FC2ブログ

筋肉とか毛とかチビッコとか

 26,2007 02:40
今ごろカゼをひいてしまい、ふとんの中でグズグズしていた週末。いっそ熱が出た方が、汗と一緒に悪いものも排出されて早くよくなるんじゃなかろうか――と、バカなことを思いつつ、読書に勤しんでいた。ええ、いついかなるときも、読書は欠かせません。

つい最近、このブログやもとさん、乱菊さんのブログで、筋肉がどうとかこうとかいう話題がのぼったけど、わたしは筋肉、わりと平気な方だ。そりゃムキムキな、ボディビルダーみたいなのはカンベンだけど……なんて思っていたのに。

あなたをひとりじめあなたをひとりじめ
内田 かおる

竹書房 2004-08-27
売り上げランキング : 66364
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウワサに聞いていた内田かおるさんの作品。これは短編集で、すべて年下攻め×オヤジ受け。しかも全員、筋肉がモリモリついていて、腹筋なんて当然割れてるし、大胸筋も上腕筋も大腿筋もすべて盛り上がっている。ケツもデカい。いわゆる、ガチムチって感じですかね。

おまけに、容赦なく毛が描かれていてるのもポイント。アソコはもちろんだけど、ワキもスネもヘソ下もシリにも、毛はもれなく描かれている。あ、そしてオヤジはみんなヒゲが生えているのも忘れてはいけません(そういえば、なぜか腕には毛が描かれていないことが多かったな…)。ちょっとしか見たことないけど、ゲイコミックのキャラを連想させるというかなんというか。

とにかく、「うわーっ、予想以上だなぁ」という感じなのだけど――案外イケる自分に、自分でビックリ。いや、つまりはストーリーに、「あの人だから好き(あの人じゃなければダメ)」という、BL必須要素が、大なり小なり盛り込まれているのだ。オヤジたちの年齢も、どう見ても40代以上という感じなのだが、そんなオヤジたちも10代の少年も、相手のことを想って一喜一憂していて、みんな等しく乙女な感じ。これがもし、感情は二の次でひたすらヤリまくるだけのストーリーだったら、1回読んで終わり、だったと思う。

でも内田さん、10年くらい前の作品では、筋肉はともかく、毛はあんまり描きこまれていないんだよね。
ここが世界のまんなかだここが世界のまんなかだ
内田 かおる

竹書房 1997-12
売り上げランキング : 292354
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらも短編集。あんまりオヤジも出てきません。やっぱり時とともに、萌えツボが変わってきたということかしら。

あまりにも筋肉や毛がしっかり描かれている男性キャラの絵に女性が引いてしまうのは、「美しくない!」という理由はさておき、男性の威圧感とか力とか生々しさいったものをひしひしと感じるからかなぁ…と思うのだが、どうなんだろう。しかしとりあえず、内田作品、これからもチェックしてみるつもり。

筋肉といえば、ぱっと連想するのは鹿乃しうこさんの作品だけど、内田作品を読むと、鹿乃作品の筋肉は、いかにも女性作品的だったんだなぁ…としみじみ思う。鹿乃作品のキャラたちは六つに割れた腹筋を持っているけど、もしこれに加えて、胸筋や上腕筋、大腿筋がしっかり描き込まれたら――また全然違って見えるに違いない。いえ、別に描き込まれなくても、今の絵柄で十分好きだけど。

鹿乃さんの作品で気に入っているのは、現在のところ「~気。シリーズ」。
生意気生意気
鹿乃 しうこ

マガジン・マガジン 2001-12
売り上げランキング : 1591
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちょっとひねくれた高校生・匡史×小柄だけど心根がまっすぐな鳶職人・一八。「可愛気。」でメインの昴成が、ちょっとだけ登場。

