さは圧倒的ですね。わたしは子どもの時に、周りから借りて読んでいたのですが、でも、たしかに、萌えは感じなかったんですよね…うーむ。ただ忘れてるだけ…?

ジャンプの作品て、登場するキャラが多いのが特徴だと、先輩ズから指摘されたことがありますが、それだけじゃないだろうなぁ…と思います。やっぱり戦ってる系・冒険系が多いのかしら…。

「ジュネ」は知ってましたが、「アラン」は知りませんでした。んー。なんか耽美って雰囲気! しかもナマモノ萌え的な要素が盛り込まれていたんですね…「月光ルナ」って、調べてみたんだけど、よくわからず……ディープな……耽美モノ……ですか……?

>もとさん
殴り書きなんてとんでもないです。

うわー、わたしも「マカロニほうれん荘」好きでしたよ! これはイトコが単行本を置いていって読んだのでした。「がきデカ」は、あの顔が気持ち悪いと思いながらも読んでいたし……こうしてみると、当時、それが「チャンピオン連載作品」だと認識していたかどうかはともかくとして、読んでいたことは確かですね。

プリンセス…そうか、BLっぽいのか…。「エロイカより愛をこめて」もプリンセスですもんね。なるほど、これで、「読んでいる少女マンガ雑誌」で、「46~50歳」の方が「プリンセス」を選んでいた背景を推測できそうです。

わたしは、あまりにも劇画チックな絵は好きじゃなかったのですが(そういえば「花の応援団」の絵はあまり好きじゃなかったかもしれない)、あまりにも耽美少女マンガチックな絵も好きじゃなく……結局、極端なものがダメだったんだと思います。とはいえ、この趣味にハマってから、筋肉系は大体大丈夫そうだと判明したので、多分、どっちかっていうと、耽美少女マンガチックな絵柄の方が苦手なんじゃないかと(苦笑)。

「りぼん」=「なかよし」か……言われてみればそんな気も……。

編集 | 返信 | 

Latest Posts