FC2ブログ

神保町で会いましょう

 12,2007 00:48
仕事の打ち合わせ後、乗っていた地下鉄の路線が神保町を通ることに気づき、職場に戻る前にウハウハと神保町のオタク系書店に寄って、新作をお買い物してきた。

買ったのは、英田サキさんの新作「夜に咲き誇る」、リブレのサイトを見て興味がわいた「セルナンバー8」、リンク先のブログで大評判の「ドアをノックするのは誰?」。多分どれも、いずれレビューをアップすることになるんじゃないかと思われる雰囲気。

ともかく、目的のものを買って、何食わぬ顔で職場に戻って数分後、vivian先輩が「本屋に行ってきます」と言って席を立った。「タバコ買ってきます」でも、「コンビニ行ってきます」でもなく、「本屋」。

「先輩、本屋に行かれるんですね」
「ん、そう。ちょっと神保町まで……」
「神保町。……へぇ……」

――近くとはいえ、わざわざ「神保町の本屋」に行くということは、十中八九、オタク系の本を買いに行くに違いない――

そんなわたしのヨミは、もちろんハズれなかった。書店帰りの先輩に聞くと、

「スパコミのパンフを買ってきたのー。でもほかの本にも目移りしちゃって。気づいたら両手いっぱいに本を持っていたんだけど、慌てて厳選したわー。とにかく、今は刑事・ヤクザものばかり読んでるから、そのジャンルはハズしちゃった」

と、にこやかに答えて下さったのだった。

「lucindaが、あそこの本屋のショッピングバッグを持っていたのを見て、事前に『わたしもそこに行く』と言っておけばよかったって思ったんだよねぇ」
「いや、わたしもお知らせすればよかったですね。なにせ急に思いついて……」

などと話していたのだけど、もし事前にお互いに告知していれば、

「じゃあ、神保町交差点で待ち合わせね。遅れる場合は携帯に連絡して」

とということになったのかもしれない。それも楽しかったに違いないけど――多分、必要以上に店内に長居してああだこうだと言っていたでしょうよ。というより、わたしたち、勤務中ですから、vivian先輩――。

BLにハマった背景を探るアンケートを実施中です。ご参加いただける場合はバナーをclick!(※バナーはもとさん が作ってくださいました。数字と矢印の組み合わせが超好み。very thanks,もとさん!)。

関連記事

Comment 5

2007.04.13
Fri
01:41

もと #4pDgvQA2

URL

バナー、使ってもらっちゃってありがとうございます。ドキドキです。色は一応このサイトのテンプレに合わせたつもりなんです(^^;

それにしても、職場の側に、そんな素敵プレイスがあるとは羨ましい限り。
私がそんなマニアックな品揃えを望むなら、梅田に行くしかないですからねぇ~。
近所の人はBL読まないのかもしれません。それくらい品薄(;´Д`)
だから、アマで買おうと何度か注文したんだけど、ぽちっとな!した後に期せずして梅田に出る事になって、目の前にある注文した本が買えずにモンモンとした経験があるので、よほどの事がない限り最近はアマ注文しなくなりました(^^;
ネットでしか買わない人も多いみたいですけど、私は意外と本屋(マニ専門店限定だけど)で買って、ワクワクして電車の中で読むとか好きなんで、本屋買いが多いですね~。
変なところはまだまだアナログですね(^^;

編集 | 返信 | 
2007.04.13
Fri
02:58

lucinda #-

URL

いやー、バナー、ほんとありがとうございます! かなり気に入っております。プロフィールのところは色違いにしちゃいました。

職場は、何気にオタクっぽいところにあるんですよね。神保町もそうですが、アキバにも近いですし。でも全般的に、男性向けオタクショップが多いって感じですね。これがもし、オトメロードの近くだった日には、多分今以上に仕事の合間を縫ってウロチョロしていると思います(笑)。仕事しろ、わたし。

そうそう、ネットで注文したのに本屋にあった、とか、中古書店にあった、とか、もう身悶えますよねー! わたしも以前に比べたら、ネットの注文は慎重になりました。といっても、オタク系書店に目当ての本がない場合は、さっそくクリックしてるんですけども。
でも、わたしも、本屋で本を買うという行為、好きですね。ちょっとBL本は電車では読めないんですが(なかなか堂々と振舞えない…)、帰りがけの電車で読むワクワク感、すごくよくわかります。

編集 | 返信 | 
2007.04.14
Sat
01:19

miriam #SFo5/nok

URL

セルナンバー8、すっごい良いですよん。っていうか、私は元になった同人誌の頃から大好きなお話なんですよね~。ふと元になった同人の奥付見たら1993年とかでしたよ・・・干支ひとまわり・・・!「カプセルヨードチンキ」とかも素敵なのでぜひ読んでみてください!

編集 | 返信 | 
2007.04.15
Sun
21:38

ようこ #onVA9wqc

URL

リンクバナー、使わせてもらいました!
トラバもさせていただきました~。
アンケート、100件こえてますね。
りぼん>なかよし>ちゃお
って辺りで、ああ世代が近い、と思いました(笑)
今は、
ちゃお>>>なかよし>りぼん
らしいですから…。

そういえば、昔、秋田書店が「ひとみ」って雑誌だしてましたが、いつのまにか消えましたね。

編集 | 返信 | 
2007.04.16
Mon
11:11

lucinda #-

URL

>miriam先輩
よかったですよ、「セルナンバー8」! 同人誌の頃からご存知だとは、さすがですね。
なんか著者あとがきみたいなところで書かれていたことを読むと、ちょっと感無量という感じです。オススメ情報もありがとうございます。

>ようこさん
リンク&トラバ、ありがとうございます!
今はりぼんではなく、ちゃおなんですね。知らなかった……。昔は、りぼん一人勝ちだった感があるのに。「ひとみ」も初めて聞いたし。時代は変わるのね…。

編集 | 返信 | 

Trackback 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  ボーイズラブ小説の普及と読者年齢
  • ■90年代半ばがターニングポイント『やおい小説論』によると、「ボーイズラブ」という名称と共に書店でやおい小説が普及しだしたのは96年辺りだそうです。(手元に本がないうろ覚え状態で書いてますので、詳細は違うかもし
  • 2007.04.15 (Sun) 21:23 | つれづれBL雑記(低稼働)

Latest Posts