ジュネコミックスジュネコミックス
鹿乃 しうこ

マガジン・マガジン 2004-10-30
売り上げランキング : 1025
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バツイチ・コブ付きの鳶職人・昴成×コンビニ店員・ケンジと、昴成の同僚(部下?)の目白×中野の2カップルのストーリー。

大人気。大人気。
鹿乃 しうこ

マガジン・マガジン 2007-01-31
売り上げランキング : 858
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

基本はストレートな男前・目白×ワケありの過去を持つ淫乱・中野がメイン。

――そういえば、鹿乃さんの作品でほかに好きなものも「Punch↑」と「GATENなアイツ」だ。どれだけガテンが好きなのか、わたし……。

いやしかし、ガテン系キャラが登場する鹿乃作品は、キャラたちの心情が、ヘンにギャグっぽく流れることなくしっかり描かれていて、けっこう胸にキュンキュンくるものが多い気がするのだ。「~気。シリーズ」も例外ではなく、わたしが好きなカプは、匡史×一八と目白×中野かな。ハードな過去を持つ中野が、目白に少しずつ打ち解けていく様子がいい。「大人気。」のラストを見ると、このカプ、しばらくは安泰じゃないかと(笑)。

BL作品の受け攻め、「攻めが受けより背が高い」のが定番だと思うのだけど、「攻めが小さい」設定OKなのは、やはりマニアックなのかしら。
DOG STYLE 2 (2)DOG STYLE 2 (2)
本仁 戻

リブレ出版 2006-11-10
売り上げランキング : 88107
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

セフレ以上恋人未満のテル(年下野良犬ヤンキー。168cm)とミキ(年上で美人。182cm)

身長差14cmですよ。イッたあと、テルはミキにキスをしようとするのだけど――届かない。ミキの協力(体をずらすとか)なくしては、キスできないのだ。新鮮。

この作品、現在進行中の男同士の恋愛が綴られているあるブログに、ちょこっとだけ紹介されていたのが、興味を持ったきっかけ。なんだかアメコミのような、線がしっかり描かれている感じの絵も気に入って読んでみたのだけど――個人的にアタリでした。犬がじゃれあったり、いがみあったりしているような高校生の雰囲気が、なんだかみずみずしい。現在1巻は、ビブロス倒産により絶版中。求む復刊!の筆頭候補なのだ、超個人的に。

この作品も、攻めの方が身長が低い。
そばにおいてね。そばにおいてね。
桜城 やや

リブレ出版 2007-02-01
売り上げランキング : 126071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

超オトコマエないっちゃんこと世木一誠(172cm)×料理上手なユズこと柴田譲(181cm)。

こちらも学園モノ。ユズは、小さい時にいじめっ子から守ってくれたいっちゃんを、「自分の王子様」と広言し、弁当を差し入れたり、自分のデカさを気にして食事を抜いたりと、かいがいしくも、大概オトメな男。しかしいっちゃんは、親も兄も背が高いので、これから身長は伸びるのでは……と楽観的。まあ、高校生ですから……。

この作品で面白いなぁと思ったのは、攻めのいっちゃんが言う「オレはユズを姫扱いしているつもりはない。ユズが困っていたら助けてやるけど、それはただ、ユズのことが可愛いからそうしたいだけだ」というセリフ。「女みたいに守ってもらわなくてもいい!」というような「オレたちは対等じゃないか」的発言をするのは、けっこう受けが多い気がするけど、ここでは攻めなんですね。こういう発言、もしも攻めが受けより大きかったら、なんかちょっと皮肉っぽく、必要以上に厚かましく感じられるんじゃなかろうか。

「DOG STYLE」の攻めでチビッコ・テルも、仲間の気持ちをくみ取り、ここぞという時にミキを助ける男前(そういえば「生意気。」の一八も、受けだけど誰よりも男前だ)。攻めなのにチビというマイナスポイント(BL的には)を補って余りある男気、というもくろみなのか。小さいからこそ男気が暑苦しく嫌味に感じられない、という狙いなのか――興味深い。

