スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似てる人・似てない人

 03,2007 02:53
世は花のGWだというのに、なにゆえ連日、終電まで働いているのか――。それは、GW明けが納期だから。理由は簡単明快ではあるけれど、それでもちょっぴり恨めしい気持ちになるのは仕方ないと思いたいの。

それはさておき。

時間に余裕がある時は、あれこれ物思いにふけって他愛のないことを考えたり気がついたりするものだけど、今みたいに、時間に追いまくられている時もそれなりに、いろいろ考えたり気づいたりする。ただ、忙しない時は、何かの拍子に反射的に頭に浮かぶ感じではあるのだが。

これはわたしのセクシュアリティに関することなのだけど――以前から、どうして好きになる異性は「自分と似た好みや考え方の人」なのに対して、同性は「自分とは違う好みや考え方の人」なのかと、われながら不思議に思っていた。

――もしかしたら、異性である男性は「どんなにがんばってもわからない、ナゾの別の生き物」だという認識が、わたしの内面に動かしがたく叩き込まれているからなのかもしれない。自分の理解に及ばない存在だからこそ、せめて自分と同じものを無意識に求めているんじゃなかろうか。

それに比べて同性である女性は、たしかに個体としては自分とは別のものではあるけど、どこか「同じ女だから」という、妙な安心感があり、だからこそ、自分とは違うものに接しても大丈夫だという認識があるのかもしれない。

とはいえ、同じ女性でも、「……わからん」と思う人はいるわけで、「同じ女だから」という安心感は、幻想のようなものだとアタマではわかっているつもりなのだ。だけど一方で、「男はまったく別の生き物」という認識の方が、より根強く度し難く、わたしの心の奥底にどっかりと居座っているのだと思う。

――そんなことを、ふと唐突に思い至った移動中。でもこんなことを思い至るのは、やおいやBLにハマったおかげじゃないかな…と、アンケートの自由解答欄を読みながら、思うのだった。

みなさま、アンケートご協力、ありがとうございます。GW終了まではアンケート実施中です。ご用とお急ぎでなければ、ぜひご参加お願いいたします。

関連記事

Tags: セクマイ バイ

Comment - 3

2007.05.07
Mon
00:51

もと #4pDgvQA2

URL

これ読んで、私も色々考えてみた結果、多分線引きは「一緒に暮らすか暮らさないか」で同じ価値観の人か、そうでない人かに分けるような気がしました。
寮生活の経験があるんですけど、同室の子はやはり、ある程度「価値観が似てる子」じゃないとキツかったし、大好きだけど、結婚を全く考えられなかった人は、あまり価値観が似てなかったなって。(価値観が違うから考えられなかったんだろうけど。でも好きは好きだったもんで)
現在は・・・・大きく外れてないけど、ある程度は妥協だな(笑)

編集 | 返信 | 
2007.05.07
Mon
01:55

lucinda #-

URL

「価値観が似ているか否か」は重要ですよね。
わたしはこの記事をアップしたとき、価値感の一致を前提としていたかもしれないと、もとさんのコメントを読んで気がつきました。詰めが甘いなぁ、わたし……。
価値観の目安として、「一緒に暮らすか暮らさないか」は、すごく具体的でわかりやすいです。わたしはこの視点が抜け過ぎです。以前、ホームステイでしんどい思いをしたにも関わらず……。そういうことを気づかせてくださったもとさんのコメントに感謝です。

>大きく外れてないけど、ある程度は妥協だな
一時期、周りで離婚が相次いでいたのですが、そのせいなのか、妥協できるならそれにこしたことはないじゃないかと。結婚する前としてからとは違うのかもしれませんが……うーむ……

編集 | 返信 | 
2007.05.07
Mon
13:02

もと #4pDgvQA2

URL

妥協はお互いがしないと意味がないんですよ。
片側がするだけの我慢から更に無理してってのは、離婚の元って気がしますね。
離婚した人の話を聞くと、大概は我慢から無理に至って別れる・・・って感じですね~。無理はいかんです。
うちは夫も多くを妥協してますよ~(笑) それがわかるから、強く出られない時も多いですね。
・・・出ないわけじゃないですけどね(プ

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。