ともかく、攻めが受けよりチビッコでも、わたしは平気だということはわかった。マッチョ筋肉も毛も大丈夫だったし、こうしてみると、案外ストライクゾーンが広いのかもしれない、わたし。もちろん、作品内容によると思うけど、ほら、「絵柄よりはストーリーや人間関係の深さにハマるのがオトメ」(by vivian先輩)ですもの。

――でも、「攻めは受けより背が高くなきゃ~!」というvivian先輩は、やはり読めないかしら。
関連記事

Tags: 内田かおる 鹿乃しうこ 本仁戻 桜城やや 筋肉

Comment 11

2007.03.26
Mon
20:49

ぽーちゅらか #6Y5jgf3c

URL

身長差

こんにちは、lucinda様。
DOG STYLEの1巻って絶版だったんですね。もったいない。本仁戻さん大好きです。年齢、社会的地位、容姿、全てにおいて基本下克上の私ですが、身長だけは、やはり攻めが高い方が(もしくは同じ)好きです。でもなぜか、このテル君と、雁須磨子さんだけは攻めの方が低くてもOKです。もしかしたら、かわいい攻めだから??かもしれません。

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
00:01

lucinda #-

URL

そうなんです。 DOG STYLE 1巻は絶版なんですよー。ほんと残念です。3巻が出る頃には復刊してほしいと思ってるんですけども。

攻めが受けよりも身長が高い方が、まあ、なんとなく安定感があるというか、安心感があるというか、収まる感じがあるというか、ですよね、たしかに。しかし、そこで攻めがチビでも、ヨシ!と思わせられる作品って、すごいなぁと、コメントを読みながら思いました。うん、たしかにテルはカワイイしカッコイイですよね。雁須磨子さんは知りませんでしたが、チェックしてみますねー!

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
00:13

乱菊 #pMXl.iIs

URL

ここ最近、筋肉談義が多いので、私もその辺りの境界線がちょっと気になっていたところです。
「senseito」に関する反応が面白かったですよね~。
絶対に内容は良いはずなので、あの漫画は筋肉をどれくらい受け入れられるかにかかってますね(笑)
アレくらい平気ですよねえ~。
それだけで読まないなんて勿体無いことですo(`ω´*)oプンスカ!!

しかし個人的には内田さんはちょっとしんどそう・・・。
初めて読んだ彼女の作品が、肉団子が絡み合っているような感じだったもので、非常にびっくりした記憶が。
しうこさんは大好きですよ!
筋肉がきれいですもの~。
やまねあやのさんなんかも美尻を描いてくれるので大好きです☆

身長差というか体格差は・・・まだトライしてないのでわからないですねえ。
今のところは体格良いほうが攻め!と決め付けてますが。
また結果が出たらご報告に上がります。

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
01:53

lucinda #-

URL

筋肉談義、個人的にけっこう尽きません。そんなに筋肉にこだわるタイプだったのか、自分?(笑)

「senseito」の反応、ほんと面白かったです。ええ、もちろんわたしはあのくらい全然平気です。というより、もしも筋肉がほとんど描かれていなかったら、「ラガーマンだし!」というリアリティがなくなって、魅力が半減したんじゃないかと思うんですね。そうはいってもやっぱり、あれはあれでほどよく美しく描かれていると思うんですが…人の好みは難しいですよね。それこそ、ストーリーで受け入れてみてもらえまいか!? と思います(あ、またアツく筋肉を語ってしまった……。すみません。そういえば同人誌、届きました?)

内田さんの作品は、イケるのとそうでないのがあるかも…と今のところ思ってます。「ヘイ!ドクター」は、ちょっとしんどかったです(苦笑)。

体格差マニアック系(?)なトライ結果、ぜひ聞かせてくださいませ~!

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
09:18

乱菊 #pMXl.iIs

URL

いなうど同人誌、すっごいすっごい良かったです~!!
3冊を何度も読み返しました♪
近々、感想アップすると思いますが、興奮の中書いたので、無駄に暑苦しい仕上がりになっております(汗)

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
11:02

lucinda #-

URL

おおっ! そうなんですね!よかったよかった。
暑苦しい感想、すごく楽しみにしてますー!!

有働のティッシュ、うっかり使いそうになって、慌てて引き出しの奥にしまっているわたしです……エヘヘ。

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
13:24

もと #4pDgvQA2

URL

うはは、面白い考察ですね~!
筋肉、散々言ってるけど、一体何がそんなに引っかかるのかわからないくらいに、超スルーでしたね(^^;
「senseito」も言われるまで筋肉と気付かなかったしな~(笑)
「ヘイ ドクター」だけ知ってます。ああ、この人だったんだ? と、またしてもスルーしてたらしい自分に気付いた(^^;
そういや、運送業の人は結構ガタイがいい受けだったなぁ、珍しいな・・・くらいの軽い感想しかなかったって・・・どんだけ筋肉に寛容なんだろう、私(笑)
でも、さすがに「筋肉特集」と銘打ったアンソロジーのは「・・・・・」でしたね(^^;
別に読めたけど、読後感になにかこう、嫌なものが残る感じで。
たぶんあれは「筋肉ありき」だからでしょうね。ストーリーがちゃんとあって、「でも筋肉だけどね」だったら、結構、相当、イケそうですね。

あと、攻めがちっこいのも全然スルーですね。
やはり私はストーリー至上主義だな。
ストーリーが気に入れば、エッチがなくてもエロエロでも筋肉でもチビでもどうでもいいらしいです(笑)

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
18:02

lucinda #-

URL

「筋肉特集」……わたしも、あの表紙絵を見たときは、ちょっと言葉を失いました。
読もうとすればわたしも読めるかなぁ…しかし、ふと思ったのですが、筋肉の有無に加えて、そこに載っている顔が受け入れられるかどうか…もけっこう重要かもしれません。
内田さんの絵、顔とかは嫌いじゃないので…。

そう、ストーリーありきで筋肉追加、なら、読めるような気がします。ストーリー重要ですねぇ、こうしてみると。とういうか、わたしもストーリー至上主義派に加入希望です(笑)

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
22:09

もと #4pDgvQA2

URL

顔! それはかなり重要な要素でしたね! 忘れてた~!
そうか、筋肉特集で、普通に読めたのと、読めなかったのあったんだけど、読めなかったのはブチャイクでした!!
あ~、落とし穴だ。
そういえば、以前不細工モノのときに、「片方が不細工」だったら大丈夫とかって話になりましたね!
両方ってのはダメだ。うん、どんなにストーリーイケててもだめだ。
そこだけは辛うじて乙女だったらしいです(笑)

編集 | 返信 | 
2007.03.27
Tue
23:19

lucinda #-

URL

言われてわたしも思い出しました。実はわたし、まだ不細工モノに手を出していないんですよね。

筋肉モノは、顔が関係する気がするのですが、筋肉は関係なく、はたして両方ブチャイクでも読み進められるのか? 筋肉とブチャ、どっちがわたしの中でプライオリティが高いのか……? もとさんはブチャの方のようですね。

ああ、こうしてまた、知らない自分を発掘していくのね……。

編集 | 返信 | 
2011.08.16
Tue
11:54

lucinda #-

URL

拍手コメントRES

>08/14 17:00 3さま

コメントありがとうございます!「筋骨粒々描写に乙女のような恋心」は、わたしも萌えますw BLなのかガチホモなのか路線の選択で悩んだという先生のコメント、わたしも興味深かったです。あの絵柄だとゲイも読みやすいでしょうしねぇ…今はまた、絵柄か変わっちゃったけど。

タイバニもご覧になっているんですね。面白いですよねぇ。今、ますます目の離せない展開になってきました。妄想が公式に追いつきませんwww

編集 | 返信 | 

Latest Posts